お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

ビルとテッドの時空旅行 音楽で世界を救え!

G
  • 吹替
  • 字幕

2020年、全人類に<笑顔と感動>を。最高にハッピーなコンビが帰ってきた!

「ビルとテッドの音楽が将来、世界を救う」と予言されていた伝説のロックバンド“ワイルド・スタリオンズ”。30年待ち続けだが、人気も落ち込み、今や応援してくれるのは家族だけ。そんな2人のもとに未来の使者が伝えにきたことは、残された時間が77分25秒という衝撃の事実。一秒でも早く曲を完成させないと、世界は消滅してしまう。どうなる地球、どうなるビルとテッド!果たして、この世界を<音楽>で救うことはできるのだろうか?!

詳細情報

原題
Bill & Ted Face the Music
関連情報
プロデューサー:スティーブン・ソダーバーグ 制作会社:オライオン・ピクチャーズ
音声言語
英語or日本語吹替
字幕言語
日本語
制作年
2020
制作国
アメリカ
対応端末
公開開始日
2021-03-10 10:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入1,100円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
高画質(HD)
1,100
ご注文手続きへ

購入(期限なし)

アプリでDL可
標準画質(SD)
2,200
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
2,750
ご注文手続きへ

キャンセル

SF・超常現象洋画ランキング

ビルとテッドの時空旅行 音楽で世界を救え!の評価・レビュー

3.7
観た人
1995
観たい人
7416
  • 3.0

    旅するランナーさん2021/04/09 17:15

    【ロックでもない】

    「ビルとテッド」シリーズ29年ぶりの新作。
    キアヌ・リーブスとアレックス・ウィンターが変わらぬおバカキャラを演じます。
    時空を超えて、自分たちと会うわけです。
    ムキムキな囚人やヨボヨボな老人の姿になって、本人たちは楽しそうです。
    正直このハチャメチャさに付いて行けないです。
    でも、そういうノー天気な映画だと割り切らないとね。
    最後までロックな生き様を見せてくれますけど、ロクでもない映画なのは確かです。

  • 3.7

    けんちん汁さん2021/04/05 21:26

    待ちきれずビルとテッド最新作であるこちらを鑑賞!

    第二作目で世界を救う楽曲を作ったかに思えたビルとテッド。
    しかし彼らの人気は衰退し、今では落ちこぼれとなってしまう。そこに未来人が現れ、あと77分で世界を救う楽曲を作らなければ全ての次元が崩壊してしまうと告げられる。彼らはまたもや未来の自分から楽曲を盗もうと画策するのだがいやはや!

    話はもう無茶苦茶😂
    まずビルとテッドにかかっている全時空の脆さ露呈ですね笑
    とんだ欠陥住宅じゃないか!笑
    この作品、トリに相応しく今までのシリーズの総決算をしてくれます。
    まず二人とも歳とったなあ泣
    キアヌの落ちこぼれ感はお前現実と呼応してしまってんのよぉお
    でも二人ともお姫様たちと続いてて良かった良かった
    またも二人は未来に行って自分に会うタイムパラドクスガン無視の作戦をとるわけですが、未来のビルテドがひたすらにクズすぎて笑う
    死神もちゃんと出てきます!笑

    特筆すべきは二人の娘!
    二人とも親父を慕っててマジ良い娘
    ビルの方の娘はまたもやサマラウィーヴィング。この女優さんは作品選びが非常に素晴らしいな
    そしてキアヌサイドの娘さん!
    こちらの方は今回初めてお見かけしたんですが、仕草とかがキアヌすぎる!
    めちゃ勉強されてるなあ女優ってすげぇわ
    頭良すぎるキッドカディやデイブグロールが出てきたりと、カメオも豪華!

    そしてシリーズ全てを成仏させうる大団円のラスト。リアルタイムで追っかけた人なら絶対泣くだろうなあ

    シリーズの最終作に相応しいラストだったんではないでしょうか?

    〜本日の名シーン〜
    ラストの大合唱

  • 4.5

    更紗さん2021/04/05 21:15

    キアヌファン歴はそこそこ長く、このシリーズに出ているからこそキアヌ大好き!と言ってもいいくらいだが、さすがにキアヌの老けっぷりが切なくて最初の方はあまり楽しめなかった。しかし、昔と少しも変わらないビルとテッドの真っ直ぐなおバカっぷりとどこまでもおバカな世界観にだんだん嬉しくなってきて、二人がBe Excellent ! No way !と叫ぶ頃にはすっかりこのおバカな世界に引き込まれていた。キアヌが老けた分は、娘ちゃんがしっかり若かりし頃のテッドの喋り方や動きをコピーしてくれててウケる。おバカ遺伝子はしっかり受け継がれているようでめでたい。それにしても、30年経っても無理なくこの二人の役を演じられるってすごいことで、演技が上手いんだか根っからのおバカなんだかよくわからないが、やはりキアヌは偉人だとますます確信を深めた。アレックス・ウィンター、thanks!

