お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

2067

G
  • 字幕

407年後の未来から受信した謎のメッセージ。<時空>を超えて<現在>を変えろ!「X-MEN」シリーズ製作チームが放つSFアドベンチャー!

2067年。地球の酸素が急激に減少し、動植物などが死に、謎のウィルスが蔓延。人類は危機的な状態に陥っていた。屋外では人工酸素マスクを通した呼吸しかできず、人工酸素を供給するクロニコープ社が世界を支配していた。先端科学研究所を持つクロニコープ社は、ある日、407年後の未来からあるメッセージを受信する。それは「イーサンを未来に送れ」という内容だった。
イーサンはクロニコープ社からの命を受け、またウイルスに侵された妻の命を救うため、407年後の未来へタイムトラベルする。407年後の地球は、文明が崩壊し、緑に覆いつくされ、人類のいない変わり果てた世界だった。イーサンは研究所跡で407年間で地球に起きた過去を調べ、未来に派遣された真の目的とその裏に隠された巨大な陰謀を知る・・・

詳細情報

原題
2067
関連情報
プロデューサー:ジェイソン・テイラー 製作会社:Arcadia
音声言語
英語
字幕言語
日本語
制作年
2020
制作国
オーストラリア
対応端末
公開開始日
2021-02-26 10:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
440
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
550
ご注文手続きへ

購入

標準画質(SD)
2,200
ご注文手続きへ
高画質(HD)
2,750
ご注文手続きへ

キャンセル

SF・超常現象洋画ランキング

2067の評価・レビュー

2.7
観た人
291
観たい人
160
  • 2.9

    しょーさん2022/01/16 13:25

    設定は良かった!
    分かりやすいようで分かりにくいタイムトラベルストーリー!笑
    伏線とか結構しっかり回収はしてるんだけど、ジュードのキャラのおかげでよりこじれるのが微妙!
    長い割には各キャラの背景感が無い!
    その為、結構感動シーンはあるんだけど感情移入出来ない!
    パパ役の人の演技が良かった!

  • 1.5

    イチロー51さん2022/01/16 02:46

    西暦2067年。地球の酸素量が急激に減少し、動物や植物が死に絶え、世界各地で人類の環境破壊により自然災害が発生。
    更に謎のウイルスが蔓延したことにより、人類も絶滅の危機に陥っていました。

    妻を救うために未来にいる協力者に会い、治療薬を持って帰ると言うタイムリープ系アドベンチャー作品です。

    出演はコディ・スミット=マクフィー、ライアン・クワンテン、リアンナ・ウォルスマン、アーロン・グレナン、デボラ・メイルマンほか。

    X-MENのスタッフが作っているとのことだったので期待しましたが、残念な作品です。
    そして、俳優陣に華がなく、盛り上がる訳でもない。
    テーマは良いのですが、特に斬新な脚本や演出も無く、設定が雑過ぎるC級作品でした。

    #1310

  • 3.2

    wifinさん2022/01/04 01:25

    地球は滅びかけ、酸素がなくなり人類は死にかけている。
    未来に行って人工酸素の弊害である病気の治療薬を持って帰るミッションを言い渡されるUKロックのボーカルにいそうな優男。
    脚本は嫌いじゃない、もっとお金かけれれば…そして、腕輪の設定はいろいろおかしいよ。

  • 2.0

    ブルースターさん2021/12/23 15:21

    WOWOW.

    人類が滅亡寸前の2067年。主人公の青年が未来からのメッセージに従いタイムマシンに乗り人類のいない変わり果てた世界から治療薬を持ち帰るミッションに挑むSFアドベンチャー。
    酸素量が減り国連が解散した未来設定は良かったが、ツッコミどころが気になって世界観に入り込めなかった。
    感動するようなサントラ使っていたけど、どの部分で感動していいのか謎でした。

  • 1.5

    こころとからださん2021/11/21 19:16

    なんてつまらなさだ。

    こんなにも退屈な映画が未だにつくられていることに驚きを禁じ得ない。

    小学生が書いたシナリオ。やはりSF映画だけは監督と俳優、才能と予算、ハリウッドでなければ良いものはできない。

    ただ、こんなクソみたいな作品を最後までしっかりと見た自分は、この先、またどんなつまらない作品に出会おうが見きれるんじゃないかという自信も生まれた。

    いい作品から得るものもあれば、クソ作品から得るものもある。いや、クソ作品からしか得られないものがあるというべきか。何事も糧に変えていこう、という前向きな姿勢が大切だ。

  • 3.5

    8467さん2021/11/02 02:17

    こういう未来系とか大好きだしタイトルに惹かれて見てみたけど評価低くて大丈夫かな〜と見てみたけど私は好き!

    所々謎な所あったけど伏線回収しっかりしてくれててよかった
    だけど1つ気になったのは
    腕に付けられたお父さんからもらった装置の
    赤と緑の意味とかがよく理解できなかった

    最後の方は全てが一致してなるほどね〜!ってスッキリしたし地球大切に🌏って思った😆

  • 3.8

    リオっちさん2021/10/16 05:35


    【全ては目に見えないものによって
    繋がっている】

    「X-MEN」シリーズ制作チームが放つ
    2020年製作のオーストラリアのSFアドベンチャー映画。

    記録的熱波、大洪水、森林消滅、
    地球で最後の木が伐採された
    2067年。

    全世界で酸素が急激に減少し、
    謎のウイルスが蔓延したせいで
    荒廃した地球。

    ウイルスに感染し冒された
    最愛の妻を救うため、
    未来へ旅に出た男の姿とは・・・・。


    ▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️


    目の前の大切な人を救うために
    戻れないかもしれない未来から
    愛する人に(何かを)送れるなら?


    ▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️


    2067年。地球の酸素が急激に減少し、動植物などが死に、謎のウィルスが蔓延。人類は危機的な状態に陥っていた。

    屋外では人工酸素マスクを通した呼吸しかできず、人工酸素を供給するクロニコープ社が世界を支配していた。

    先端科学研究所を持つクロニコープ社は、ある日、407年後の未来からあるメッセージを受信する。それは「イーサンを未来に送れ」という内容だった。

    イーサンはクロニコープ社からの命を受け、またウイルスに侵された妻の命を救うため、407年後の未来へタイムトラベルする。407年後の地球は、文明が崩壊し、緑に覆いつくされ、人類のいない変わり果てた世界だった。

    イーサンは研究所跡で407年間で地球に起きた過去を調べ、未来に派遣された真の目的とその裏に隠された巨大な陰謀を知る・・・

    ▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️

    賛否両論ある映画だと感じました。

    観ていて自分が過去に
    (死んでいてもおかしくなかった)
    出来事を思い出した。

    きっと普通ならあの時、
    死んでいたはずなのに

    生きている今を感じた。

    もしかしたら・・・

    本当は・・・

    時間は過去から未来へ流れるのではなく

    先に(完成された未来)があって

    人間がコントロールできない
    「時間」というものの中で
    生きているのかも知れないと
    思い出した。

    友人にアイヌ民族の人がいる

    彼女が教えてくれたのは
    アイヌでは川から海へ流れるのではなく

    【「海から川へと流れる」という
    教えがあるんだよ。】

    と、話してくれたことを
    思い出した。

    【全ては宇宙の構造の目に見えないものでよって繋がっている】


    映画は時として預言者であり
    映画はメッセンジャーだ◎

    ▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️▪️

  • 3.5

    菜の花さん2021/10/05 20:46

    酸素の減少で人類が滅亡しそうな2067年。
    主人公の青年は、人類を救う為に400年後の未来へタイムスリップする。
    タイムスリップした先で知る出来事なんかは興味深いし、ラストの展開も割と良くできていて面白かったです。
    そもそも未来の話なんで、タイムスリップとかいろいろ簡単にできちゃうのも許せます笑

  • 2.8

    風来坊さん2021/10/02 22:34

    酸素の減少と疫病の流行で人類が滅亡危機となった2067年。青年イーサンは、未来から送られた不思議なメッセージを頼りに時間を超える。果たして人類の危機を救えるのか。オーストラリア製のSFタイムトラベル。

    私の好きなアクション映画「トンビルオ 密林覇王伝説」のセス・ラーニー監督なのでスゴく期待してましたが前監督作とは随分と雰囲気を変えた作品。まだ2作しか撮ってませんが、前作はマレーシア映画で今作はオーストラリア映画と国際的な監督さんですね。

    作業員の青年がいきなりタイムトラベルに巻き込まれるという感じ面白い。父が残した謎の手枷の謎も物語を印象付ける。
    ただ…時を超えるという大問題なのに戸惑うのは主人公だけで、他の人は仕切りに勧めるのが外堀を埋める感じで強引。
    1人ぐらいは「そんなの止めておけ」という人はいると思うのだけど(笑)

    音楽の使い方や感じとそして密林は「トンビルオ」を感じます。この監督さんはやっぱり環境問題を自身の作る話の軸にしていると思います。
    1人しか送るのがやっとと言っていたのに、何でお前来たん?で大体の話の道筋が予想ついてしまい結局その予想通りになる…。

    問答の繰り返しというか前置きが長くてちょっとツラい…。しかし、ある程度しか理解してませんが、終着点は切なくて余韻もあってまあまあ素敵でした。
    荒廃した世界の虚無感の美しさと、終着点の美しさの対比が見事だったと思う。あの胡散臭いババアの存在感も良いアクセントでした。

    ほぼほぼ2人しかメインに出て来ない低予算のSFスリラーですが、なかなか工夫されていました。
    タイムトラベル物の宿命で何が何だかの分かりにくさはあるので、色々と考察出来て理解力が優れた人向けの作品かなと思います。

    まとめの一言
    「変える事と変えない事」

  • 2.5

    quince68さん2021/09/30 10:46

    設定と世界観がすごく好み
    人工酸素が必要になり、酸素が通貨にも
    本物かどうかわからない高級酸素を売る商売
    酸素マスクをオリジナルにアートするのは、コロナ禍でマスクをファッションの一部として取り入れてる今のよう
    2067年と400年後のディストピアな世界観から
    最後のシーンのメタボリック建築みたいに生まれ変わった400年後のユートピア

    設定は好きなんだけどなー

    お父さん情報
    兄貴分のこと
    星と宇宙と時空
    タイムトラベルと空間の物理的な繋がり
    もう少しね読み解きたい

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    リンクがクリップボードにコピーされました