お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

幼い依頼人

G
  • 字幕

この子は、今までで一番、幼い依頼人でした。

ロースクールを卒業して出世の道を突き進むはずだったジョンヨプ(イ・ドンフィ)は何度も就職に失敗し、姉の勧めで臨時に児童福祉館 に就職する。ある日、継母から虐待を受けている“ダビン”姉弟に出会うが、さほど深刻に考えていなかった彼は、また来るという言葉 だけを残して去る。数日後、法律事務所に就職したジョンヨプは電話を受けダビンの鼓膜が破れたことを知る。ジョンヨプは継母から ダビンを引き離そうとするが、かえって誘拐犯扱いをされ、その後弟ミンジュンの死に加え殺人の被疑者とされたダビンを見て衝撃を 受ける。何もかも間違った方向に進んでしまったと感じたジョンヨプは、真実を明かすため、ついにダビンの弁護士になることを決心する。

詳細情報

音声言語
韓国語
字幕言語
日本語
制作年
2019
制作国
韓国
対応端末
公開開始日
2020-06-01 00:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
440
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
550
ご注文手続きへ

購入

アプリでDL可
標準画質(SD)
2,200
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
2,750
ご注文手続きへ

キャンセル

韓国映画洋画ランキング

幼い依頼人の評価・レビュー

3.9
観た人
1950
観たい人
4982
  • 4.3

    ぎんさん2021/06/13 19:32

    人間じゃないこいつら。

    感情揺さぶれ過ぎてきつかった。
    最後の裁判のシーンで鳥肌と涙腺が緩んだ。

    弟の最後のセリフが辛過ぎ、妹も見てられなかった。
    ゴリラ君渡して本当に良かった。
    キーパーのイケメン坊や君が居てくれて良かった。
    アジョシが本当にカッコよくて堪らなかった(演技も上手すぎ。)。

    実話とかふざけんな。

  • 3.5

    QAZさん2021/06/13 09:18

    「それでもお前は人間か?」

    法で闘い、法とも闘う、もう一つの『アジョシ』。冒頭の面接で主人公が問われたことを、映画と少女に突きつけられる。恐怖と憎悪を抱かす継母(ユソンさんに感服)の最後の一言まで辛い。

  • 3.6

    めありリリーさん2021/06/12 23:13

    義母からの虐待、実父のネグレクト まわりの大人が助けてあげられなかったの? 助けてあげられなかった命が悲しくなる映画。

  • 3.1

    bluemercenaryさん2021/06/12 15:54

    弁護士になったものの就職が思うようにいかず、福祉関係の臨時職員になったジョンヨブ。
    彼は少女ダビンと弟ミンジュンと知り合うが、姉弟は継母から虐待されていた。

    やがてソウルの法律事務所に就職したジョンヨブは、ダビンがミンジュンを殺害した報道に驚愕する。
    「そんな筈がない」 ―― ダビンの無実を証明すべくジョンヨブは彼女の弁護人を引き受けた。



    実在した事件の映像化。
    出世を投げ出してダビンの弁護人をするジョンヨブも、姉が母親代わりになった成長した過去を持つ。
    自分がもっと早く気が付いていれば、こんな悲劇は起こらなかった筈だと自責の念も強かった。
    逆転判決の証拠となった案件の部分も実話だとすれば・・・・まぁ、色々凄いっすわ。
    主役イ・ドンフィが地味だけれど、これが良い意味でハマってた。

  • 3.8

    muy33さん2021/06/09 17:53

    姉弟がとても可愛くて可愛くて…
    だからこそ、あの姉弟の境遇がとても苦しく悲しい。
    虐待を見て見ぬふりをする大人達、むしろ少し疎ましく思ってる辺りが社会問題になる原因のひとつなのかも。
    あの狂気じみた母親が恐ろしくて仕方なかった。
    演技上手すぎて、涙が止まらなすぎて、顔パンパン。

  • 4.0

    Sinamonさん2021/06/06 16:54

    2013年に韓国で実際に起きた漆谷継母児童虐待死亡事件を基に弁護士が真実を明らかにするため奔走する姿を描いた実録サスペンス映画です。

    腹が立つと共に胸が痛む映画で観てからずっと頭から離れず今日も考えてしまいました😭

    序盤、母を知らない仲良し姉弟は助け合いながら生きていました。
    とにかく二人とも可愛くって健気です。

    姉のダビンは学校でキラキラした笑顔でセンターでダンスを踊って披露しクラスの皆からも慕われていました。
    弟ミンジュンはそんな姉が大好きで学校から一緒に帰りニコニコ😄した笑顔で紙飛行機を飛ばして遊んでいました。

    継母が来た瞬間にその笑顔は2人から消えました。

    継母は初めは優しく接しているかのように見えましたが、姉弟の躾がなっていないとイライラして虐待が始まります。

    凄まじい顔で虐待する義母の姿に言葉を失い、人間のする事かと思いました😤

    元気で明るかったダビンが、どんどん塞ぎこんで暗くなっていく姿を見て胸がズキズキ😖💥と痛みました。

    実の母を知らない姉弟は
    「母親とはどんな感じですか?」

    「愛し合わない親から生まれた子は普通に行きちゃだめなの?」

    のセリフが胸に刺さリました😭

    唯一、ジョンヨプをおじさんと慕い姉弟は助けを求めますが、ジョンヨプは二人の前から去ってしまいます。

    「今日も始まったか」と、同じマンションにいても知らぬ振りする住民や担任の先生に相談があると言っても「今日は急ぐから又今度聞くわね」等

    ダビンが発した助けてという数々の信号を大人は見て見ぬ振りをし「大人は信用できない」と言わせてしまうほど悲しい事はなかったです😭

    父親もかなりのクズで「出来ちゃったんだから仕方ない」「子供がいれば金が手に入る」のセリフに怒りを覚えました💢

    「7歳の弟を殺した」
    と名乗り出たのはわずか10歳のダビン。
    義母の恐怖に支配され、事実を告白できずに犯人を申し出るダビンの姿に泣けて泣けて仕方なかったです。