  • 3.3

    もさん2021/04/01 22:55

    1と2から見たらもっと面白かったかも(当たり前)。娘たち可愛すぎるのと主題歌がWeezerで嬉しい!

  • 4.5

    ヒラツカさん2021/03/30 19:06

    小さな頃に観た気がするんだけど記憶がなかったので、この3作目を観る前に、最初の『ビルとテッドの大冒険』(1989)を予習したが、残念ながら、今さら観てみるとどうも『バック・トゥ・ザ・フューチャー』の劣化版パクリにしか見えなかった。だって主人公のダメ高校生がエレキギターを大音量で鳴らすとアンプが爆発しちゃう、というオープニングからして、もう同じなんだよな。
    謎の七分丈パンツを穿き、棒立ちの演技しかできない、ほぼ素人のころの若きキアヌと、他の映画ではその後姿を観ない相棒のアレックス・ウィンターが、何かといえば「わーお、最高だぜ!」みたいなことをユニゾンで叫び、そしてティリティリンという効果音に合わせて唐突にエアギターをする。なんだろうこのうすら寒さは。歴史上の偉人たちを集めてきちゃおうという、どこか優等生なストーリー展開も、なんだか昔のEテレを観ているような居心地の悪さがあった。だから2作目の『地獄旅行』はパスをして、もう本作を観ちゃうことにした。そしたらこの映画、とんでもない大感動エンタメだったじゃないか。早くも今年イチ出たかもしれない。
    まず面白いのが、今や手練れの職業役者のキアヌが、30年前から全く進歩せず、いちいち棒立ちでセリフを発するところだ。しかもブリジット・ランディ=ペイン演じる彼の娘も、全く同じ動き。家系的にそういう癖の奴だったってことになっちゃうじゃんかよ、笑った。このキアヌの、昔のオレってこんなんだったよね、というセルフパロディが、我々を古き良き80年代へといざなってくれる、というのは言い過ぎだろうか。
    ネタ切れのエンタメ映画界、定期的に続編を作り続ける作品は数あれど、途中がぽっかり空いたのち30年ぶりの続編ってのは、かなり珍しい。同じく30年ぶりの『マッドマックス』や35年ぶりの『ブレードランナー』は、時代に即してスタイリッシュに昇華し、すっかり別映画になってたわけで。それに比べて本作ときたら、もちろん映像面で技術向上はしているものの、中身には何にも成長していない天真爛漫さがあり、(というかそれを装っていて)、とっても微笑ましかった。そして、そんな暖かい気持ちになっていたところに、「曲を作らないと世界が終わっちゃうんだ!」というスタートだったわけだから、つまりは多幸感あふれる『天使にラブソングを』的なみんなで演奏シーンのクライマックスへと帰結する。そんなの泣かないわけにいかないでしょう。

  • 4.0

    どぐまるさん2021/03/28 19:57

    音楽の力を馬鹿らしくも壮大にぶつけてくる。一作目は良くも悪くも当時の空気感が全てだったけど、偉人を従順なポケモンに拉致してく面白さやケレン味はそのままにテンポや設定だけをアップデートされていた荒さがとても良い。全部楽しむために二作目もレンタルしないと……。

  • 4.1

    にしねっこさん2021/03/27 20:56

    楽しい映画だった
    世界的スターとなったキアヌが
    1作目と変わらず、おバカな役やってくれてるの嬉しい
    キアヌ・リーブス、特に好きでは無いけれど、
    この映画のキアヌは本当に好き
    続編はもうこれで良いかなと思うが、
    他のコメディも出て欲しいな

    2作目も見てから見ようと思っていたが、
    配信がどれも無いので、仕方なく見た
    地獄の部分が分からなかったのが残念
    少なくとも1作目を見てからなら楽しめると思う

    黒髪の娘役のブリジットちゃんが
    スタイル良くて気に入った
    他の作品も見ていきたい

    映画館で見るほどでは無いが、
    レンタルで見るにはちょうど良い映画だ

  • 3.6

    sideBatsu2015さん2021/03/25 22:28

    エクセレント!
    娘が、娘が良い子で可愛いのーーー!あの人もあの人もあの人も出てきて楽しかった。みんな馬鹿だなー、大好き。

  • 3.8

    マ帆さん2021/03/25 17:50

    最高すぎて最後ちょっと泣いちゃった
    バカの遺伝子を綺麗に受け継いだビルテツの娘2人がサマラ・ウィービングと「ユニークライフ」のブリジット・ランディ=ペインで自分得すぎるのです感想

    なぜ2作目だけ配信してくれないですか・・・

  • 4.8

    YouKeyさん2021/03/22 12:16

     9年待ったの25年で完結したので感動の大安売りが繰り広げられていますが、このシリーズなんて前作から30年経って完結なんですけどね。こういう単純に笑わせてくれる映画は大好きだ!

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す