お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

僕等がいた 前篇

G

それでも、永遠だと信じたかった――。

高2の新学期、七美は高校の屋上で矢野元晴と出会った。クラスの女子のほとんどが好きになる人気者だが、時折さびしげな表情を浮かべる矢野に、七美もいつしか惹かれていく。矢野の親友・竹内から、矢野が死別した年上の恋人・奈々との過去を引きずっていると聞き思い悩む七美だが、矢野への想いがおさえきれなくなり、生まれて初めての告白をする。一途な想いを貫く七美に対し、矢野は少しずつ心を開いていくが…。

詳細情報

関連情報
原作:小畑友紀
音声言語
日本語
制作年
2012
制作国
日本
対応端末
公開開始日
2021-02-10 10:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
440
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
550
ご注文手続きへ

キャンセル

ラブストーリー・恋愛・ロマンス邦画ランキング

僕等がいた 前篇の評価・レビュー

3.2
観た人
14069
観たい人
1478
  • −−

    chihirosieさん2021/11/10 01:27

    中学の時好きなやった人にこの本貸して読ませて返してもらったかなあ記憶ないけど、そんなこと思い出してそれもまた青春やなあって。あとから思い出した時にあの人と観に行った人とかあんな気持ちで見たとかその時のことが鮮明に思い出されるからそれも素敵やなあ映画館いきたいな

  • 3.0

    あんたがたどこさよしださん2021/10/21 03:09

    映画館で視聴
    挿入歌が良すぎて、当時携帯を持っていなかったので、その場で歌詞を聞き取って家まで必死に忘れないようにしてた

  • 2.5

    わかめさん2021/09/27 16:30


    2021/09 64

    ずっと観たい映画でレンタルしてきました。

    期待とは反対に、どうしても吉高由里子の喋り方がいや~。
    喋るたびに気になって気になって仕方ない。

    竹が良い奴すぎました。

  • 5.0

    asaさん2021/08/28 12:21

    ②漫画は漫画、映画は映画。
    すごく良い。本当大好き。

    ①2020/07/27
    過去鑑賞
    キャスティングが良い
    鑑賞日:2017年8月

  • 3.5

    かめさんさん2021/08/19 13:56

    DVD📀所有、再鑑賞。「ソラニン」の三木孝浩監督作品。生田斗真、吉高由里子主演映画。累計発行部数1000万部を突破する小畑友紀の人気少女漫画を、前後編の2部作で実写映画化。

    クラスの3分の2の女子が一度は好きになる、非の打ちどころのない男子高校生・矢野は、過去に恋人を交通事故で失い心を閉ざしていた。しかし、明るく前向きで無邪気な七美の存在が次第に矢野の心を開かせていく。やがて2人はさまざま葛藤を乗り越えて恋を実らせるが……。

  • 3.6

    Yutaさん2021/08/05 10:36

    累計発行部数1000万部を突破する小畑友紀の人気少女漫画を、前後編の2部作で実写映画化。主演は生田斗真と吉高由里子。「ソラニン」の三木孝浩監督がメガホンをとる。クラスの3分の2の女子が一度は好きになる、非の打ちどころのない男子高校生・矢野は、過去に恋人を交通事故で失い心を閉ざしていた。しかし、明るく前向きで無邪気な七美の存在が次第に矢野の心を開かせていく。やがて2人はさまざま葛藤(かっとう)を乗り越えて恋を実らせるが……。共演に高岡蒼甫、本仮屋ユイカ。

  • 3.0

    たきさん2021/05/31 17:17

    「僕等がいた 前篇」を観る。

    ようやっと観れた。

    その昔、好きだったひとと一緒に観ようと言われて結局叶わなかったや←黒歴史やめませんか。
    まったくもって劇中のななさんみたいなひとだったで←わかったもういい。

    この監督さんの画作りがなんか好き。
    確か「フォルトゥナの瞳」とか「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」と同じ監督さん。

    当時は愛情欠乏症の矢野にシンクロ率ヤバかった記憶だけがあります。原作全巻読破したはずなのに、細かいところをまったく覚えていない体たらく。ラストのホームのシーンだけがクリアに記憶鮮明でしたかろうじて。

    信じるって難しい。
    愛情欠乏症のひとにとってはもはや苦行といっても過言ではなく。
    相手を信じるためには、まずは自分を信じなくちゃいけない。
    自分を信じるためには、くそったれなほどの愛情が必要で。
    だけど自分を信じられないひとに、愛情をそそいでくれるひとなんてツチノコよりも希少というデフレスパイラル。

    つまりなにが言いたいかというと、吉高さんぜんぜん変わらないですねかわいいです。

    あなたの幸せが、自分の幸せ。
    それをひとは愛と呼ぶはずなのですが。
    なんで矢野いなくなったんだったっけ…

    記憶を掘るより、後篇も観ます。

  • 3.5

    Yさん2021/05/31 02:41

    小学生の時にこの小説を本屋さんで立ち読みして号泣した思い出があります笑
    それから10年くらいは経ったはずなのに、セリフとか次の展開とかほぼ記憶に残っててなんだかエモい気持ちになりました。

  • −−

    akariさん2021/05/21 01:49

    初めて友達と2時間かかる映画館にバスで頑張っていったの懐かしすぎる。
    小学生田斗真ちょうすきだったな

  • 4.2

    Harleyさん2021/05/17 12:08

    漫画が大好きでこんなすきな実写映画あんまない!!
    めっちゃ好きで何回もみてる、、、この時代の実写最高すぎて好き

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    リンクがクリップボードにコピーされました