お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

電気海月のインシデント

G

福岡の暗部で繰り広げられるハッカー×探偵×アウトローの頭脳戦。

2018年、福岡。他人のスマホを覗ける“ピンクのタブレット”が流通していた。調査を依頼されたのは、裏稼業専門探偵のライチとプログラマーの冬吾。二人は僅かな手がかりから真相に近づいていくが、ある日”シロオニ”と名乗るハッカーから身元を特定され、急襲を受けてしまう。やがてタブレットは日本中を震撼させる事件を引き起こし・・・福岡の暗部で繰り広げられるハッカー×探偵×アウトローの頭脳戦。

詳細情報

関連情報
プロデューサー:近藤悟
音声言語
日本語
制作年
2018
制作国
日本
対応端末
公開開始日
2020-06-10 00:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

キャンセル

ドラマ邦画ランキング

電気海月のインシデントの評価・レビュー

3.5
観た人
204
観たい人
222
  • 3.2

    それいけアンポンタンさん2022/01/27 01:08

    😎 2022年 52 作品目 ‼️

    他人のスマホ📱を覗ける
    ピンクのタブレットの話⁉️

    脚本は面白かった👍

    出演者は、
    誰一人知らない人ばかり😅

    でも、面白かったけどね👌

  • 3.3

    志麻凛さん2021/12/21 23:45

    他人のスマホを覗けるピンク色のタブレットを巡った作品

    このB級設定めっちゃ好きです。ただの真相系の作品ではなく、その中にスマホを使っている時の怖さを添加している。その丁寧さが凄い良かった

    例えば
    普段何気なく使っているアプリが、実はハッキングを経由するためのアプリだった。というもの。知らずのうちに、危険なアプリをダウンロードしてしまい、スマホに隠された自我が世間に顕になってしまう。もしかしたら、自身が使っているアプリの中に毒のように執着している物があるかもしれない。アプリとしてホーム画面に表示されない物もあるので気をつけないとですね

    で内容に戻します

    若くしてハッカーの冬吾が事件の裏幕を出会った仲間と共に追っていく。相手も一筋縄で行かない存在なので、試行錯誤をながらパーツを集めて1枚のパズル(事件解決)を完成させる。果たして、真髄へ迫ることが出来るのか??

    低予算の作品ながら、よく頑張っていました。見た感じ、半分を作中に出てくる機材に使っていていますが、そこの拘りがあったからこその作品です。そして予算をかけないように、時折スマホで撮影した映像を入れたり、淡々とした他愛のない会話を用いて尺を伸ばしたりする。それが功を奏して、良い味を出していました。特にスマホの目線があったので、リアルさが簡単に増します。イントゥザストーム以来に、カメラワークの独特さが光っていました

    序盤は面白かったですが、終盤になると、崩れてしまったかな?変な絡みを無くして必要な要素を入れて欲しかったです

    途中途中で、おじさんが語るものがあって、それは良いアクセントをもたらしていました。1つ1つの話に注目して聞いたら、事件に繋がる何かがあるかもしれません

  • 3.6

    tdswordsworksさん2021/11/02 02:05

    セオリーに則ろうとしているのかするつもりがないのかさっぱりわからないが、掴みきれない台詞の応酬が徐々に心地よくなっていき、掴みきれないものを掴めないまま面白いと感じる境地に達した。経験したことのないワクワク感。いや、高校生の頃にあったかもしれない。

  • 3.0

    いえてぼりさん2021/10/14 19:22

    良くも悪くも大胆なスケール。派手に戦いを描くよりこういう地味で静かな攻防って難しいと思うんだけど、けっこうおもしろい。ローテンションな主人公コンビがストーリーに合ってて、飽きがこなかった。
    欲を言えば、もうちょっと専門用語が飛び交うような頭脳戦を観たかったなあ。

  • −−

    ベラボーさん2021/09/29 00:28

    他人のスマホを覗ける“ピンクタブレット”を巡り黒社会と探偵と凄腕ハッカーたちが福岡起点の世界規模の暗闘を繰り広げるサスペンス活劇。
    19年萱野孝幸監督。
    おもしろい👏粗あれどジャンル映画の描き彫り込みどころの独特さ魅力的。
    福岡感の薄さも役者のナマさもイイ

    21.9.28鑑賞

  • −−

    ティムタムさん2021/08/31 17:05

    脚本が面白かった。
    後半から登場人物が増えて、ちょっと把握できないと思ったけど、男の人がビデオで撮って語るっていう設定は良かったと思う。

  • −−

    maskohidさん2021/08/26 23:49

    存じ上げない役者陣であったがどの方も達者であった。
    特にメインの男女の普段の会話なんかはリラックスしていて勉強になりました。
    脚本も面白く、飽きがこない、ハッキングという世界での戦争なのでダイナミックさなんかはないが、緻密な部分での激しさにハラハラドキドキみたいな。
    登場人物の素性が特に明らかにされていないのもハッカーの世界というか裏の世界の出来事なんだな、という余韻に浸れて良かった。

  • 3.5

    USUMAYUさん2021/08/23 06:55

    中盤からは中々面白い。漫画っぽい雰囲気。蜘蛛の巣を払う女の様に、ハッキング!万能なんだぜ⁈ヒ〜ハァ〜⭐︎みたいな感じはなく現実的にありそうな絶妙なラインで好きです。バディ感も非常に日本の漫画的。OPはフィンチャー版ドラゴンタトゥーの女を意識している気がする…。しかし何故麻原彰晃風…w

  • 3.4

    AzumiSuzukiさん2021/08/09 02:13

    クラウドファンディングで作られた映画なんだね。サイバー攻撃やハッカーが題材になっていて、そこも今時感。
    もう一度観て手応えもうちょい感じたいなーと、正直掴みきれなかった感、物足りない感はあった。だけど、役者さんたちの新鮮な感じとか、作り込まれすぎてない感じとか、悪い意味でなく、率直にワクワク感につながって、見入ってしまった。

  • 4.0

    AbeCinemaTVさん2021/07/16 21:39

    監督のワークショップを受けるため、鑑賞。監督すごく優しい方でした。低予算感は強いが、この先どうなるんだろうという面白さは着実に積み上がっていく。前半は低予算感がみょうにリアルさを生み出しているが、後半話がでかくなるにつれ、ちょっと色々追いついてないかなあという感じかな。淡々とした演技を中心にお送りされる。主人公とあの女性はなんか発展したようにも見えたがどうだったんだろうか。

    所々007っぽいなと思っていたけれども(敵の組織の感じとか)、監督に聞いたら特に意識はしてないらしい。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    リンクがクリップボードにコピーされました
    戻る