お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

ボヤンシー 眼差しの向こうに

G
  • 字幕

少年、14歳。 貧しさ、強制労働、暴力、奴隷、無情な船長、非人間的な環境、残酷な拷問。 少年が生きるために選んだ道とは。

カンボジアの田舎の決して裕福ではない家族。14歳のチャクラは、将来を期待されている兄とは違い、労働の担い手としか扱われない自分の境遇に納得がいかない。お金を稼ぎたいチャクラは、友人から“有給の仕事”を斡旋するというブローカーを紹介してもらい、誰にも相談することなく、単身、家を出る。チャクラは同じ境遇の数人たちとともに密かに国境を越え、タイに入国する。しかしそこで待ち受けていたのは、ブローカーによる“身売り”だった。他のカンボジア人やビルマ人とともに“奴隷”として漁船に放り込まれ、劣悪な環境下で労働を強制される。1日22時間魚を漁り、与えられる食料は、冷めた米飯のみ。陸から遠く離れた船の上で絶対的な権力を持つ船長は、歯向かう者や衰弱した者を見せしめのごとく拷問し、殺し、海に放り捨てていく。脱出することも、陸に上がって逃げ出すこともできぬまま、非人間的な環境と拷問の恐怖に怯え、チャクラの心は摩耗し、人間性は失われ、破壊的な人格が芽生え始める。唯一の希望である“自由”を取り戻すためには、この船で行われていることと同じ“暴力”で抗うしか方法がなく、自らの手で、残虐的な暴力によって、この船を乗っ取ろうと決意する。

詳細情報

原題
BOUYANCY
音声言語
クメール語/タイ語
字幕言語
日本語
制作年
2019
制作国
オーストラリア
対応端末
公開開始日
2021-04-14 10:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
440
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
550
ご注文手続きへ

キャンセル

アジア映画洋画ランキング

ボヤンシー 眼差しの向こうにの評価・レビュー

3.9
観た人
196
観たい人
861
  • 3.6

    ゆりさん2021/05/12 18:28

    うーーん

    世界のどこかでこんな風に人が人とも思われず道具として働いているのか、、、

    大学の授業でみたフィリピンのバナナ農園についてのビデオを思い出した。

    こういう映画とかドキュメンタリーをみると自分が退屈だとかめんどくさいって思う日常がどれほど平和で幸せな日々か思い知らされる。

    途上国の人びとがたくさんの犠牲を払って命を落として働いて得た食べ物たちを先進国の人びとは平気で残したり捨てたりしてるんだよなあ。

    本当に難しい。
    どうにかして環境を良くしたいとか助けてあげたいとかって思うけど何もできないのが現状。

  • 3.8

    Galsworthyさん2021/05/04 23:23

    人の命が平等なんて誰が信じるか。
    今日もこの広い地球では色々な人が色々な境遇で闘っている。
    この世にせっかく生まれて来たんだからやっぱり希望が欲しい。
    少年には力強く生きて欲しいと思った。私も頑張る。

  • 3.8

    snatchさん2021/04/29 22:09

    ……言葉が出てきません
    大好きなカンボジアが出てくるし、この美しい写真にも魅かれ観たのですが… 内容を知らずに観始めたので苦しくなってきて、あの海の、映画の裂け目に底無しに堕ちていくようでした。悪夢であって欲しかった。現実は本当に永遠なのかと思うと気がおかしくなる。

    輝く海原を走る一艘の漁船。
    その大量に獲れる雑魚がペットフードになるという現実。
    オーストラリア人の監督が長年、東南アジアの貧困問題 搾取される強制労働の実態を取材して、貧しい国からブローカーに騙され、信じられない事実だが、船上で一生働かされることになるカンボジア人ら現代の奴隷制をフィクションにしたデビュー作だそうです。

    14歳の主人公を演じた少年の幼く優しかった眼差しが鋭い眼光へと変化していきます。
    「異端の鳥」の少年が重なりました。実写化みたいにも思えた。

    演技?演技とは思えない。もう凄いです。
    本当にみんな気が狂っていく、悪い奴らのボスを演じた役者の凄み。人の一生を何だと思っているんだと憤りを彼にぶつけたくなる。少年の一生を滅茶苦茶にして、少年はどうやって、これからの長い人生を生きていくのだろう…
    でも、あのボスも主人公と、かつては同じ目をした少年だったのだろうとも感じました。

    鑑賞数時間後…やっと観てよかったんだという気持ちが少しずつ湧いてきた。これは、今、まさに起きていることだから。
    この映画が公開されたことで、何か変化が起きることを願います。