    ジョンヨプが、真実を明かすために立ちあがりダビンの弁護をする法廷シーンでは目を塞ぎたくなるシーンの連続で大号泣しました💦😭💦
    .
    エンドロールに韓国の児童虐待傷害事件数は2001年の4133件から2017年には3万4169件に増加、加害者の5人に4人は父母であると書いてあり、加害者は執行猶予や罰金刑で終わる事にハラワタが煮えくり返りました。
    この映画を観て世の中から児童虐待がなくなる事を願わずにはいられませんでした。

  • 3.8

    井倉さん2021/06/06 15:02

    クソババアとクソジジイは一生塀の中にいろ。

    虐待を知りながらも、見て見ぬ振りをしてしまった周囲の人たちや、子どもが虐待を訴えてもすぐに踏み込んだ対応が出来ず親元へ送り返すしかない現状ゆえに、ここでどうにか出来ていればあの子は死ななくて済んだのにという箇所が多すぎてやるせない気持ちになった。

    子どもが殴られるのは本当に辛かったし、その怖さを思うと涙が出た。

  • 4.0

    panpanman18さん2021/06/06 02:53

    実話映画
    胸糞映画
    どんでん返し映画
    号泣映画
    2013年韓国で実際に起こった
    漆谷継母児童虐待死亡事件
    7歳の弟を殺したと告白した10歳の少女に心を動かされた弁護士が、真実を明らかにするため奔走する姿を描いた実録サスペスドラマ。

    子供を虐待するシーンは見ていてキツかった😭
    子供がいるだけで金が入る?
    これ意味わからない。
    再婚相手の母親は最初は子育てして頑張っているが、子育ては思い通りにはいかない。
    食べ物なんて毎日こぼすし、すぐ寝ないし、言うこと聞かないのは当たり前。暴力では何も解決しない。
    周りの大人は見て見ぬふり。
    前半は児童福祉館で臨時で働いていたおじさんが色々面倒見てくれてるが、ソウルの法律事務所に就職するし、後半からはもう見ていられない程虐待が酷くなる。
    継母は怪物、父親は知らないふりして2人とも人間ではない。
    韓国も日本も子供の虐待が減らない。警察も相談所も周りの大人も全く助けてくれないから行くところもなく我慢するしかない。
    後半はずっと泣いていた😭
    内容重く胸が痛い。
    トガニ幼き瞳の告発
    ちょっと似てる映画
    私はこっちの方が胸糞です。
    ラストはどんでん返しという設定にちょっとスカッとしたが号泣。

  • 3.8

    anzuさん2021/06/05 13:13

    実父と継母が姉弟が凄惨な虐待を受ける。
    ある日、弟は継母の暴行により死亡。継母は、姉に「自分が弟を殺した」と供述しろと強要され、姉が逮捕される。

    実際に韓国で起きた、2013年の漆谷継母虐待死亡事件ごベースとなり、制作された映画。

    本当に胸糞悪い。継母の演技、そして子役の姉の演技が真に迫っている。無力な子供の絶望感が伝わってきて、凹んだ。

    継母演じるユソンさんは、「世の中に訴える為に本気で演じた」そうな。
    継母に対して心から憎しみと強い嫌悪感を抱いた。
    虐待がエスカレートするにつれ、姉の徐々に表情が無くなっていくセリフの少ない演技。

    圧巻です。

    特にダビン演じるチェ・ミョンビンは、初めての映画出演らしい。
    信じられない。素晴らしい演技力。

    この映画のベースになった事件は、調べたらもっと胸糞でした。
    そして、あまりに刑が軽い。

    殺人に至るまではなくとも、世界で何処かしらで虐待は行われてる。家という密室で、子供に安心する場所がなく、助けは来なくて、そんな状況居た堪れない。
    そして繰り返される暴力の連鎖。

    家は子供達にとって、安心できる安らぎの場所のはず。見守る大人の役割は、子供を守ることのはず。
    当たり前だけど、それができない大人が存在する。
    事実は事実として受け止めて何が出来るか、それが問題。難しいけど、全てを解決する魔法はないけど、改善する歩みをやめなてはいけない。

    大人としての義務だ。

  • 3.3

    純さん2021/06/01 02:25

    いやいやいや、ザルすぎるでしょ
    あれだけ証拠揃ってんのに、あそこまで引っ張ります?
    ダビンの傷跡はスルーだわ近所の目撃者は出てこないわ…あと前科はどうなったw
    普通だったらマスコミが騒ぐ格好のネタですよこれ
    これじゃあんまりにも警察無能すぎませんか

    って脚本にツッコミ入れまくってたんですが、本作、実話ベースなんですね…実話は弟ではなく妹だったそうで
    韓国は親による児童虐待が社会問題になってるほど多いそうです
    (日本も日本だと思うけど)
    今回のこの映画は継母役のユソンさんが上手すぎた
    鬼気迫っていてほんとうにほんとうに胸糞でした…

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す