お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

スパイの妻

G

煌々と燃え盛る炎が二人へ迫り寄り、「時代の嵐が、二人の運命を変えていく——。」

1940年、第二次世界大戦前夜の神戸。 時代の不穏な空気を感じ取っていた貿易商・福原優作(高橋一生)は、妻・聡子(蒼井優)を残し、甥である竹下文雄(坂東龍汰)と共に満洲に赴く。 優作は偶然そこで目にした非道な行いを世界に知らしめなければならないと心に決め、行動に移そうとする。その頃、聡子は幼馴染である憲兵・津森泰治(東出昌大)に呼び出され、優作が満州から連れ帰ったという女の死を告げられる。嫉妬に駆られた聡子は優作を問い詰めるも、やがてその意志を知り、彼の身の安全と二人の幸せのために驚くべき行動に出る。幸福で平穏な日常が戦争という時代の波に翻弄される中、果たして、聡子と優作がたどり着く運命とは?鬼才・黒沢清が描き出す、究極のラブ・サスペンス!

詳細情報

字幕言語
日本語
制作年
2020
制作国
日本
対応端末
公開開始日
2021-03-03 10:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

レンタル(3日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
440
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
550
ご注文手続きへ

購入

アプリでDL可
標準画質(SD)
2,200
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
2,750
ご注文手続きへ

キャンセル

サスペンス・ミステリー邦画ランキング

スパイの妻の評価・レビュー

3.7
観た人
12521
観たい人
27376
  • 3.8

    birdyさん2021/12/06 00:25

    昔の女優喋りはすごくおもしろかった
    これに挑戦して違和感なく
    むしろこの作品に奥行きみたいなものを生み出せる蒼井優はさすがのポテンシャルですね
    ゆりあんがやってたのも初めて知りました
    最後の20分くらいはあまり好きではなかったですがそこまでは黒澤清の映像感と濱口さんのひとのわからなさをサスペンスまでもっていく語り口に夢中で観てました

  • 4.0

    Hitomiさん2021/12/04 21:25

    スパイの妻に適任な蒼井優。
    めちゃくちゃかっこよかったです。
    もうスパイなんて当時よりも遠い世界なんだろうけど、つい想像しちゃう。
    スパイの妻だったら、どう行動する?
    それにしても作中のスパイの妻はキレてて、女として強さを感じました。

  • −−

    まいごいぬさん2021/12/03 19:28

    黒沢清監督。
    1937年の日本で正義に奮闘する夫婦を描く。

    今の数少ない日本の巨匠、黒沢清といえば個人的には『学校の怪談』の花子さんの話。虚構と現実の配分が天才的に上手い監督。

    黒沢清監督にしては珍しい、政治スパイ・サスペンスな今作はまさに虚構が現実を覆っていくような作品になっている。

    特筆するのが蒼井優演じる、聡子。高橋一生演じる優作のスパイ活動に勘付き、安全を取ろうとする前半の彼女は、まさに守られる存在としての前衛的な日本女性役。しかし、途中から打って変わって主人公になっていく。まるで、”スパイ映画”という虚構が現実になるように。この展開部分が最高。

    映画内映画というメタフィクションを前半にいくつも配置したり、聡子がそれに出演していたりと、虚構と現実をぐちゃぐちゃにかき混ぜたような映画。さらには、戦争下というまさに虚構に1番近い混乱の時代が舞台なのも狙っているとしか思えない。

    劇中に1937年公開の山中貞雄監督『河内山宗俊』を夫婦で見るシーンがある。無理矢理感(1940年が舞台なので)はあるが、『河内山宗俊』といえばすれ違い劇の傑作でスパイ映画としての要素もあるのでクスッとした。

    前半のあっさりすぎるだろ!と思うくらいのNHK映像が突如黒沢清のホラー演出に侵略されていくのがほんと面白かった。ラストを文字だけで語り、夫婦の虚構の物語の行く末を観客側に委ね余韻を残すのもとても良い。

    蒼井優は今間違いなく日本一の女優なのを実感できる映画でもある。そして東出昌大の無機質な恐ろしさと黒沢清の演出のマッチ具合は凄まじい。高橋一生の二枚目な感じも虚構をテーマにしている映画にふさわしい。

    濱口竜介が脚本に参加しているのがあまりにも分かりすぎる黒沢清の傑作だった。

  • 5.0

    86さん2021/12/03 00:28

    もうただただこの一言、
    おみごとォ!!!!!!!!

