お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
  • 再生する

Fukushima 50

G

日本人誰もが経験し、全世界が震撼した3.11 その最前線で戦い続けた50人の物語

あの日、原発内に残り戦い続けた50人の作業員たちを、世界は“Fukushima 50(フクシマフィフティ)”と呼んだ。2011年3月11日午後2時46分。マグニチュード9.0、最大深度7「という日本の観測史上最大の東日本大震災が発生した。太平洋から到達した想定外の大津波は福島第一原発(イチエフ)を襲う。内部に残り戦い続けたのは地元出身の作業員たち。外部と遮断されたイチエフ内では制御不能となった原発の暴走を止めるため、いまだ人類が経験したことのない世界初となる作戦が準備されていた。それは人の手でやるしかない命がけの作業。同じころ、官邸内では東日本壊滅のシミュレーションが行われていた。彼らは言った。 「これが自分たちの仕事だ」-米CBS NEWS 「原発内で、顔も名前もわからない50人の作業員Fukushima50が戦っている。彼らが最後の砦だ」-米The New York Times福島第一原発を放棄した場合、被害範囲は東京を含む半径250km。避難対象人口は約5,000万人。それは東日本壊滅を意味していた―

詳細情報

関連情報
原作:「死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発」門田隆将(角川文庫刊) 音楽:岩代太郎
音声言語
日本語
制作年
2020
制作国
日本
対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
公開開始日
2020-10-16 10:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
440
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
550
ご注文手続きへ

キャンセル

ドラマ邦画ランキング

Fukushima 50の評価・レビュー

4
観た人
6917
観たい人
11179
  • 3.9

    サナさん2020/10/24 22:06

    いつの時代も、日本という国を 命をかけて守ろうとしてくれる人がいる
     この事忘れない為にも 必要だった映画

  • 3.9

    akb26666さん2020/10/24 21:42

    福島を語り継げる映画。真実はもっと酷かったのではないかとも思う。民主党政権下で起きた不幸、東電の風土による不幸、吉田所長が亡くなられたことも未来に向けての不幸かもしれない。

  • −−

    初心者さん2020/10/23 23:58

    地震のシーンは恐ろしかった。
    自分も被災者で家族にも会えてないのに命懸けで戦ってる人がいたこと。恥ずかしながら原発問題について知ろうとしてなかった。。


    菅総理ってあんな人だったんだ。誇張してるのかな?
    あの状況で現場視察は正直勘弁だよなぁ。。

    ほかの3.11を題材にした作品を見てみようと思った!

  • −−

    yuriさん2020/10/23 21:52

    何も知らなかった

    メディアの偏った情報だけで
    本当に知らなきゃいけない事は何も知らなくて

    今日をまた無事に生きていられた事が奇跡で

    忘れてはいけないこと、
    知らなくてはいけないことが
    描かれてた

    映画という手段があって本当によかった

    みんな忘れない

    絶対に忘れられない作品

  • 3.8

    Misaさん2020/10/23 21:19

    原発でどんなことが起こっていたのかもそうだけど、危機管理とは、責任とは、現場とは、について考えさせられた。

  • 3.8

    うめはらさんさん2020/10/21 18:42

    命がけで仕事をするとはまさにこーゆうことだなってなる
    実際に起こったことだから面白いとか面白くないで評価出来ない
    ただ、撮り方はすごく良かったと思う
    いきなり爆発するのビックリするからやめて欲しいけど

  • 3.1

    Tommyさん2020/10/21 02:07

    重い内容だろうなぁと思ってたけど、重かった

    東日本大震災の災害を受けた福島第一原発で懸命に働いた人たちの話。

    映画だから脚色も演出もあるんだろうけど、素直に感謝を感じるし、本当にすれすれのところだったんだろうなぁ

    当時のことはまだ鮮明に覚えているけど、こんなことになってたとは知らなかった

    役者もそうそうたる顔ぶれで、見応えは十分あった

  • 4.0

    ダメハムさん2020/10/20 21:53

    2020年の若松節朗監督作品。

    命懸けで日本を守ってくれた当時の作業員たちには本当に感謝しかない。

    東電トップ2人の不在の本店と官邸の余計な口出しや、何の役にも立たない総理が突然訪問したりして現場が混乱する様子に憤りを感じる。次々に起こる水素爆発の映像は、当時、ニュースを固唾を飲んで見守っていたときのことを思い出してしまった。

