お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

こどもしょくどう

G

食べることは、命。

小学5年生の高野ユウト(藤本哉汰)は、食堂を営む両親と妹と健やかな日々を過ごしていた。一方、ユウトの幼馴染のタカシの家は、育児放棄の母子家庭で、ユウトの両親はそんなタカシを心配し頻繁に夕食を振舞っていた。ある日、ユウトとタカシは河原で父親と車中生活をしている姉妹に出会った。ユウトは彼女たちに哀れみの気持ちを抱き、タカシは仲間意識と少しの優越感を抱いた。あまりに“かわいそう”な姉妹の姿を見かねたユウトは、怪訝な顔をする両親に2人にも食事を出してほしいとお願いをする。久しぶりの温かいご飯に妹のヒカルは素直に喜ぶが、姉のミチル(鈴木梨央)はどことなく他人を拒絶しているように見えた。数日後、姉妹の父親が2人を置いて失踪し、ミチルたちは行き場をなくしてしまう。これまで面倒なことを避けて事なかれ主義だったユウトは、姉妹たちと意外な行動に出始める――。

詳細情報

関連情報
原作:足立紳 撮影:鈴木達夫 照明:三上日出志 美術:丸山裕司 録音:橋本泰夫 編集:川島章正 音楽:Castle in the Air(谷川公子+渡辺香津美)
音声言語
日本語
制作年
2018
制作国
日本
対応端末
公開開始日
2020-04-27 00:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

レンタル(3日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
440
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
550
ご注文手続きへ

購入(期限なし)

アプリでDL可
標準画質(SD)
2,200
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
2,750
ご注文手続きへ

キャンセル

ドラマ邦画ランキング

こどもしょくどうの評価・レビュー

3.5
観た人
598
観たい人
995
  • −−

    Reonさん2021/04/20 15:48

    子供の親に対する言い分…
    面倒をみろっていうけど…
    弁当作るぐらい誰でも出来るんだよ、
    …結局、大人は何もしないじゃないか!
    う〜ん、刺さってしまったなぁ😖

    お姉ちゃんの演技に涙、涙だった…
    特に表情だけの演技が切なくて…

    虹の雲🌈
    見ることができたら
    思い出してしまうかな…

  • 2.5

    青と黒さん2021/04/19 20:43

    こどもしょくどうと言うタイトル通り。それだけ。
    ネグレクトや貧困などについての解決策が示されているわけでは無い。虐待する親については触れていないし。ユウトの親は親切だけど学校や行政や警察とかほかにやることがあると思ってしまう。
    虹の雲とかファンタジー寄りにするよりも個人的にはもっとリアルにした方がいいと思った。
    そしていつも不思議なんだけど施設に入るのは不幸なのか?描き方がそのように感じるけど‥
    タカシはこの後どうなるのか?虐められる側が虐める側になっただけではないのか?

  • 2.9

    nishiyamanさん2021/04/18 22:33

    つまらなくはないんだけど、こどもたちそれぞれの背景とか描いてほしかった。そのせいか感情移入しづらい。

  • 3.0

    もりぴよんさん2021/04/18 20:51

    ①子供の貧困問題、どうする?ってメッセージはよく伝わってきた。難しい問題だけど、あんな親の元に産まれてしまった以上受け入れるしかないと思う。
    ②おせっかいといいつつ動かない父。いそう。こんな親父になりたくはないけど、その前に子供見て見ぬふりしそう。
    ③産まれた環境が変な子に関わると周りの子もその影響受けるよってメッセージにも見えて、わざわざ学校サボってホテル行くところとかが嫌い。そんな邪推する自分も嫌い。笑

  • 3.3

    まのさん2021/04/18 16:50

    食堂を営む両親の元で食べる事と愛情はたっぷり与えられたユウトは、ぶっきらぼうだけど、子育てする気がない母親を持つ子供や、両親に捨てられた子供を見て放っておけない優しい男の子。

    みんな同じ子供なのに環境の違いで差別を受けたり、虐められたりしてしまう現実がとても悲しい。子供を捨てる弱い両親には怒りを覚える。河原にずっと停めている車を何故警察はもっと早く気づかなかったんだろうと、そういう事にも怒りが込み上げてくる。
    色んな辛い目に遭っても、一番我慢しているのは当の子供達で、彼らが一番大人なんじゃないかと思える子役達の目の演技は素晴らしかったです。

    一部始終を見てきたユウトはきっと人の痛みがわかる大人になるでしょう。 
    ラストでユウトの両親が営む店で子供達に食事を提供してくれるシーンが唯一の救いでした。

