お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

殺人狂騒曲 第9の生贄

G
  • 吹替
  • 字幕

19世紀末のロシア・サンクトペテルブルクで起きた猟奇殺人の捜査に挑んだ2人の男性刑事と女霊媒師の活躍を描いたロシア産サスペンス

19世紀のサンクトペテルブルクで、美女ばかりを狙った連続猟奇殺人事件が発生。事件の真相を追う警部ロストフと相棒のガニンは、犠牲者の体内から魔術の印「五芒星<ペンタグラム>」が描かれた卵を発見。霊媒師オリヴィアに犠牲者の霊視を依頼すると、彼女は「第9の犠牲者まで殺人は続く」と予言し、捜査線上にドクロのタトゥーを入れた怪しい人物が急浮上する。しかし、事件の裏には驚愕の真実が隠されていた…!

詳細情報

原題
DEVYATAYA
関連情報
出演:デイジー・ヘッド,ジョナサン・サルウェイ,ユーリー・コロコリニコフ
音声言語
ロシア語or日本語吹替
字幕言語
日本語
制作年
2019
制作国
ロシア
対応端末
公開開始日
2020-11-04 10:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

レンタル(7日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
440
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
550
ご注文手続きへ

キャンセル

サスペンス・ミステリー・スリラー洋画ランキング

殺人狂騒曲 第9の生贄の評価・レビュー

2.6
観た人
144
観たい人
175
  • −−

    るうLechattigreさん2021/10/14 07:59

    19世紀サンクトペテルブルクを舞台に連続猟奇殺人が発生。
    時代の雰囲気はとても良くストーリーも悪くないのに単調でイマイチ盛り上がりに掛ける。
    T-34、バーフバリのVFXスタッフが作ったわりにチープ。
    勿体ないなぁ。

  • 2.0

    ブルースターさん2021/08/31 15:40

    WOWOW.

    連続殺人事件の犯人を霊媒師の女と手を組み解決に向かうロシア製オカルト犯罪サスペンス。せっかく次の殺人の意味を理解できていたのに盛り上がりに欠けた。終わり方も何じゃそれでした。

  • −−

    火曜日さん2021/08/28 20:14

    儀式とか花火とか手のひらとか色々と燃えるけど気持ちは燃え上がらない。霊媒と刑事が組むオカルトゴシックサスペンスで雰囲気もそこまで悪い訳でもないのに壊滅的に盛り上がらない。

  • 2.6

    タノさん2021/08/19 05:57

    ロシア映画らしい。
    雰囲気は良いんだけどストーリーなどが陳腐で飽きてしまう。
    事件を追う警察、変な占い師組んで行くのは良いけど、気持ちの悪い事件にしては推理部分が薄くて入り込みづらい。
    娯楽映画で楽しめそうなのにもったいない。

  • 3.2

    池袋の種馬さん2021/07/18 16:53

    この手のジャンルは大好きなのですが、とにかくテンポが悪くお話も雑です。

    作品の雰囲気だけは良かったです。

    とっても有能な情報屋を簡単に見殺しにするところは流石ロシアと思いました。

  • 2.0

    風来坊さん2021/07/11 19:49

    序盤はロシア版のシャーロック・ホームズみたいな雰囲気。その後は「フロム・ヘル」のようなオカルト色が強い展開。

    しかし…シャーロック・ホームズを目指すにしては、探偵役の警部が引っ掻き回しているだけで有能に見えない。

    オカルトにしてはそれほどのおどろおどろしい感じはしないしで、一体どういう方向ヘ物語を持って行きたかったのかよく分からない…。

    私の理解力の無さのせいかもですが、いつの間にかよく分からないまま物語は終わってました…。
    生き返らす云々は分かるけど、何がしたいのと云った感じ…。

    このオカルトチックな世界観が好きな人はいると思いますが、色々なジャンルを入れてますが中途半端で私には合わない作品でした。

    まとめの一言
    「冒頭よく分からん」

  • 3.4

    ムトゥさん2021/06/23 11:38

    冒頭シーンは酷いが、その後は割とマトモなオカルトサスペンス。ラストは投げっぱなし。観てる間、評価が乱高下しっぱなし。

  • 3.0

    あんずさん2021/06/04 20:52

    多分、『9人の翻訳家』と間違えて録画したんだと思う(そちらも録画出来ていたが)💦全然、私の趣味ではない話が始まってしまった……でも、観始めたからには、結末まで観ねばと頑張った。

    19世紀末のロシアが舞台で、その頃の人々の暮らしぶりが観れたのは面白く、恐ろしい儀式の衣装も『ブラックスワン』を思い出し、オカルトな世界観も嫌いではなかった。特にリアルな窓の外が嵐のような天気で、その恐怖も加わって、なかなか趣があった。

    昨日観た『アメイジング・グレイス』を観た時には、信仰があるっていいな~なんて思ったけれど、行き過ぎた信仰は怖い。誰かを犠牲にしなければ成り立たないなんて、それは絶対にダメ🙅

    え?そこに恋愛必要?というツッコミとあの最後の少女は、何だったの?と謎を残したまま終わってしまった。

  • 2.9

    Yuyaさん2021/05/30 03:27

    まぁ 文字通りの狂想曲だったね
    解決能力の乏しい 刑事さん達の
    不毛な引っ掻きまわしが滑稽過ぎて…

    でも このロシアンサスペンスが放つ
    陰鬱な猟奇っぽさにゃ 高揚しちゃう
    ま ちょっと序盤と終盤の蛇足さに
    別の映画?ってな 違和感もあるけど
    B級と呼ぶには 旨味が溢れてるなぁ

    大原則な気がしてならないけれど
    刑事が 霊媒師頼るとか もう世も末だわな

  • 2.0

    ブライアンさん2021/05/29 14:24

    警部が頼り無さすぎて、私には疲れた映画でした。猟奇殺人も途中で終わりっといった感じで、入り込めませんでした。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    リンクがクリップボードにコピーされました