お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

ウィッカーマン

G
  • 字幕

スコットランド・ハイランド地方西部の警察に勤める中年の巡査部長ニール・ハウイーは、ヘブリディーズ諸島のサマーアイルという孤島で行方不明になった少女ローワン・モリソンを探してほしいという匿名の手紙を受け取る。ハウイーが飛行艇で向かった先で見たものは、島の領主サマーアイル卿のもとでキリスト教の普及以前のケルト的ペイガニズムが復活していた風景だった。島民は農業に励む普通の生活を送っているが、宗教生活や性生活だけは他のイギリス人と異なっていた。彼らは生まれ変わりを信じ、太陽を信仰し、子供たちに生殖と豊作を願うための性的なまじないを教え、大人たちは裸で性的な儀式に参加していた。

詳細情報

原題
The WICKER MAN
音声言語
英語
字幕言語
日本語
制作年
1973
制作国
イギリス
対応端末
公開開始日
2020-11-13 10:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

キャンセル

ホラー洋画ランキング

ウィッカーマンの評価・レビュー

3.7
観た人
1857
観たい人
6129
  • −−

    さくらさん2021/04/11 02:10

    おもろかったーー!
    思ってた怖さと全然違うかった!めっちゃ明るい!!
    歌が多くてミュージカルみたいやった😂

  • 3.5

    エノモトさん2021/04/10 21:00

    『ミッドサマー』の元ネタとも言われてるカルト作品。想像以上に『ミッドサマー』そっくり。

    ただ今作の方がよりシンプルに異端宗教の怖さを実感できて面白いと思いました。

    よくわかんない文化と明るい音楽から溢れる狂気がなかなか強烈でこれこそカルト映画の名作と呼ぶにふさわしい作品だと思います。

  • 3.4

    で815さん2021/04/09 23:47

    『ミッドサマー』との関連性が言われているが先行してこちらを鑑賞。オカルトホラーらしく終始禍々しい雰囲気。性×宗教と言う部分では両作近しいテーマなのかな。
    ストーリーは明快、正直早い段階でエンディングまでの想像がついてしまった。

    主人公と島民の双方による異教徒への敵視と排除、と言う部分では正解のない不毛さだけが後味悪く残る。現実においても、宗教でなくともこの島と同等の悍ましく忌まわしい風習やら儀式は世界各所にあっただろうし、もしかしたら今もどこかで?って思うとややザワつく。

    『黄金銃を持つ男』のスカラマンガに『スターウォーズ』のドゥークー伯爵と、クリストファー・リーの悪人のハマり具合が素敵。

  • 3.5

    popcornさん2021/04/09 22:49

    美味しいりんごの名産地を舞台に宗教が異化して描かれる。

    根っから無信仰の者としては狂気的な信仰もそれ程驚くべき事とは思えなかった。
    火あぶり直前に死後の復活を願うクリスチャンに対して言い放たれるブラックユーモアが光る。
    「死から再生するけど「復活」と呼んでもいいわね あなたは果物として再生するの」

  • 3.6

    キミシマムザ裕君さん2021/04/09 19:50

    1人の警官が少女失踪捜査のために訪れた島の住民たちは原始的な宗教を信仰していて…というカルト映画。
    『ミッドサマー』公開時に比較されていたのも頷ける白昼夢っぷり。
    明るいミュージカル調で展開するのも逆におぞましく、島民達の瞳が輝く程に視聴者の心は沈んでいく(笑)

  • 3.0

    しさん2021/04/09 17:37

    ミッドサマーの元ネタ、的なので気になっていたので。ミッドサマーよりは、かなりかなり見易いけど(グロいのないので)わたしたちのいろんな感情を、宗教的にひっくるめてしまっいて、陽のあたる自然も、そこにいる女の子たちも、綺麗なのに気持ち悪くて耐え難くなる、そんな描写。ここまでふりきって、陽気になれるのもこわいよ。

  • 2.9

    YTさん2021/04/09 08:29

    ・意外な展開だった
    ・カメラの位置なのか全体的に画や
     風景、人、衣装が綺麗に見える
    ・宗教を客観的に眺める感じ

  • 4.4

    映画ファンさん2021/04/08 21:27

    刑事のハウイーは行方不明の少女の身元を隠したがる島民に違和感を持ち捜査していく映画
    島民はキリスト教以前のケルト的宗教を信仰している為荒々しく人によっては吐き気を催しそうな描写が多々ある自分みたいなハマる人にはハマる独特な癖が見所

  • 3.5

    グレハニスト森田さん2021/04/08 14:56

    元祖?異教徒ホラー。

    民謡ベースに奏でられる劇中サントラが現代にないセンス。
    カルト的に語られる作品だが物語のベースはとても明快な映画である。

    古い映画ということで特殊効果に頼らない体を張った演出が印象的。
    女優陣が乳を出すのは当然として、喉の治療のためにカエルを口に含むシーンは体当たりなのだろうか。
    あれはガマの油(潤滑油)ということなのかな?笑

    異教徒は所謂”輪廻転生”的発想であるが、現実世界でオウム事件が評論されるようになったとき”輪廻転生”は現世思考にならないという理由で危険であると評されたことがあることをふと思い出したり。(この映画とポアの思想は全く別として)
    この作品でも異文化の生死の在り方に対するギャップが恐怖の本質ではなかろうか。

    キリスト教の敗北とも捉えかねないラストシークエンスは極めて陰鬱。
    「エクソシスト」は神の敗北を暗示していると抗議されたようだけど、これはどうだったんでしょうか。
    最後に脱出して一矢報いる展開を期待しているアタシは完全にハリウッド脳だったというオチ。

    リメイク版があり見比べてみようかという矢先、評価が低く萎えているところ。笑

  • 2.1

    鰤だいこんさん2021/04/08 13:47

    U-NEXTで配信されてたので、昨晩観ました。
    「ミッドサマー」にて、よく「ウィッカーマン」云々と見かけてたので、気になっていたんですが…。
    ある程度覚悟はしてましたが、やはり体調に合わないタイプの映画かな。
    面白くないわけでは無いし、極端なグロ描写もないので見やすいほうですが、やっぱチョッとしんどいですね。
    なんつーか「ゲットアウト」や「アス」と比べると、生々しい感じに疲れるようです。
    という感想。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す