    こんな完成度の高い映画
    なかなか出会わない…

    ストーリーがみたくて、
    音楽が聴きたくて、
    雰囲気を味わいたくて、
    役者陣の演技がみたくて、
    いろんな理由で何度でもみれる作品でした。

    いい感じにゾゾっとできるのもいい。

    おすすめの映画なに?って聞かれて
    これをおすすめするの、
    ちょっと自分に酔うよね〜笑

    悪い芝居の中西柚貴ちゃん
    出てるの知ってたけど、
    あんなガッツリセリフある役だと
    思ってなかったからびっくりした!
    柚貴ちゃんすごい!👏

  • 3.5

    テツさん2021/12/01 11:57

    TVドラマみたいなチープ感の映像だけど、ストーリーは面白かった‼️

    夫婦間の騙し合いが良かったな。
    「お見事」のシーンは最高‼️

    正しい事なのに、何かとやれ非国民と揶揄された悲しい時代。

    祖父が憲兵だったので、子供の頃は色んな話を教えてくれたよ。

    戦争で人生がみんな変わってしまった。。。


  • 3.3

    hyggeさん2021/11/27 03:52

    1940年の満州。
    恐ろしい国家機密を偶然知ってしまった優作は正義のためにその顛末を世に知らしめようとする。
    夫が反逆者と疑われる中、妻の聡子はスパイの妻と罵られようとも愛する夫を信じて共に生きることを心に誓う。
    そんな2人の運命を太平洋戦争開戦間近の日本という時代の大きな荒波が飲み込んでいく。

  • 2.5

    北斗星281さん2021/11/25 18:37


    戦争映画として胸に迫ってくるものが残念ながらない。





    全編セット。ロケなし。
    どうにも安っぽい。
    2時間ドラマで十分ではないですかネ?映画化する必要あった?おっーと失礼。。






    高橋一生の満洲で見たという人体実験や、証拠品のフィルム、ノートも何か茫漠としていて作品全体が弱い。
    戦時中の人体実験は誰もが知っている。




    夫婦の絆物語として観てもあまりグッとくるシーンがない。
    人間としてどうすべきかという苦悩や、夫婦が夫婦ではなく『同士』として何を最優先にすべきか、細やかなこころの機微や過程がハショラレてるからか?







    蒼井優主演の作品はいつも期待してしまうが、どうも演技過剰過ぎて惹き込まれる前にわたしが引いてしまう。

    蒼井優が段々、大竹しのぶとかジュリエット・ビノシュに見えてきたのはワタシだけか?
    (まぁ個人の感想です)。





    高橋一生はなかなか伊達男ぶりが板に付いていた。多少大仰だったけど。




    賞獲りましたね。外国人はこんな感じの日本映画が好みなのか〜。




















  • 3.6

    Nさん2021/11/24 16:05

    ヴェネツィアで銀獅子賞とありfilmarksでも評価高めだったり、名作と色んな所で聞いていたので期待していたが、個人的には合わない映画だったなという印象。

    時代設定が戦時中なのでこれは仕方ない部分はあるものの、登場人物の癖強めな演技からHNKのセット舞台まで全てが作り物感に溢れて終始物語の世界観に没入することができなかった。どちらかというと映画というよりドラマのような感じがしていたかも。

    序盤で満州での恐ろしい事実を目にした勇作は自身が地球市民であるという思想から陰謀の告発に挑むが、対する妻の聡子は祖国の日本と自分達家族を優先するがゆえに夫の告発を止めようとする。このシーンでは勇作が職業柄なのか広い世界を見ている人なのに対して、聡子はそうではなくもっとちいさな世界で自分の身の回りにあるものを大事にしている人物だというのをかなり明確に描いていたのは見事だと思った。
    そのため、聡子が勇作と共に告発に踏み切ったのは勇作のように広い視点で見るようになったというよりも、夫の姿勢を応援したいという自分達が何よりも大切だからこそそうした自分達の行動を信じるという考えからなのかなと思った。

  • −−

    るちさん2021/11/23 17:28

    酔って誘う高橋一生さん演技といえどどエロくて、信頼関係と顔が良いからグッとくるくさい台詞のオンパレード〜

  • 3.6

    栗田真帆さん2021/11/23 00:29

    黒沢監督の "作る側の歴史に対する良識が隅々に渡って問われる" という言葉を拝見し、鑑賞した本作。題材自体は興味深いけれど、どうしてか肌に合わず…

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    リンクがクリップボードにコピーされました
    戻る