  • 3.5

    ぐっちさん2021/04/18 12:39

    この国のトップは、自助、共助、公助という。どうやら公助は最後の最後らしい。
    まずは自助というが、自助能力が剥ぎ取られている人々は自助はもちろん、共助、公助へと繋がる知恵と術を失っている。
    支え合いができない世の中になっていくことは、只今支えが必要ではない人にとっても実はリスクである。セーフティネットの有り難みはネットに掛かった時にしか実感できない。

    コロナ渦でいよいよ手の尽くしようのない寸前まできているのではなかろうか。
    河下のように子どもが不幸の掃き溜めになるような社会に未来はない。せめて腹ぐらいは満腹になってほしい。
    何もできていない大人の一人として、せめて、知らんぷりできない現実がそこまできていることを自覚したい。

  • 2.9

    NONAMEさん2021/04/18 00:08

    子ども目線だったらどうにかしてよ助けてよって自分みたいに扱ってよって思うのも仕方ないと思うけど無理よなあ…
    自分の子ども養うのでも精一杯なのに、たかしにも食べさせて...ご飯食べさせてお風呂入れてって相当すごいことだと思う。
    お金使ったことに叱る描写もないし、子どもは無料の食堂始めてるのもすごい理解があるなと思う。こんなに理解があって行動力があってもいざ支援が必要な子どもを前にすると児童相談所に電話するの躊躇ってしまうんだよなあ 知識大切だし、子供が無力なこともっと理解するべきだし、大人は知ってしまったらきちんと行動しなければならないし知ろうとしなければならないことわすれないようにしていきたいね

    レジのお金ごっそりいったときは焦った。5年生なのに家のお金使う判断できなくなってるの、そこまで入れ込む要素あるんかねって思う 困ってるから助けたいの一心か、無理なことを諦めることを知らない子どもが出てた
    姉妹のお姉ちゃんの方ストレス生胃腸炎とかじゃなくてよかった。あの歳だとそりゃ始まるよね、初めてだと焦るだろうしお風呂も入れないし、服の替えもないし何もかも安心できないよね…
    あの中学生がいつ車荒らしにきたり溜まり場にするかと思うとこちらも気が気でなかったから眠れてる描写は嬉しかった。

    今回は映画だからすごくことが綺麗に進んだけど身なりが ん?って時点、あのコンビニの時点でちゃんと見逃さないのも大切だったとは思う。お姉ちゃんは自尊心ぼろぼろになるやろな…悲しい

    子供にとったら悲しい結末しかないんよ
    それが悲しい
    妹は小学校ってことは最低でも小1かな
    桜が咲いてなくてあの格好だから進級したてだったとして(一年生の話題もないから)まあ小一として見ても幼すぎん?物分かり悪すぎんって思ってしまったごめん。。
    お姉ちゃんの目線で見てしまったよ妹を…もっと物分かりよかったら楽だったろうなあ、、自由であるべきだけれども…

    たかし...お礼言いや...

  • 3.6

    Miiさん2021/04/17 19:10

    そうだなぁ。
    そうなの。
    大人なのに。
    大したことできんのよね…結局。

    子どもが背負わされた重みを。
    ゼロにはしてあげられない。
    お父さん、お母さんに
    愛されたい、一緒に暮らしたい、って。
    シンプルな願いも。
    叶わないことがあって。

    叶わない環境に。
    慣れることはできても。
    満たされることはないんだろう、
    って思うと。
    なんとも…ね。

    素敵だと思う。
    せめて。
    温かい食事だけでも。
    与えてあげられる場所があったら。
    食べることは大切だから。

    他人事みたいになっちゃいそうで。
    簡単には色々言えないけど。

  • 4.2

    まちさん2021/04/16 16:32

    ユウト良い奴だな。
    ネグレクトとホームレス小学生といじめと・・・
    大人からは見えないところにいろんな問題はあるし、思い返すと「そういえばあの子も・・・?」なのが少なからずいたな。。
    たまには考えさせられる映画を。

  • 4.0

    poetさん2021/04/16 12:04

    お母さんとお父さんは
    弁当作ってるだけと言ったけど、
    それだってなかなかできる事じゃない。

    そんな両親に育てられたからこそ
    ユウトは一歩踏み込んだ行動に
    出られたんじゃないかと思う。

    最後の、やめろ!タカシ!もそうだし
    子どもが食事しやすいように
    ユウト、タカシ、ミサちゃんが
    カウンターで食べてるのも
    良かった。泣けた。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す