お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

火線地帯

G

凶銃コルト45!ガン・ラインに炸裂する肉と鉄の闘い!

K市では、歓楽街の縄張りを争って重宗商事と梶川組が対立しあっていた。伸一と健次は、重宗商事のシマである競馬場でパクリ屋をやっていたが、重宗商事の子分に囲まれた時、正体不明の男に救われる。健次の妹・幸子は、面倒見のいい伸一の男らしさに心を惹かれていた。ある日、伸一の腕を買っている重宗は、幹部の小山と中本に、今夜の仕事で伸一を使うように命じる。伸一と健次は、小山にとあるビルに連れ出された。そのビルの一室では、拳銃の売買が行われていた・・・。

詳細情報

関連情報
脚本:石井輝男,武部弘道
音声言語
日本語
制作年
1961
制作国
日本
対応端末
公開開始日
2021-02-12 10:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

キャンセル

アクション邦画ランキング

火線地帯の評価・レビュー

2.9
観た人
68
観たい人
26
  • −−

    hummingbirdさん2021/08/01 10:26

    「地帯〈ライン〉」シリーズ第5作にして、最終作。

    監督は武部弘道に交代し、石井輝男は共同脚本で、この部分は石井輝男の案かな?というのがかなり分かる気がする。

    青春映画っぽく、みずみずしい雰囲気で、60後半〜70年代に多いタイプの内容かも?

    天知は謎の男の役で、クセのある陽性のキャラクターが楽しい。吉田輝男(角刈り)はイキのいい若者でかっこいい。

    ただ、「ライン」シリーズだと思うと、三原葉子はいつもの役柄が良いと、どうしても思ってしまう。

  • −−

    タナトス田中さん2021/08/01 10:26

    江ノ島!!
    イカす!!
    このシリーズの中で1番アクションシーンがいい。
    地帯シリーズのラストにふさわしいラスト。
    面白かった!!

  • 4.6

    KIN10G13Fさん2021/08/01 03:48

    地帯シリーズの最後に観たからか、吉田輝雄と天知茂のコンビで何か集大成感あった笑。
    比較的に人間関係がやけに複雑だけど、かなり面白かった、満足感ある。

  • 3.5

    土偶さん2021/07/26 17:38

    地帯シリーズマラソンもこれにて終わり。地帯ではベストというわけではなく、吉田輝雄の角刈りと八重歯が似つかわしくなく三原葉子も顔もさらにまんまるなんだけど、またまた出てきたダッコちゃんのTシャツがただただ可愛いい(今作っても売れるよ)。天地茂の笑顔が一番多かったりして。
    東京、横浜、川崎と高度成長期の変化していく街の風景とシリーズ通して主演したこの3人の若々しさ、そして都会的なモダンジャズが合わさった面白い連作だった。

    今回の音楽は真鍋理一郎。

  • 3.0

    セイミンx世民さん2021/07/26 14:54

    2021/07/26 アマプラ 2.0倍速 初見

    ・直前に観た「白線秘密地帯」よりはだいぶ良かった

    ※レビュー
    ・鑑賞 (日/方法/速度/同席/観数)
    ・オスカー (🏆受賞/🏅ノミネート)
    ※タグ
    ・①スコア②観年③方法④言語⑤倍速⑥同席⑦観数
    ・⑧作年⑨作国⑩スタッフ/担当⑪キャスト⑫オスカー
    ・(大きな丸○有/黒丸●無/▲不可⑤)

  • 2.7

    トシオ88さん2021/07/23 12:20

    本作が地帯シリーズ最終作!というかサムネイルの写真、『白線秘密地帯』のふっくら宇津井健じゃないすか!💢←このレビューを載せていただいた後、数日後、サムネイルが修正されていました!編集部さん仕事早い!😆修正ありがとうございました😊

