お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

乱世備忘 僕らの雨傘運動

G
  • 字幕

2014年に香港で起こった「雨傘運動」の一部始終を、運動に参加した若者たちの視点から記録したドキュメンタリー。

“僕が生まれる前、1984年に香港が1997年に中国に返還される事が決まった。2014年、香港にはいまだに民主主義はない。自分たちで香港の代表を選ぶ「真の普通選挙」を求めて若者が街を占拠した、雨傘運動。同じ「香港人」であるはずの警官たちから浴びせられる催涙弾に皆が雨傘を手に抵抗し、僕はカメラを手にデモに向かった。そこで映画の主人公となる仲間たち、大学生のレイチェル、ラッキー、仕事が終わってからデモに駆けつけてくる建築業のユウ、授業のあと1人でデモに来た中学生のレイチェルたちに出会った。香港の街が占拠され、路上にはテント村ができ、自習室ではラッキーの英語無料教室が開かれた。テントをたて、水を運び、そして夜は一緒にマットを敷いて路上に寝る日々。討議がまとまらず言い争いになると「これが民主主義」だと、皆で笑いあう。こんな香港を見るのははじめてだった。香港に暮らす「普通」の僕たちが、「香港人」として「香港の未来」を探した79日間の記録”―本作は、当時27歳だったチャン・ジーウン(陳梓桓)監督が、仲間たちと過ごした日々を、映像で綴った備忘録だ。2014年9月26日から香港の高校生、大学生が中心となり「真の普通選挙」を求めて行なわれた雨傘運動。街で出会った若者たちと監督自身が行動をともにすることで、怒りと恐怖を共有し、彼らのまっすぐな情熱と優しさを映し出してゆく。山形国際ドキュメンタリー映画祭での小川紳介賞受賞をはじめ、各国の映画祭で注目を集めた社会派青春群像ドキュメンタリー。

詳細情報

音声言語
中国語
字幕言語
日本語
制作年
2016
制作国
香港
対応端末
公開開始日
2020-12-18 10:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(7日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

キャンセル

ドキュメンタリー洋画ランキング

乱世備忘 僕らの雨傘運動の評価・レビュー

3.8
観た人
153
観たい人
681
  • 3.3

    hpyyrさん2021/03/14 23:55

    やっと観れた。オンライン講義の前にvimemoで。
    "中華圏"は台湾しか行ったことなくて無知やから、映画自体の感想としては、タイムリーな現状じゃないんやろうな~っていうフワッとした印象が残っただけやった。
    そのあとの講義と、(ちょうど今日出会った)香港に詳しい方の話から、
    今の香港はこの映画の時よりもだいぶ厳しい状況にあるってことが分かった。

    この映画に対する文句ではなくて自戒として。
    わたしは今ここで何をするのかってことを考え続けることと、それを実行・継続することとの間にはハードルがあるから、
    こういう映画を観て何かしらの変化を積み重ねられるようにしないと、わたしの場合は虚しくなる。って気付いた。
    早く観ないとあかん映画やったね。

  • −−

    琴乃さん2021/03/14 15:45

    賢い人たちと情熱ある人たちと才能ある人たちがこんなにたくさんいるのにどうしてこの世界はいつもうまくいかないの

  • 3.7

    nanaco888さん2021/03/12 21:21

    今見ると、民主主義を夢見ている若者の姿に心が痛む。
    参加していた14歳?16歳?の女の子、すごいね。

    「昨日の新疆(チベット)」「今日の香港」「明日の台湾」って、2019年の香港デモでスローガンがあったと新聞記事で読んだけど、この映画では、「今日のチベット」「明日の香港」って言っていた。

  • 3.7

    花椒さん2020/12/21 15:23

    雨傘運動のリーダーたちを追いかけるドキュメンタリーかと思いきや、デモに参加する運動家でもない本当に普通の香港人のデモに参加する備忘録だった。昼間は学業や仕事に追われ、終わったらデモに加わる。

    2時間超えのドキュメンタリーだと大抵途中で飽きてしまうのだが、そう感じなかったのは警官との衝突など緊迫したシーンが多かったからなのか?

  • −−

    あんこさん2020/12/02 23:07

    以前鑑賞したのを思い出して記録
    昨今の香港を考えると当時観てよかったと思うし今観るべきだと思う
    彼らは今どうしているだろうか

  • 3.5

    華さん2020/09/03 14:07

    2014年の雨傘運動の様子をデモ参加者の1人が記録した映像。
    本当にみんな普通の若者って感じ。強がってみせるような言動もあるけど、デモで何かが変わるのかって不安も抱えてる。映像には警察の不当な暴力が映ったり、若者たちの他愛ない会話が映ったり。街を占拠されて怒るデモ反対派の意見も分かるし…。
    選挙の時にいつも自分の投票する人がなかなか当選しなくてイライラしたりもするんだけど、1人1票の真の普通選挙が手元にない状態を想像したら、少し怖くなった。

  • 3.9

    ちひろさん2020/05/05 23:08

    香港って、前はガイドブックに載ってるもの以外のイメージはなかった。
    でも、映画「十年」で、あれ?結構大変なんだ、と初めて知り、そして去年のデモ。
    本作は2014年の雨傘革命について、最前線を撮影したもので、ものすごい臨場感。
    雨傘革命、当然日本でも報道されてたけど、私の興味がなかったのかあまりちゃんと知らなかった。
    常々、デモに参加する人ってすごいなぁ、社会のために頑張れる人ってすごいなぁと思ってた。
    彼ら彼女らは「私たち世代が動かないと香港はダメになる」と言っていた。
    奇しくも、現在の日本もこのままではダメになる、という意識を持ってる人も多い。
    私も、何か行動に移すことができたら…
    襟を正す思いです。
    登場する学生達が本当に眩しい。
    みんなで泊まり込みで1つのことに打ち込んでいる、という青春譚としても、凄く良かった。

  • 3.8

    ASさん2020/03/17 20:29

    踏み込めていないのではなく踏み込んでいないだけ。その一歩手前、日常~オフショットにおける彼等の笑顔の多さがかえって事の深刻さを物語ってはいまいか?見る者の心に楔を打ち込む効果は大

    アジアンドキュメンタリーズにて鑑賞

  • 4.5

    よしかさん2019/11/28 16:13

    私と同じくらいの年の若者たちが国を変えたいと立ち向かう姿に圧倒されました。
    不満をSNSに書き込むだけの私たちは、何が起こったら立ち上がれるのか見当もつきません。

  • −−

    PANDANOIEさん2019/11/13 11:05

    いまこそ見るべきなドキュメンタリー。香港のことが、香港の友達たちが、心配な毎日な夏に見た。わたしは雨風運動当日、全然このことを知らず普通に暮らしていたことに映画を観てびっくりした。だからきっとまだまだ知らない人は沢山いるんだろうと思う。香港に住む友人たちは、デモに行くことが生活の一部になっていて そういう内側を写していて良かった。香港加油!

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す