お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

ソウルフル・ワールド

G
  • 吹替
  • 字幕

「人生ってそんなに大切なものなの?」― これは“人生のきらめき”を見つける物語

ニューヨークでジャズ・ミュージシャンを夢見る音楽教師ジョーは、夢が叶う直前にマンホールに落下してしまう…。彼が迷い込んだのは、ソウル<魂>たちが地上に生まれる前に「どんな自分になるか」を決める世界だった!そこでジョーが出会ったのは、やりたいことを見つけられず、“人間に生まれたくない”と何百年もソウルの世界に留まっている“22番”と呼ばれるソウル。夢のために地上での人生を取り戻したいジョーは 22番に協力を求めるが…奇跡の大冒険を繰り広げる二人が、最後に見つけた<人生のきらめき>とは…?

※本編終了後に特典映像『「キャラクターの背景」、「見たことのない世界」、「制作の舞台裏」、「未公開シーン」、「劇場予告編」』がございます。そちらもお楽しみください。こちらの作品は、字幕でも吹き替えでもどちらでもお楽しみいただけます。

詳細情報

原題
Soul
関連情報
共同監督:ケンプ・パワーズ,ジュリア・デロッサ,製作,ダナ・マレー,音楽,トレント・レズナー,アッティカス・ロス
音声言語
英語or日本語吹替
字幕言語
日本語
制作年
2020
制作国
アメリカ
対応端末
公開開始日
2021-03-17 10:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入2,200円~

購入(期限なし)

標準画質(SD)
2,200
ご注文手続きへ
高画質(HD)
2,750
ご注文手続きへ

キャンセル

アニメーション洋画ランキング

ソウルフル・ワールドの評価・レビュー

4.1
観た人
18698
観たい人
24405
  • 4.0

    こさん2021/04/21 20:40

    人生は夢や目標を成し遂げてこそ意味のあるものだと思っていたけど、日々の日常にこそキラメキや幸せが溢れていて、意味のあるものだと気付かされた。

  • 4.0

    でよさん2021/04/21 20:08

    人生に疲れたときにまた見たい
    それで見終わった後にはもう少し頑張ろうってなると思う
    わたしは好きでした。

  • 3.7

    Eriさん2021/04/21 19:50

    口コミの割にはという評価だけど、良かったことは間違いない。
    世界観がすごい。これは子ども向けではなく大人向け。たぶん子どもには理解できないと思う。

    ゾーンに入ってるような好きなことも強迫観念に駆られると、人は疲弊し鬱状態になってしまうこと。
    “きらめき”何かをするためというような生きる意味はないこと。
    生きる準備、心構えが重要なこと。
    日常にきらめきや意味があり、一瞬一瞬を大切にすること。

    深いから、2回ぐらい見た方がいいかも。

  • 4.5

    ごまさん2021/04/21 10:38

    映画館で観たかったー!!
    とにかく音楽がサイコー!!
    ラスト涙が止まりませんでした。

    人生は、きらめきとか意味づけするのではなくて、日常に意味やきらめきがあると教えてくれた作品。

    尊厳はそもそもそこにあるもの。

  • −−

    くすのきさん2021/04/20 23:49

    ジョーがジャズと出会ったシーンで泣いた。難しい事をあれこれ考えすぎず、自分の中にあるきらめき・心が動く瞬間を大切にしていきたい。あと素直さ。家族にも観せたい

  • 2.7

    ビビディバビディおばさんさん2021/04/20 21:51


    ディズニーピクサーの割に


    難しくて子供向きでは無い


    大人だと深く考えさせる映画


    ラストで


    22番がどんな人になってどんな人生を


    歩んでいくのが気になった。

  • 4.5

    mさん2021/04/20 21:12

    大人になるとつい生きる意味を考えてしまって自分を見失うことがあるけど、もっと大切なことを教えてくれる映画だった

  • 4.6

    ナギサさん2021/04/20 21:06

    落ち込んだ時に観たい作品だ〜!元気付けられた!
    私は何の館を通ってきたのかな、何にきらめきを感じたのかなとか考えながら観ててワクワクしてた。
    特に目標もなく生きてきたけど、些細なことにきらめきを感じながら過ごしたらもっと充実できるよな〜。
    最近研修とか仕事とかに追われていて映画観れてなかったけど、いい映画に出会えてよかった!

  • 3.3

    うらぬすさん2021/04/20 17:45

    ピクサー作品にしては珍しくハッピーエンドにご都合主義的なものを少なからず感じてしまってなんだかモヤモヤした。
    トレント・レズナー&アッティカス・ロスが手掛けた音楽はこれまで以上に素晴らしかった。硬質な響きと幻想的な曲想が上手い具合に噛み合って、彼らの特長が生きつつも新しい領域に到達していた。元々この人たちの作る映画音楽が好きだから贔屓目かもしれないけど、他の候補と比べてもアカデミー作曲賞の大本命ではと思う。

  • −−

    ssさん2021/04/20 14:16

    私、生まれ変わった?!
    と思うくらい観た後、スッキリ晴れやかな気持ちに。

    瞑想などにある、心の声に耳をすます。
    今何がしたくて、どんな風に感じているか。
    それと似たような体験だった。

    いつかやるやる詐欺だったり、自分の心を騙し続けてること、見て見ぬフリをしてること。そんなことを積み上げすぎて自分のことが見えなくなったりする。
    しかも今この環境下で「落ち着いたらね〜」って言葉が合言葉みたいになってる。
    その言葉を魔法みたいに何でも効く言葉みたいにしちゃってる部分もあった。
    別に落ち着いてたとしても、先延ばしにしてることも含まれてる気がして。
    よくよく考えて、紐解いてみたら落ち着いてない状況でも出来ることはある。

    大人になればなる程、自分への言い訳が上手くなる。だから、思いっきり平手打ちされた気分だった。

    2021/1/9

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す