お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

バンクーバーの朝日

G

明日も見えない異国の地で、そのチームは希望になった。

戦前カナダに実在した伝説のチーム その栄光と奇跡の記録 1900年代初頭、多くの日本人が新天地を夢見て、遥か遠くカナダへと海を渡った。しかし、そこで彼らを待ち受けていたのは差別、過酷な肉体労働、貧困といった厳しい現実だった――そんな中、日本人街に一つの野球チームが生まれる。チームの名は“バンクーバー朝日”。夢も希望も持てなかった激動の時代。やがてチームは人々にとって、一条の光となっていく。彼らは何を信じ、何を求めて走り続けたのか。歴史の波間に埋もれていた“真実の物語”が今、ここに甦る――

詳細情報

シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

キャンセル

ドラマ邦画ランキング

バンクーバーの朝日の評価・レビュー

3.3
観た人
7982
観たい人
5705
  • −−

    ゆかさん2022/01/21 02:13

    最初は日本人が雑に扱われて理不尽な事ばかりで見てる方も悔しかったけど野球をして1点取ったとき凄くすっきりした。そこからちょっとずつ明るい方に向かうんだけど、やっぱり理不尽な事は無くならない。
    優勝して皆が喜ん出る所に涙💧最後は悲しかった。

  • 3.5

    d173さん2022/01/19 14:32

    あの時代の若者の、カナダに生きた日本人の
    青春。と、カナダ人との交流。

    歴史って面白いなぁ。
    翻弄される当人はたまったもんじゃないが。

    ラストの本人?のおじいさんが良い顔。

    2022-028

  • −−

    タナトス田中さん2022/01/19 01:21

    妻夫木君がまた情けない役やってる!

    すごいキャストに見えるけど気のせい?

    昔の日本人と言えばとにかく根性論。笑

    野球好きな人って性格悪い人多いよね?

    点入れても勝っても感情出さない。笑

    高畑充希って『セクシーボイスアンドロボ』のせいで歌手のイメージの方が強い。

    おじさん俳優たちがみんないい味出してる。

    さりげなくラブレターズ。笑

    やっぱ戦争はドラマになるね。

  • 3.6

    mayuさん2022/01/14 19:40

    次回からコミュ英の授業でバンクーバーの朝日についてやるそうなので予習がてらみた!

    さわりだけ授業でやったからなんとなく内容わかってたけど普通に楽しめた。

    最初の30分くらいはまじでつまんなかったけど野球がメインになってからは結構面白い!

    ゲッツーとった時とか普通に嬉しかった^^

    全体的に評価低いけど全然楽しめた。
    良くも悪くも普通って感じで作業用とかには丁度いいし、ちょっとだけ感動もします。面白かったです。

  • 3.4

    そーやんさん2022/01/05 01:02

    長い。あと、豪華キャストやのに、ちょい役が多くて残念。
    出稼ぎでカナダに行った日本人移民の野球チーム、バンクーバー朝日の奮闘。実話。

    何十年もたってから、カナダ野球の殿堂入りするけど、やはり、歴史認識というか、日本が真珠湾攻撃したのも、敗戦したのも、事実だし、その当時は到底評価されるような論調ではなかったんだろうなあ。

    高畑充希の思いに泣きかけた。一方、佐藤浩一、、役にしても、ザ・日本人って、感じ。

  • 4.1

    マチェッティのバディパックさん2021/12/27 22:09

    鑑賞日
    2017.4.5

    【当時の感想メモ】
    野球だけでなく、戦争や移民の苦難も描かれていてよかった。

  • 3.9

    UCOCOさん2021/12/22 23:32

    え!!!超懐かしい!!
    これ劇場で見た時まだ中2とかだったんだけど、当時アメリカへの日本からの移民問題にかなり関心があったからすごくまじまじと一つ一つのシーンを噛み締めながら見た記憶がある。

    日系の方々の話は昔イモトとか中井貴一が出てたドラマでもやっててそれも良質だった記憶がとても鮮明にに残ってる。

    普通に良い映画だった記憶があるのになんでこんなに評価が低いのだろう。。

  • 3.7

    ハイボールさん2021/12/14 15:07

    豪華キャストでしたね!

    スモールベースボールの初めですね!
    時代背景的に暗いからか、暗く表現し過ぎて疲れた。

  • 3.8

    AAAさん2021/11/28 21:14

    朝日チームを通じてバンクーバーの日本人街での差別や時代背景を細かに映し出していった。

    朝日チームを取り巻く人々が連鎖的に人間模様を築き上げていくわけではなく、チームメイトそれぞれを個別で描く事で、余計な展開をあえて抑えてよりその当時を生きていた様々な境遇の人たちにフォーカスを当てることが出来ていた。

    野球目当てで観た方たちが満足いかない内容なのはわかるも、このような評価の低さを出してしまう映画ではないと思う。

  • 3.5

    WESTさん2021/11/20 12:12

    【あらすじ】
    20世紀初頭のカナダでは、日本からの移民は過酷な労働や差別に耐え生活していた。そんな中、日系二世を中心に、野球チーム「バンクーバー朝日」が結成される。チームは奮闘し、日系移民の希望の光となっていく。

    【感想】
    いい意味で日本人の堅実さが表現されていたと思う。カナダ人に酷いことを言われても言い返せない、自分たちが移民で追い出されないように振る舞う、理不尽な気持ちはあるが、当時の情勢を思うと仕方ない気持ちにもなる。そんな中でも野球を通じて日本人の強さをカナダ人に知らしめられたと思う。
    社会科の勉強じゃあ知ることができない、良い映画だったと思います。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    リンクがクリップボードにコピーされました