    心身ともに疲弊していく吉田所長の姿が見ていられない。現場と本店の会話で飛び交う怒号もそうだが、いきなりズボンを脱ぐシーンが実際にあったエピソードと知って驚く。ラストの東京2020五輪の字幕は今見るとむなしいね。

    それにしても途中に出てきた、アメリカ、中国、フランスのニュースシーンの安っぽい演出は何とかならなかったのか。あと、朝日新聞の『命令違反して逃げた』というデマについても描いてほしかったな。あれは本当に許されない。

    今回の原発事故や第2次世界大戦の核爆弾といい、なぜ日本だけ人類未曾有の事態がこうも起こってしまうのか。それでも原子力に頼らないと生きていけない日本の現実がとても重くのしかかってくる。

  • 3.0

    ogoさん2020/10/20 01:52

    あまり期待しないで観たけれど、期待を上回ることも無く下回ることも無く。邦画らしい出来栄えと言えば、そうかも。

    役者陣の熱演とフクシマの映像描写は鬼気迫る素晴らしいものがあったけれど、ドキュメンタリーとしてもフィクションとしても、何を伝えたかったのか中途半端な印象。後半では、少し怒りを感じたほど。

    どこまで現実に忠実に描いているかはわからないけれど、政府・本店・現場のちぐはぐなやりとりに、恐るべき危機管理能力の低さ。相次ぐ水素爆発に、最後には「何故、格納容器が爆発に至らなかったのかは謎。奇跡としか言いようがない」という幕切れ。

    なんという…日本が終わらなかったのは、奇跡だったと。講じられる手段を最大限打ち尽くして、圧力を下げ炉心を冷却し、放射能汚染の被害は出しつつも、人為的に何とか止めたのだと思っていた。現実は、もう打つ手がなく、惨劇と死をただ待っている状態だったとは。

    『Fukushima50』というタイトルも、時折挟まる海外ニュース中継のこれ見よがしな演出も、米国大使と大統領とのやりとりも、海外から見た日本という視点を意図的に入れてくるのだけれど、逆に恥ずかしい気持ちになる。こんな姿、見ないでくれ。日本人は結局、最後は捨て身のカミカゼ特攻かよと。

    実際に現場で命を懸けて戦った人達の姿は、リアルタイムでも、ドキュメントなどでも、見聞きしたことはあるし(使われていなかった古いパイプラインを自転車のタイヤチューブで止水して繋げ注水した話など…何故か映画内には描写が無かった謎)その点には感謝と畏敬の念しかないのだけれど、この映画を通して総じて感じられたのは、大丈夫かこの国は…という危機感だった。

    事態を掌握できず右往左往し、米国からの支援要請も受け入れず、最後はただ成り行きを見守るしかない状態。結果的に、放射能汚染による帰宅困難地域を作り「奇跡」による謎の圧力低下が無ければ、チェルノブイリの10倍、東日本壊滅の大惨事になっていた。きっかけは天災でも、もはや人災なのではと思えてしまう。

    原子力が過ぎた力である以上「命懸けで頑張った」「逃げずに最後まで踏ん張った」という焦点のみで美談に終わらせてはいけないし、いかに不測の事態への対応策を講じておくかこそ、後世に語り継ぐべき内容なんじゃないだろうか。

    天災は再び来る。必ず。何年後が何十年後か。

    未来の命を守るために伝えるべきは「逃げない」「命を懸ける」そんなことじゃない。過去の悲劇を決して再発させない、理性的で現実的な対応策と解決策だ。天災を人災に変えない歴史の知恵だ。

    でなければ、自分たちの子供を、命を懸けた特攻に再び送り出すことになる。

    いつかまた、同じような事態になった時、この国はまた奇跡に身を委ねることになるのだろうか。そして、そこにまた「神風」は吹いてくれるのだろうか。

    ---

    奇しくもコロナ禍で、再び世界の終わりを垣間見た昨今。今回はどうだろう。今見る限り、日本の無策は、残念なことに何も変わっていない。

  • 4.3

    krc20さん2020/10/19 10:45

    福島第一原発事故における「ベント」「水素爆発」「メルトダウン」
    当時よく耳にしてはいましたが、知ろうとしていませんでした。
    壮絶な現場で戦っていた作業員の方々には頭が下がる思いです。

    次々と起こる惨劇には胸が痛くなりますが、観てよかったと思える作品でした。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    戻る