  • 4.0

    ISAOさん2021/04/29 19:18

    シースペイシーで奴隷漁船の事を聞いたばっかりだったが、これが本当に起こっていることなのか…。普段口にしている魚も誰かの人生が搾取された上にあるものなのかもしれないと思うと頭が痛くなる。

  • 4.5

    Kazuさん2021/04/28 01:14


    カンボジアの田舎

    貧困家庭に兄弟が多く、長男は親から贔屓され次男は労働力でしかない。

    そんな生活から逃げ出したい14歳の少年は黙って家出をする。
    出稼ぎのつもりがブローカーに騙され奴隷船に乗せられてしまうのです。

    日々22時間労働を強いられ、寝たと思うと即、叩き起こされる毎日を送っていた。

    底引網にかかる大量の変色した雑魚ばかりをドラム缶に止まるこなくスコップで入れる重労働が延々と続く。

    少年は「この魚はどうなるの?」と、たずねる。

    「ペットフードになるんだよ」

    この言葉で、世界の格差を思い知らされ愕然とした

    美しい海の映像を見てこんなに苦しい気持ちになったのは初めて。

    奴隷船で少年が犯した罪は?

    何が正解だったのか?

    私には答えられない、

    船の上での出来事は船長が少年に見せつけた事だ。

    悪夢だったと思いたい。

    少年の目がどんどん変わっていく。
    キラキラした汚れのない瞳から、よどみ鋭い瞳に変わっていく目が悲しかった。

    14歳の子供をこんな世界に追い詰める社会ってなんなんだと腹立たしかった。

    ラスト、
    人の優しさに触れたとき、笑顔で彼は頭を下げた。大丈夫って私は思った。
    流した涙がそう答えている。

    犯した罪を背負いながらも、真っ当に人生を歩んでいける強さがあると私は信じたい。

    『誰も知らない』
    『存在のない子供たち』と同様に
    子供が大人から虐げられる姿は見るに耐えない辛さがあります。

    教育を受ける事すら出来ない子供たちは、何世代経ってもその生活から抜け出す事が出来ないのです。

    全世界の子供達が教育を受ける事のできる社会構造にと強く訴えたい。

    そしてこの作品の事実が現実にある事を、世界中の大人達は強く受け止めなければならないと思います。

  • 3.8

    4歳の女のコさん2021/04/26 22:49

    観ていて非常に胸の痛む(けれどしっかりとした)ジュブナイル作品(´Д` ;…しばらく感想すら出て来ず💦✨👦🏾14歳の少年が『👤世界の悪意』に触れ、搾取されるさまが淡々と描かれまつ。⚓️9割以上が漁船上で展開するミニマムさが、主人公の見る『狭くて悪意に満ちた世間』とリンクするよう。覚悟してご覧下さひ

    【🇦🇺オーストラリア映画テレビ芸術アカデミー賞(インディ作品賞)、🇩🇪ベルリン国際映画祭(観客賞)、国際”犯罪と罰”映画祭(👈🏻こんな賞があるのね(作品賞)など各賞10部門受賞🏆✨🐨オーストラリア映画批評家協会(作品賞・監督賞・脚本賞・撮影賞)など各賞17部門ノミネート】

  • 3.8

    kazu1961さん2021/04/20 18:15

    ▪️JPTitle :「ボヤンシー 眼差しの向こうに」
    ORTitle:「Buoyancy」
    ▪️First Release Year : 2019
    ▪️JP Release Date : 2020/08/07
    ▪️Production Country : オーストラリア
    🏆Main Awards : ※※※
    ▪️Appreciation Record : 2022-203
    🕰Running Time : 93分
    ▪️Director : ロッド・ラスジェン
    ▪️Writer : ロッド・ラスジェン
    ▪️MusicD : ※※※
    ▪️Cast : サーム・ヘン、タナウット・カスロ、モニー・ロス
    ▪️Review
    🖋観てるのが痛いですね。。。オーストラリア出身のロッド・ラスジェン監督が自らが長年にわたって取材してきた奴隷労働の現実を映画としてフィクションに落とし込んだ作品です。社会で起きている問題、強制労働や搾取の現状、現代社会における奴隷制といった問題に鋭くメスを入れながら、映画として主人公の少年の過酷な状況のなかでの生き方、心理描写、さらに観終わった後に彼に感情移入できるのか?など主観的に引き込まれる作品でもあります。

    🖋 主人公のチャクラを演じたサーム・ヘンは、奴隷として船の上で絶対的な権力を持つ船長のもとで働きながら徐々に人間性を失っていく姿を見事に演じています。また、全編クメール語とタイ語で描き上げることによりよりリアリティを追求しています。

