お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

愛と野望のナイル

G
  • 字幕

1858年、ナイル探検で名を上げていた2人のイギリス人探検家リチャード・フランシス・バートンとジョン・ハニング・スピークは、ナイルの源流を探す旅に出た。 先ずはタンガニーカ湖を発見、そして現地部族やライオンの襲撃など様々な困難に直面し、病に倒れたバートンを置いて前進したスピークは、ナイルの源流とおぼしき湖を発見して、ヴィクトリア湖と名付けるのだった。

詳細情報

原題
MOUNTAINS OF THE MOON
音声言語
英語
字幕言語
日本語
制作年
1990
制作国
アメリカ
対応端末
公開開始日
2020-11-13 10:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

キャンセル

アドベンチャー洋画ランキング

愛と野望のナイルの評価・レビュー

3.8
観た人
34
観たい人
49
  • 4.6

    sleepyさん2021/07/22 20:58

    誰も見たことがないところを見たい ****



    実在した19世紀英国の探検家、リチャード・バートンとジョン・スピーク。彼らの1850年代の東アフリカでの確執や訣別を、米国のラフェルソン監督(「ファイブ・イージー・ピーセス」「郵便配達は二度ベルを鳴らす」(1981)等)が不器用ながら、控えめな情感をこめて描く。

    1854年に2人はソマリア探検で出会い、そして大勢の現地人を従え1857年からナイル源流探索の旅に出る。しかしそれは多くの困難に出会う超・人力の旅であった。対照的な、しかしそれゆえ惹かれる2人の探検家の、少しBLを思わせる道程を綴る。

    前半は男の子心を刺激するような質感あふれる探索行であり、時に大胆に時にディテール優先で描く。苛酷な炎天、穏やかな夕暮れと夜、美しき夜明け。青い空。先住民族。獣たち虫たち。杭を打ちテントを立て、水を渡り、焚き火をし、測量し、かつぎ、歩き、撃つ。道を拓き、木々を刈り、登り、眠り、進む。こんなディテールを楽しむ。鉄、草、布、砂埃、岩、水、血、皮。そして熱さ、暑さ、冷たさ、寒さ、乾き、静けさ、喧噪。何より「痛さ」と疲労の描写が鮮烈だ。足の裏に食い込む石原、耳に入り込んだ昆虫、生々しい負傷、襲撃、熱病。

    ラフェルソンは米出身の監督であるけれども、「ファイブ・イージー・ピーセス」があるにもかかわらず、どこかアメリカらしくない空気が漂うと個人的には思っている人。もったいぶったところがない。ためない。収まりよくまとめない。近時の映画やテレビのような安くて表面的な感情表現や、着地点、カタルシスありきの悪しき文法と離れている。映画に観念はいらない。

    そして陽光・炎を利用する、現代最高の撮影監督のひとり、ロジャー・ディーキンス(「1984」「クンドゥン」「スカイフォール」、コーエン兄弟作品)のカメラが最高だ。

    行ったことがない所へ行きたい、見たことがない物を見たいという普遍的なな憧憬。”Uncharted and unknown” と書かれた空白の地図を埋めるという熱。しかしいつの世にも付き物の政治や権威の思惑がある。19世紀後半のロンドンはアフリカ東部シーンと著しい対照をなす。山高帽と馬車と権威・洗礼の都と、人力と野性・混乱の原野。後のロレンスを思わせる大英帝国による搾取、植民地政策が背景にある。監督は2人の幸福なアフリカの日々と不幸なロンドンの日々を対比し、シンプルな「個」の苦悩を大づかみしていると思う。映画は筋、辻褄ではない。映画は質感と俳優がもたらすエモーション。小綺麗に収まった映画はいらない。

    本作はいまだ日本において未ディスク化。なにか事情があるのだろうが業界の見識を疑う。日米の99%のメインストリーム作品がクソな現代、こんな映画を愛でたいと思う。

  • 3.8

    norさん2020/03/02 22:13

    イエーン・グレーン!当時めちゃ押しだった。
    かっこよかったなぁ。映画のおかげでバートンに興味持っていろいろよみあさった!
    邦題がダサすぎだけど割と好きな映画(^ ^)

  • 4.0

    haccabeeさん2016/05/20 23:25

    アフリカのナイル川の源流を求めて、ヴィクトリア湖とタンガニーカ湖を発見した探検家二人の情熱と確執。傑作。

  • 4.5

    茶わん蒸しさん2015/10/15 23:06

    この映画、絶対邦題で損してる。男の野望と友情との葛藤。ただの冒険譚には終わらない秀逸な三部構成。必見の力作!

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す