お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

源氏物語 千年の謎

G

紫式部は、その物語に、何を封じ込めたのか-遥かなる時を越え、今、「源氏物語」誕生の秘密が解き明かされる

舞台は絢爛豪華なる光とは裏腹に魑魅魍魎が蠢く闇の平安時代。御堂関白、藤原道長はその栄華をさらに永遠のものとするため、一条天皇に嫁いだ娘・彰子に帝の血を引く子を宿すべく、一人の女性に命を下した。「捕らえるのだ、帝のお心を。そなたの書く物語の力で、わが娘、彰子の元に一時でも長く帝を留め置くのだ。それが出来るのはそなたしかおらぬ!」道長を見つめるその女性こそ紫式部であった。その日から式部の手にした筆は生き物のように紙の上を躍りはじめる。 道長への思いを深く心に秘めながら。 式部の紡ぎはじめた物語・・・今上帝(きんじょうてい)に溺愛され帝の子を身ごもった桐壺更衣(きりつぼのこうい)。帝の第一后・弘徽殿女御(こきでんのにょうご)は彼女に深く嫉妬し、その“念”で桐壺更衣を亡き者とした。しかし、彼女の子は無事にうぶ声を上げ、光源氏と名づけられ、桐壺更衣と瓜二つの美貌をもつ藤壺中宮(ふじつぼのちゅうぐう)に大切に育てられた。やがて光は宮中の女性すべての心を奪うほどの絶世の美男に成長する。養母・藤壺への深い愛を抱きながら、艶やかな大人の色香を放つ六条御息所(ろくじょうのみやすどころ)、はかなげで、つつましやかに光を包む夕顔、そして正妻・葵の上(あおいのうえ)との交わりの中でやがて光源氏は女の心の奥深いところに棲む嫉妬という名の魔物に追い詰められはじめる・・・。

詳細情報

関連情報
製作総指揮:角川歴彦 原作:高山由紀子「源氏物語 千年の謎」(角川文庫)  音楽:住友紀人
音声言語
日本語
制作年
2011
制作国
日本
対応端末
公開開始日
2021-03-19 10:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入220円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
220
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
330
ご注文手続きへ

キャンセル

ラブストーリー・恋愛・ロマンス邦画ランキング

源氏物語 千年の謎の評価・レビュー

2.6
観た人
5683
観たい人
1039
  • −−

    おむちゃんさん2021/06/04 10:45

    原作の名シーンはかなり飛ばされてるけど、色気メインで大人女子が楽しめる話として見るべき。
    国語の授業で見させられたのが鮮明に覚えてます。。

  • 3.0

    nnkさん2021/05/28 11:36

    最近寝る前に「平安の春。桜吹雪の散る河原の辺りで。」というASMRものを聴いているもので、なんとなく平安時代に突然興味を持ち、平安時代と言えば源氏物語!と思って鑑賞しました。

    もともとレトロな建物が好きだったり、昭和にタイムスリップしてみたいと思っている私ですが、よくよく考えると平安時代も好き。
    平安時代の暮らし方、建物、服装など、古典の授業は嫌いやったけど、興味はあったからもっとちゃんと勉強すれば良かったな。


    映画の感想ですが、とにかくお金がかかってそう。(まずそれ?)
    キャストも豪華だし、衣装も映像も美しい。
    特に彰子の子どもが生まれた後の宴?のシーンは美しすぎてずっと見てられる。

    ストーリーは紫式部編と源氏物語編が交互に展開されるので、相関図片手に見ないとちょっとややこしいかも。
    正直、紫式部編は最初と最後だけで良いかな、もっと源氏物語編深く描いて欲しかった。
    蘇る古典の授業の記憶…と思いながら見てました。笑

    やっぱりこの時代の文化はまじで意味わからんし理解できひんけど、1000年後、私らの時代のこともこんな目で見られるんだろうな。
    光源氏は容姿端麗なだけではなく、きっと言葉巧みに女性を口説ける人だったからこんなにもおモテになられたんでしょうね。
    父と女の趣味が同じが故に、義理の母を好きになるのはちょっと気持ち悪すぎるけど。
    まあ何はともあれ、一応全て架空のお話なので割り切ってみた方が楽しめるはず。

    もっと平安時代のこと勉強したいな。
    安倍晴明謎すぎたから陰陽師見てみよう。

    2021年 9本目

  • −−

    marikoさん2021/05/12 13:33

    光源氏の物語を見るといつも、なんてやつだこいつは!だからその行動がダメなんじゃん〜とかもうそういう感想しか出てこない😂

    ただ、生田斗真の平安貴族の青年姿は眼福であった🙏

  • −−

    mahiroさん2021/03/31 00:00

    久しぶりの鑑賞

    原作も読んだけど
    結局何言いたいのかいつもよくわからない

    キャストは豪華なので好き

  • 2.5

    maaa2335さん2021/03/25 00:01

    豪華キャスト
    役者さんみんな素晴らしい演技と目の保養になった。
    けども、途中×1.25倍で観てしまった…
    なんかちょっと思ってたのと違った。

  • 3.5

    さりーさん2021/03/13 20:27

    源氏物語本編と紫式部の物語が交互に展開。括り的にはどちらも同じ平安時代が舞台なので、源氏物語のあらすじを知らないと話が混ざってしまいそう…。
    原作未読なので、原作を読んでいたらまた感じ方は変わったかな。

    あと藤壺と光源氏のくだりはもうちょっと深く描いて欲しかった…!笑
    六条御息所も後半ただの生霊扱いになってたのもちょっと可哀想でした笑

    葵の上の多部ちゃん、めっちゃ可愛くて推せた。

  • 3.6

    7さん2021/03/11 02:55

    紫式部と藤原道長との関係性を重ねて源氏物語を執筆していたんだね。
    学んだことは、不倫はダメ絶対。ただ母親の愛を知らずに育てられた光源氏の気持ちとかも分かるから複雑。御息所の生き霊のシーンはちょっとホラー気味で怖かった。
    ものすごく久しぶりに日本の時代物見ました。

  • 3.6

    ピエール柿さん2021/03/09 16:10

    中谷美紀が美しく強く業の深い女性を演じ出てよかった。女性キャラクターの女優が何人かハマってなかったかな。

  • 2.9

    inotomoさん2021/02/06 10:31

    「源氏物語」といえば、大和和紀の「あさきゆめみし」で、幼い頃から慣れ親しんでいたから、その印象が強いのだけど、各キャラクターとキャストのイメージはまあまあ。若紫が出てくる、その後の展開も見てみたかった。
    紫式部が、「源氏物語」を執筆する現実と、物語の中の出来事が交互に語られる構成なんだけど、その現実の部分のドラマがつまらなくて興醒め。安倍晴明というキャラクターを通して、現実と物語を一緒にさせたり、六条の御息所と紫式部のキャラクターを重ねるあたりは、なかなか面白いのだけど、物足りなさはあり。原作は小説らしいから、きっと原作はしっかりしてるのだろうと思う。

    かなり前の作品だから、今が旬の俳優達で、また「源氏物語」を演じてみて欲しい気がする。吉沢亮あたりどうかな。

  • −−

    kitella82さん2021/01/26 14:42

    美男美女!顔が綺麗!!
    教養がないから細かいことはわからない。
    セリフにあった気がするけど、光源氏の弱さ故の拗れ具合だなーと思った。でも弱いからこその優しさもある、、(とか思いはじめるとメンヘラ化とする) 上手に母性本能くすぐるね、それが光源氏の魅力なのかな。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す