お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

Fukushima 50

G

日本人誰もが経験し、全世界が震撼した3.11 その最前線で戦い続けた50人の物語

あの日、原発内に残り戦い続けた50人の作業員たちを、世界は“Fukushima 50(フクシマフィフティ)”と呼んだ。2011年3月11日午後2時46分。マグニチュード9.0、最大深度7「という日本の観測史上最大の東日本大震災が発生した。太平洋から到達した想定外の大津波は福島第一原発(イチエフ)を襲う。内部に残り戦い続けたのは地元出身の作業員たち。外部と遮断されたイチエフ内では制御不能となった原発の暴走を止めるため、いまだ人類が経験したことのない世界初となる作戦が準備されていた。それは人の手でやるしかない命がけの作業。同じころ、官邸内では東日本壊滅のシミュレーションが行われていた。彼らは言った。 「これが自分たちの仕事だ」-米CBS NEWS 「原発内で、顔も名前もわからない50人の作業員Fukushima50が戦っている。彼らが最後の砦だ」-米The New York Times福島第一原発を放棄した場合、被害範囲は東京を含む半径250km。避難対象人口は約5,000万人。それは東日本壊滅を意味していた―

詳細情報

関連情報
原作:「死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発」門田隆将(角川文庫刊) 音楽:岩代太郎
音声言語
日本語
制作年
2020
制作国
日本
対応端末
公開開始日
2020-10-16 10:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

キャンセル

ドラマ邦画ランキング

Fukushima 50の評価・レビュー

3.8
観た人
20850
観たい人
12677
  • −−

    tonahikoさん2022/01/24 02:47

    何が起きたかを改めて振り返ると、何とも評価し辛い。震災10年以上が経過して改めて福島を思うきっかけになった。

    自分と同じ日本人の人達が、自らの持ち場立場で、必死で家族や周りの人達のためを思って行動した。

    プロパガンダだ、事実の歪曲だという批判はあるが、その事実だけを受け止めたい。

    渡辺謙と佐藤浩一という二代巨塔を他の作品なら主役を張れる一線級の名優達が脇を固める。

    目頭が熱くなるシーンが控えめに言って5回はあった。

  • −−

    38さん2022/01/23 23:55

    期待以上でも以下でもなかった。悪い意味ではなくて、予想通りって感じ。
    そのなかでも渡辺謙さんすごかった、、、

  • 3.8

    ちゃるさん2022/01/23 03:34

    感じるものが多すぎた。
    当時中3でただただ地震に怯えてたけど、福島原発で闘ってた人たちにも家族がいて、仲間がいて…だけど日本のために命懸けで闘ってくれていた。

    後世に語り継がれるべき映画

  • 3.0

    sayaohさん2022/01/22 22:58

    うっとくるような重たい場面は意外となくて、詰め込みすぎずわかりやすくてキャッチーな、みんなが見やすい映画になっているのが素晴らしいなと思った。
    命懸けで日本を守ろうとしていた現場の方々に本当に尊敬と感謝しかない。

  • 3.5

    桂日之石さん2022/01/21 23:24

    政府と現場のやりとりなどはどこまでが事実なのかわからないが、シンゴジラがパラレルワールドとしてやっていたようなことを現実的に描いている 当時テレビをみながらもっとはやく、うまくなんとかならないものかとおもっていたが、やっぱり現場は想像以上に過酷だったのだろう こういう状況があったと残していくことは大切なこと ただ、どこまでが事実なのかがわからない

  • 3.8

    MOVIEさん2022/01/21 15:39

    01200
    □物 語 ★★★★★ ★★
    □配 役 ★★★★★ ★★★
    □演 出 ★★★★★ ★★★
    ・テ ン ポ ☆☆☆☆☆ ☆☆
    ・喜怒哀楽 ☆☆☆☆☆ ☆☆☆
    ・ドキドキ ☆☆☆☆☆ ☆☆☆
    ・雰 囲 気 ☆☆☆☆☆ ☆☆☆☆
    ・エンディング ☆☆☆☆☆ ☆☆
    □映 像 ★★★★★ ★★★
    □音 楽 ★★★★★ ★★

  • 4.5

    わんだーうぉーるさん2022/01/21 00:53

    ただただ凄かった。役者の方々の演技力と、あの日の恐ろしさをこうまで表現するか、という映像が。一点気になったのは、100%悪者とされてる政府の描き方。実際どうだったかは分からないが、悪意のようなものを感じてしまった。(『吉田調書』に関心があり)

  • 4.5

    ludereさん2022/01/20 18:40

    いわゆる3.11、福島第1原発で起きていたことを映画化したもの。実際の人をモチーフにした映画。
    史実自体とはおそらく違うのだろうしとは思うけど、一つのドラマとして見ることのできる映画だと思う。
    原作もあるようなので、映画での描き方、原作での描き方を比較してみようと思う。

  • 3.4

    まろさん2022/01/17 21:00

    東日本大震災発生後に福島第一原発に残り作業をした「FUKUSHIMA 50」と呼ばれた人々の姿。
     当時の現場の緊迫感と、人々が命を捨てる覚悟で動いていたことが伝わった。自然は私たちの生活を支えるけれど、脅威でもあるんだと思わなければいけないんだと感じた。

    最後のテロップに、オリンピック開幕まで一週間を切った今見たからこそ考えさせられた。今回の五輪は、たしかに最初「復興五輪」と言われていたんだなと

    津波の映像とかが出てきて、辛い気持ちになる場面もあった。ただ、たくさんの人に見てもらいたい、あの時あの現場にいた人がどうしたのかを知ってほしいと思った。

  • 3.8

    トミーさん2022/01/16 00:39

    3.11 その日福島原発で起きた現場の実話

    危険を承知で作業頂いた方々に感謝します。

    あの大地震で起きた事故。現場の知らない人からの指示や視察などイライラする場面も多いが、実際ああいう現場知らない人が色々と言ってくるんだろうなと。

    現場はやれるだけのことはしてくれた。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    リンクがクリップボードにコピーされました
    戻る