お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

ジョーカー・ゲーム

G

ジョーカーを見抜け。全てを欺き、生き残れ。

舞台は第二次世界大戦前夜。上官の命に背き、極刑を言い渡された青年は刑の執行直前、謎の男・結城から救いの手を差し伸べられる。交換条件は、男が設立した秘密組織「D機関」の一員としてスパイになること。過酷で奇妙な訓練を経て、青年に与えられたのは“嘉藤(かとう)”という偽名と、世界を揺るがす機密文書“ブラックノート”を奪取するという極秘のミッションだった。世界各国が狙う“ブラックノート”は現在、国際都市“魔の都”に駐在する米国大使・グラハムの手に。日本を飛び出し、“魔の都”に潜入した嘉藤たち「D機関」のメンバーは、明晰な頭脳と身体能力を駆使し、グラハムに接近して行くが……。グラハムのミステリアスな愛人・リン、“ブラックノート”を狙う各国のスパイたち、さらに「D機関」内部に潜む見えざる敵が彼らの前に立ちはだかる。

詳細情報

関連情報
原作:柳広司「ジョーカー・ゲーム」(角川文庫) 音楽:岩崎太整 主題歌:KAT-TUN「Dead or Alive」(ジェイ・ストーム)
音声言語
日本語
制作年
2015
制作国
日本
対応端末
公開開始日
2020-08-26 00:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

キャンセル

サスペンス・ミステリー邦画ランキング

ジョーカー・ゲームの評価・レビュー

3.1
観た人
6159
観たい人
1896
  • 2.6

    マサさん2021/09/21 23:10

    主人公のスパイの素質すごいな!最初の教習所パートなんていらないくらいの実力。思ってたよりも騙し騙されのシーソーゲームは無かったのが残念。メイド服ありチャイナドレスありの深田恭子さんの七変化が一番の見所ではと思ってしまったぜ。

  • 1.5

    マメチーズポテトチップさん2021/09/20 13:51

    亀梨君が全面ステイな映画でした。
    残念ながら個人的には今ひとつでした。
    テレビドラマって感じでした。

    せっかくの映画なのに。
    とても退屈でウトウトするのを必死でこらえながら見ました。

  • 1.0

    ゆうめしさん2021/09/14 21:59

    アマゾンプライムビデオで。

    画がチープ。
    緊張感が伝わらないしょぼさ。
    間延びするアクション。

    ダメだこりゃ。

    唯一褒めるところは伊勢谷友介の軍服姿。

  • 1.5

    気楽な隠者さん2021/09/04 00:38

    深田恭子観たさのみで視聴開始。
    深田恭子はこの頃くらいからポテンシャル開放しだしたんだな。
    亀梨は相手にしてはちょっと若すぎるわ。
    逃走シーンのスピード感。邦画にしては頑張ったけど、ジャッキー・チェンのパクリ丸出しで、当然超えるものではない。

  • 3.0

    130さん2021/08/29 01:04

    決して悪くないけど何か変

    原作は読んでいないが
    アニメは全部見た。

    舞台は昭和12年だそうです。
    亀梨くんの眉毛がずっと気になる。
    これはアニメの実写化ですか。

    メイクで誤魔化さないかな。
    エンタメ要素はいいのだけど。
    違和感はそこだね。

    割り切っていても、
    何かムチとかで拷問されているし、
    時代背景がぐちゃぐちゃな気がする。

    深キョンと亀梨くん合わないね!

    眉毛問題、それさえスッキリさせたい。
    恋愛要素とかそうゆうのは
    エンタメ的に必要なのでいいと思う。

    原作知ってる人が、
    あーだこーだ言うのは別に
    どうでもいい!

    アクションも良かったし、
    思ったほど悪くないのは好感です。
    ただ眉毛は許せない!

  • 2.6

    かめさん2021/08/21 22:27

    原作が好きだったので鑑賞
    ・原作となかなか違う
    ・スパイなのに忍べてない
    ・最初から最後まで見え見えの展開
    ・アクションもそんなに無い
    久々にあんまり面白く無い映画だった

  • 3.5

    toshimoviesさん2021/08/21 17:08

    第二次世界大戦前夜に、"魔王"の異名を持つ元スパイが設立した秘密組織"D機関"の暗躍を描いたスパイ・サスペンス。柳広司のベストセラー小説を映画化。
    エンタメに特化したことで退屈することなく楽しめる。深キョンのコスプレ七変化がうれしい。
    東京・陸軍士官学校。上官暴行殺人事件で死刑判決。大東亜貿易協会。"死ぬな殺すな"。スパイ養成学校"D機関"。新型爆弾設計図奪取任務。アジアの"魔の都"。機密文書"ブラックノート"。嘉藤写真館。駐在米国大使グラハム。チェスマニア。メイドのリン。英国諜報部の二重スパイ"スリーパー"。「国民より戦争を優先する国なんて滅びればいい」

  • 1.0

    まりぴこさん2021/08/18 03:05

    ピタゴラスイッチおもろすぎに星1
    あんだけ目立たせて
    クビにならないの爆笑なんやが

    関係者は誰も原作読んでないらしい

  • 3.0

    jinmaruさん2021/08/16 13:11

    原作好きなので観てみたけど…原作とはかけ離れたスパイが派手に大暴れする映画でした笑
    まぁ…しょうがないかな🤔

  • 2.1

    吉井リコさん2021/08/09 23:52

    超エンタメ。作りもの。ご都合主義。アニメだな〜。深キョン、峰不二子じゃん。ドロンジョ様じゃん。雰囲気的に全部上手くいくことが分かっちゃってるから緊迫感がない。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    戻る