    もはや地帯の説明もなく単なるヤクザとチンピラ、そして銃の密売人のお話し。ストーリーもなんだか湿っぽくてストーリーも小粒。もう地帯お腹いっぱいです。ごっつぁんです🍚

    黒づくめファッション🎩天知茂の軽妙な演技がいつもの深刻演技と違って新鮮だけど、主役の吉田輝雄の棒演技と角刈りがイマイチ。がしかし、ヴァンプ葉子のパパ役田崎潤だけは、この頃まだ新東宝所属だけど流石の貫禄です😆

    伴奏もイマイチなのに加えて、時々出てくるメタボな黒人歌手のブルース、やたら歌声がデカくて耳塞ぎたくなります😨
    監督も石井輝男じゃなくて、シリーズ掉尾を飾るには少し残念な内容でした🎬
    さらば〜地帯(ライン)シリーズ🥲

  • 2.0

    火の玉ジョニーさん2021/07/21 20:09

    これジャケ写が「白線秘密地帯」と一緒
    宇津井健でてないしなんならジャケ写ないほうがマシ…
    だって出演してない人が映ってたらいかんでしょ!!
    *フィルマさんに修正してもらいカッコいいジャケになりました

    さて新東宝ラインシリーズ
    これはちょっと作風違うな!!と思ったら監督が違う

    もう…ラインシリーズの小洒落た感じがまったくなくてやけにシリアスなワルの若者路線
    別に日活映画でも良くない?

    角刈り吉田輝雄と三原葉子さんのコンビにいつもの軽さがない
    三原葉子さんがコミカルに危機脱出することがないし最後はメロドラマ

    始めのほうの江ノ島ドライブで感じたなんか意味不明の多幸感が持続して欲しかったな

    この作品はむしろ吉田輝雄と天知茂のバディもの
    天知茂さんがちょっとくだけた役なのが面白い
    なんかここは新鮮!!

    あとは田崎潤さん
    東宝特撮ものの重鎮かと思ってたらこんな作品に出てたんだ

    吉田輝雄さん演じる主人公を好きな女のコ「あたい」って(笑)
    あたい…が普通の時代だったの?
    サスガに自分も知らんわ

    かなりハズしちゃった作品かもね

  • 2.9

    ふとまきさん2021/06/13 18:30

    ラインシリーズ最終話.売春組織の話じゃなくなり,ヤクザのシマ争いの話でした.コミカルな天知茂,したたかな成瀬昌彦,親分田崎潤,ここにきて準主役級の鳴門洋二が良かった.ラインシリーズは女優さんのインパクトが弱かったです.瀬戸麗子さんをもっと押し出してくれれば良かったのに.

  • 2.9

    カオリさん2021/03/16 21:17

    ラインシリーズ第5作目
    石井輝男監督ではないラインシリーズ最終作品

    石井輝男監督だからっていう理由で見始めたシリーズだったので、こちらは少し放置してからの鑑賞。

    出演俳優は相変わらずながらも、もはや同シリーズとは思えない設定に。

    しかし、シリーズ観てきた人なら気づくはずの、三原葉子がダッコちゃんトレーナーを着て踊る姿が見れたり。
    天知茂の使い方は良かったなぁ「よ!でました!」感がたまらない。このシリーズみてめっきりファンになってしまいました。

  • 2.9

    cometさん2021/03/09 01:41

    「地帯(ライン)」シリーズ第5弾、しかし石井輝男は脚本のみ。展開がぼんやりしていて全体的に締まらない。角刈りの吉田輝雄に違和感。天知茂は軽やかだが それだけ。三原葉子は終盤に近づくにつれどんどんウェットになり、持ち前の明るい魅力に欠ける。キャバレー「ファンタジア」のレビューシーンには黒人ボーカルが登場。映画館を含む繁華街のロケ地は横浜か、競馬場も出てくるので川崎かもしれない。とてもいい感じ。犬シリーズも地帯シリーズも見終わったので次は何を観ようか。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    リンクがクリップボードにコピーされました