お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

HYDRA

G

「殺す」しか知らなかった男の哀歌<エレジー>ハードボイルドタッチで描く、珠玉の殺し合い身体能力の限界を極めたアクション!

居心地良いこの場所で・・・居場所はここで良いのか身体で感じていた高志、梨奈、ケンタ。中目黒Bar「HYDRA」での出来事。そして「東京生活機構」とは?若いバーテンダーの梨奈が切り盛りしている店内はやや明るい。客同士を繋げて盛り上げているのは、ケンタ。その奥、無表情で調理に励んでいるのは高志。レシピを正確に暗記し、手捌きも正確で無駄のない動き。それが料理の旨さに表れていて店の評判にも繋がっている。大人の避難所というべき空間。そこへ訪れる事件から「東京生活機構」との繋がりが発覚する。「HYDRA」を守るためか?自分の居場所を作るためか?戦いに立ち向かい殺人職人へ回帰していく高志。帰ることはできるのか?衝撃のアクションシーンがその答えを持っている。

詳細情報

関連情報
プロデューサー:中島一徳 製作会社:ポリフォニックフィルム/製作「HYDRA」製作委員会 原作: 音楽:MOKU
音声言語
日本語
制作年
2019
制作国
日本
対応端末
公開開始日
2021-02-03 10:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

キャンセル

アクション邦画ランキング

HYDRAの評価・レビュー

3.5
観た人
103
観たい人
218
  • 3.7

    タカナリさん2022/01/13 20:42

    中目黒のBar「HYDRA」の厨房で働いている元殺し屋の男・高志が、恩人の娘・梨奈を守るため、再び殺しの世界に足を踏み入れます。

    見所はとにかく速いアクション。
    手数が多い上に素早すぎるため、何をしているのか全然分かりません。だけど、デタラメに動いていなく、攻撃と防御をちゃんと考えた動きなのは分かります。
    だからこそ、見ていて圧倒されました。

    ただ、アクションが速いのは良かったんですが、少しこぢんまりとしていたのが残念。その場であまり移動しないで手だけ動いてる感じ。所々で派手なアクションを入れても良かったように思います。

    ストーリーに関しても、もっと広げても良かったように思います。設定面白いので。
    ストーリー重視の人は物足りなく感じるかも。

    個人的には、「ベイビーわるきゅーれ」に出演されてた三元雅芸、元アイドリング!!!の後藤郁が出演していたので、それだけで結構楽しめました。

  • 4.0

    Danaさん2022/01/10 11:09

    『ベイビーわるきゅーれ』とアクション監督と同じ園村監督なので、アクションも同じ感じがあった。監督によってアクションも個性が出るんだなぁ。

    団子屋のおじさんも実は裏の人間だったのか…

  • 3.0

    雄八eさん2022/01/05 13:58

    アクション監督として名高い園村健介監督処女作
    確かにアクションは凄かったが、それ以外の部分に全く見るべきところがない
    永瀬匠以外は演技が異常に大袈裟か下手だし話も設定もチープすぎる

    ただアクションは素晴らしいので、そういうものと割り切って観れば

  • −−

    みずかみさん2021/12/21 13:05

    三元雅芸のアクションPVといえるほどかっこよくて洗練された戦闘シーン

    園村監督のウェイブパンチラバー感が伝わってきて嬉しかった

  • 3.8

    池袋の種馬さん2021/12/09 12:23

    ハードボイルドなお話に本格的なアクションととても唆られる内容でしたが、尺の所為かどちらも中途半端で物足りなかったです。
    もっとガッツリ見せて欲しかったです。

    アクションはK-1的(ボクシング+フルコン)打撃とMMA(総合格闘技)の技法にナイフファイティングが加わった感じのもので結構迫力がありました。

  • 3.7

    四畳半さん2021/12/03 19:35

    自宅で鑑賞

    アクション監督の園村健介さんの初監督作品で主演が三元雅芸さんと『ベイビーわるきゅーれ』でお馴染みの二人
    王道というかコッテコテなストーリーに超スピードアクション
    もっとアクションに振り切ってもいいぐらい魅力的だったのでちょっと勿体ない

  • 3.2

    牧さん2021/12/02 20:55

    強いジャルジャルっぽい主人公。

    練乳フレンチトーストはうまそう。

    本作にもっと予算をかけて作られたアクションを観てみたい。

  • 3.0

    ポリポリさん2021/11/21 17:57

    少しは喋れよっていう話

    ストーリーもキャラもよくある感じなので、もっと癖強いことしてほしかった

    遺体片付けおじさんも、仕事人ぽいのに練乳フレンチトースト汚く食べるとか、タカさんも記憶力良いのに資料に書いてある文字と違うこと言ってたりと、詰めが甘い

    バトルシーンが売り?なのかもしれないけど、確かにかっこいいんだけど、動作が早い上に場所が暗いからイマイチ何やってるかわからないことが多かった
    ここぞというところはスローにするとかしてくれたらなぁ

    激しいバトルを繰り広げてる2人が呼吸も乱れず、一言も発しないのはターミネーターすぎて逆に違和感
    逆にダサい

    べいワル効果で観たものの、まずはべいワルを観なければという気持ちだけが残った

  • 3.4

    つるみんさん2021/11/20 23:15

    【裏の裏は表だってこと】

    数々のアクションコーディネーターをし、最近だと『ベイビーわるきゅーれ』のアクション監督を務めた園村監督の処女作。

    日本のアクションがチープに見えるのは、だいたい効果音とカメラワークが弱いからであって、決して役者の力量が原因ではないということは分かった。
    邦画としてここまでアクションに力を注いだ作品も少なく、お世辞抜きで〝本格的〟と言葉を付け加えられるアクション映画となっていたのは間違いない。
    ただ、アクションが速いからなのか分からないが、ハッキリと動きが見えなかったのが残念なところ。一言で言ってしまえば、見にくい。

    まあそれでも園村監督のような方にこそ、莫大な製作費を自由に使って欲しいなと。

    田口トモロヲは毛利蘭。

  • 3.7

    hoshikazukanjoさん2021/10/17 18:35

    『ベイビーわるきゅーれ』でアクション監督を務めた園村健介の監督作品。『ベイビー〜』でも俊敏なアクションに驚かされた三元雅芸が本作ではメインキャラクターとして人をぶち殺しまくる()

    屈強な輩に狙われた女の子を守ってあげる話(雑概要)で、特にプロットや撮影にひねりがあるわけではないけど、スタントできる役者とその専門の監督によるアクションシーンは見応えある。
    でもやっぱりそれを最大限に活かせる監督が必要だと思いましたね…

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    リンクがクリップボードにコピーされました
    戻る