お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
  • 再生する

ジョーカー・ゲーム

G

ジョーカーを見抜け。全てを欺き、生き残れ。

舞台は第二次世界大戦前夜。上官の命に背き、極刑を言い渡された青年は刑の執行直前、謎の男・結城から救いの手を差し伸べられる。交換条件は、男が設立した秘密組織「D機関」の一員としてスパイになること。過酷で奇妙な訓練を経て、青年に与えられたのは“嘉藤(かとう)”という偽名と、世界を揺るがす機密文書“ブラックノート”を奪取するという極秘のミッションだった。世界各国が狙う“ブラックノート”は現在、国際都市“魔の都”に駐在する米国大使・グラハムの手に。日本を飛び出し、“魔の都”に潜入した嘉藤たち「D機関」のメンバーは、明晰な頭脳と身体能力を駆使し、グラハムに接近して行くが……。グラハムのミステリアスな愛人・リン、“ブラックノート”を狙う各国のスパイたち、さらに「D機関」内部に潜む見えざる敵が彼らの前に立ちはだかる。

詳細情報

関連情報
原作:柳広司「ジョーカー・ゲーム」(角川文庫) 音楽:岩崎太整 主題歌:KAT-TUN「Dead or Alive」(ジェイ・ストーム)
音声言語
日本語
制作年
2015
制作国
日本
対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
公開開始日
2020-08-26 00:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

キャンセル

サスペンス邦画ランキング

ジョーカー・ゲームの評価・レビュー

3.1
観た人
5258
観たい人
1798
  • 5.0

    IIDAさん2020/12/05 00:21

    伊勢谷友介の結城中佐が登場しただけで観る価値あった。
    本当に伊勢谷さんは邦画に必要な素晴らしい俳優だと改めて思った。
    伊勢谷さん、カムバック!を祈って星5つを彼に贈ります。
    伊勢谷さん、また帰って来てね~~

  • 2.8

    UVERworld垢さん2020/12/04 19:06

    最後は次がありそうでシリーズ化するんじゃないかと思った。

    柳広司さんのジョーカーゲームの小説を元に作られてたのか!

    演技が上手いのかただ亀梨くんがカッコイイ映画に見えた。
    深田恭子さんの「馬鹿な男」のセリフは印象的だった。
    最後の方の亀梨くんがピンチの時そんなことあるのかぁ!の奇跡とスパイにしてはド派手にと笑ってしまった。

  • 4.0

    石原健太郎さん2020/12/04 03:13

    戦時中のスパイの話。

    原作のが良いのは分かりきってて当たり前なんだけどこれはこれで分かりやすくて
    思ってたより良かった!
    個人的には好き。

    死ぬな、殺すな。

    深キョンがすんごい。
    やりたい。

    時間ある人はアニメ見てから見て!

  • 3.8

    飯山ミツルさん2020/12/03 23:09

    ルパンの娘の原点ここにあり。

    いや、言うほど悪くなかったよ。
    原作未読、アニメ視聴済みのにわかだけど、
    一作品として良作ではないでしょうか。

    D機関のボスである結城中佐を今はアレな伊勢谷友介が演じているが、多分この人以外適役はいないだろう。
    元軍人でスパイの素質が秀でている主人公の亀梨和也も、ちょっとキザな雰囲気がばっちり。
    今はアレな小出恵介も良い配役でした。
    深田恭子はルパンの娘。

    スパイものではあれど、複雑な情報戦があるわけではなく、勧善懲悪的な分かりやすいストーリー。悪いボスがいて屈強な部下がいて、あとはモブと街中で大暴れ、という構図はどことなく80年代の香港映画のよう。

    オープニングがマジでダs…アレなんだけど、
    終わり方は秀逸。
    それこそルパン三世のようなキザでカッコイイ終わり方。

    良作でした。

  • 3.3

    Gensanさん2020/12/03 17:18

    第2時世界大戦の日本の敗戦、広島、長崎の原爆、沖縄の地上戦など悲惨な出来事を考えると戦争をモチーフにここまでパロディー?デフォルメするのはどうかと思うけど、史実も少しは入っていてフィクションとしては楽しめるのかなと思いました。日本軍のスパイ活動がどのようなものだったのか、今の映像技術で再現できるのならみてみたい。

  • 2.7

    koizumizuniさん2020/12/03 17:09

    亀梨のスパイアクションも伊瀬谷の圧倒的存在感も最高だったのに色恋入れたらあかんよぉ………。原作裏切るなよ…中盤から一気につまらなくなった。あと演出無茶し過ぎ。

  • 3.0

    koryuさん2020/12/02 21:50

    原作のシリアスな世界を期待してはいけない。本作はあくまで豪華絢爛、軽佻浮薄なジャニーズ風スパイ活劇と割り切って観れば悪くはないかもしれない。

  • 3.1

    ふがーさん2020/12/02 12:37

    主人公がただの軍人なのに記憶力、観察力などがとても秀でてすぎていた。
    奇跡が奇跡を呼んだ笑笑
    火がついたのもかなりの奇跡だし、そこに写真が落ちたのはそのまた奇跡。
    パンチがあんまり効いてない感じでしたね

  • 2.5

    さくらさん2020/11/21 22:51

    可もなく不可もなく。
    原作の方が内容が濃くて面白くて個人的には好きです。
    ただ、亀梨くんが好きな人や原作を知らない人が見る分には、アクションも多いですし楽しいと思います。

  • 2.5

    まぬ子さん2020/11/11 09:45

    これジャニーズのPVだったのかな…
    原作すきなのにショック!

    脚本や演技(笑)はともかく、カメラワークや合成はよかった。意外にも、アジア圏のスタジオだけで完結させてるっぽい事に驚き。
    裏路地での逃走シーンが一番の見どころ。あんな狭くて雑然とした路地、どうやって撮影したんだろう。顔ツボの布ごしに、秘孔を突くのは面白かった。ソースはカンフー映画かな?
    演出は中途半端。アクションものにしたいのか、スタティックな知的スパイものにしたいのか。欲張ったというより、ブレながら製作されたってのは透けて見えるもんですね…
    あと、すり変える時のアニメっぽいSEとかいちいち笑う


    映画と原作を比べるのは個人的にご法度なんだけど、この作品に関しては、まずスパイを主人公に置くこと自体が路線からハズれてる気がする。
    しかも顔が売りの亀梨が主役の時点で、商業映画だったのかな?瑛太や加瀬亮みたいな塩顔俳優をスパイで使ってほしかった。伊勢谷さんの軍服姿はまったくもってけしからん!ご馳走様でした。彼は国宝にすべき。

    原作を愛するあまり、アイデアだけが拝借されてる感じがしてもどかしい。私ならこう撮るのに、と感じるポイントが多く、とっても歯痒かった。そういう意味では勉強になったけど笑

    # 108/2018

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    戻る