お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

人間失格

G

堕ちていくほど、美しい。太宰治の代表作にして最高傑作が発表から半世紀を超え、完全映画化!

主人公は、幼少期より自意識にまみれ、世間とうまくなじめない青年・葉蔵。不安や迷いを抱えながら彷徨う彼が向かうのは、いつも酒であり、そして悪友と女だった。刹那的な生活に彼を誘う友人、堀木。彼との付き合いのなかで、下宿先の娘、カフェのウェイトレス、シングルマザーの女性記者、そしてタバコ屋の純真な娘との結婚…。さまざまな女たちとの恋に身を投じながら、葉蔵がたどり着く先には、一体何があるのか――?

詳細情報

関連情報
製作総指揮:角川歴彦 原作:太宰治「人間失格」(角川文庫) 撮影:浜田毅
音声言語
日本語
制作年
2010
制作国
日本
対応端末
公開開始日
2021-03-19 10:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入220円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
220
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
330
ご注文手続きへ

キャンセル

ドラマ邦画ランキング

人間失格の評価・レビュー

2.9
観た人
5838
観たい人
1918
  • 3.0

    ポカリさん2021/06/15 21:58

    ニナミカ版やアニメ版と比べてかなり正統派に近い人間失格だった気がする。

    「死に損ないの麻薬中毒が偉そうに!これでお前はお仕舞いだな」、っ台詞、いせやんが言ってるの聞くと苦々しい気持ちになるわ…。『寝ても覚めても』然り、大スキャンダル起こした人が出てると、そこに気を取られて物語に没入しにくくなるねえ…。

  • 2.4

    Pewterspoonさん2021/06/05 21:24

    (2010年3月24日)
    云わずと知れた太宰治文学の金字塔の映画版。

    原作を読んでいないこともあり,ストーリーがよくわからなかった。
    原作は当然読んでいて,ストーリーは頭に入っているんだろ,というようなある種の傲慢さすら感じられた。

    ただ,映像は良くも悪くも原作が醸し出す質感を体現していたように思えた。原作を読んで破滅的な美しさを感じた映像に美しさを見出すだろうし,原作を読んでグロテスクさを感じた人はグロテスクな印象を抱くだろう。

    結局,この作品は映画というよりも文芸作品の忠実なイメージビデオのようだ。

  • −−

    仮COOKsangさん2021/06/02 09:33

    冒頭の『生まれて、すみません』は、太宰の言葉ではないのだそう。意図せず盗用してしまったのだとか。
    ネットで読んだから、本当かは謎です。

    この人は夢の中で生きてきたんじゃないか、と思いました。
    フワフワして、生きてる実感が無かったんじゃないかと。
    文字とは印象が違うけど、こちらも良かったです。

  • 3.0

    nさん2021/05/28 23:51

    伊勢谷友介が見たくって
    髪型好き。
    小栗旬の方はもう見てますが こっちはこっちで生田斗真の壊れていく感じが良かった
    石原さとみ可愛いかったし、寺島しのぶは極道の妻のイメージだったので新鮮でした

  • 3.5

    ももさん2021/05/20 22:09

    生田斗真の演技は良かった。薬でおかしくなってしまったとことか、そんな気はなくても女にモテてしまう雰囲気とか出せていたと思う。
    個人的に演出がいろいろと好きではない部分が多くて、全体的に見るとイマイチって感想。

    小説と比較するのは違うと分かっているけれど、やっぱり映像で表現するには限界があるなと感じた。映画だと葉蔵の心の中が見えなかった。

  • 3.0

    ゆかちんさん2021/05/19 14:40

    話の展開が早くて要所要所のまとめって感じがした。パッと見何が何だか分からない気もする。この作品を2時間に収めるのは無理あるよなと思った。

    生田斗真の死んだように生きている演技が良きだった。最期もっとボロボロになっていくかと思ったけどずっとイケメンのままだった

  • 2.9

    じっちゃんさん2021/05/17 22:36

    後半スピード感が出てからは、なかなか見応えあります。

    もっとジメジメした湿気を感じるような空気感が欲しかった。
    全体的にちょっと洒落すぎてるのか。

    ラストに向けて、どんどん加速して、三田佳子の迫力。

    なかなかです。

  • −−

    miiさん2021/04/20 19:36

    難しかった。

    生涯を列車に纏めてることだけわかったけど、生き様も行き末もあまり理解出来るものではなかった。

  • 2.6

    としさん2021/04/20 17:28

    まず、大庭の苦悩は何なのか全く描いていなかったので感情も入らない。 苦悩がわからないならわからないでいいんだけどわからないけど漠然と苦悩をしていることすら描いていない。 映像や間がいいんだけどそのせいで薄っぺらい物語になっている。 女性は重要なファクターだろうにラブシーンが一切ないのも上っ面しか描いていないという感想につながっている。 それと主演もいけない。金持ちのボンボンで世間知らずな印象はあるものの陰の部分がいっさいない。 脇を固める役者はよかっただけにとても残念。 ラストのキャスト総動員はなに? 確実にいらない演出。 荒戸源次郎監督は「赤目四十八瀧心中未遂」が結構よかったのに今作は非常に残念だ。

  • 3.5

    Tokunagaさん2021/04/18 09:24

    金の切れ目は縁の切れ目じゃないんだよ
    金がなくなるから縁を切るんだよ

    って、それも一理あるなあ
    離婚の原因の第二位 おそらくコレ

    描写が意外と良いかも(しっとり感)
    伊勢谷の演技力がいい

    なぜこんなに評価低い?

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す