    🖋結果、第69回ベルリン映画祭のパノラマ部門、さらに第92回アカデミー賞の国際長編映画賞に豪代表作品として選出されました。

    🖋物語は。。。
    自分の境遇に納得がいかず、カンボジアの片田舎からタイへ密かに出てきた14歳の少年、チャクラ(サーム・ヘン)は、友人に紹介されたブローカーによって身売りされ、漁船の奴隷になってしまいます。そこで待っていたのは、1日22時間の労働と、絶対的な権力を持ち、歯向かう者や衰弱した者を見せしめのごとく拷問し、殺し、海に捨てていく船長。陸から遠く離れた船上から逃げ出すこともできず、非人間的な環境と拷問の恐怖に怯え、次第に人間性を失っていくチャクラが生きるために選んだ手段とは。。。

    ▪️Overview (映画. comより)
    カンボジアの貧しい田舎からタイへ出稼ぎにきた少年が体験する過酷な強制労働の体験を、取材に基づく事実にフィクションを織り交ぜて描いた人間ドラマ。オーストラリア人監督ロッド・ラスジェンの長編デビュー作で、全編をクメール語とタイ語で描いた。第69回ベルリン国際映画祭のパノラマ部門でエキュメニカル審査員賞を受賞。「消えた画 クメール・ルージュの真実」などのドキュメンタリーで知られるカンボジアの映画監督リティ・パンが製作総指揮に参加している。カンボジアの田舎の貧しい家庭で生まれ育った14歳のチャクラは、労働の担い手としか扱われない自分の境遇に納得できず、ひとり家を出る。仕事を斡旋してくれるというブローカーに連れられてタイにやってきたチャクラは、そこで奴隷として漁船に売り払われ、劣悪な環境下での労働を強いられる。陸から遠く離れた海上で助けはなく、船長に歯向かった者や衰弱した者は拷問され、殺され、海に捨てられていく。絶望的な状況下でチャクラの心は摩耗し、人間性は失われ、破壊的な衝動が生まれていく。そして、そんなチャクラは、生きるためにある手段をとる。

  • 3.9

    ぁぃぁぃさん2021/04/17 21:57

    言葉少ない。重たい。
    14歳の少年はお金を稼ぎたくて家を出るが
    劣悪な環境で強制労働をさせられる。
    体弱い人海にぽいっ😨
    ずーっと海の上にいて逃げられない。
    おじさん殴られたからやり返したら拷問、
    殺された。妻と子がいるのに…
    いつも隣に寝ていたおじさんがいない。
    枕をくれていたおじさん、
    今度はうばうおじさん。
    少年はその人を海に突き落とした…
    最初はカニを逃がしてあげていたのに…
    死ぬまでここがお前の家…
    心がこわれ何も喋らなくなった少年。
    船長ら全員殺し海に捨てた。
    強制労働をさせられている他の人にも
    命令して死体の処理をさせる。
    お金を手に入れたがそれと引き換えに
    失ったものが大きすぎる。
    20万人の奴隷の上に成り立つ
    東南アジアの水産業ですか…

  • 4.0

    リラリオさん2021/04/17 20:40

    ここはまさに生き地獄⋯絶望の14歳家出少年、その決断とは...。

    チャクラは、カンボジアに住む14歳少年。学校に通わせてもらえず肥料撒きをする毎日。
    チャリ通の学生達を横目に重たい肥料を運ぶチャクラ→肥料を撒く→父から明日の仕事の指示→「えっ⋯明日は兄貴が行けよ!」→「おめぇが行け。」「そうだ、そうだ!弟の役目だ!」→「なんで俺ばかり働かされる!金もらってねぇし⋯」→「メシ食えて屋根の下で寝れる。それだけで十分だろ!」WOW!!物凄い横暴な父→「金をくれ!自活する!貧乏なクセに子供ばっか作りやがって!」言葉は悪いが正論のチャクラ。結果、メシ没収される⋯
    マジで納得出来ねぇぜ!なチャクラは木に登り、お隣の国、微笑みの国タイを見つめる。

    友人達とサッカー→「タイって稼げる?」タトゥーの入ったちょい悪風友人に聞く→「稼げるぜ!国境越えるのに500ドルかかるけど、ブローカーに借りて初任給で返せるぜ!」→「マジか⋯俺行きたい!」一緒に聞いていた友人も「オラも行く~」と言い出す→「じゃあ、話通してやる。両親説得しとけよ!」もちろん親に言えるわけなく⋯

    翌朝、待ち合わせの場所に手ぶらの友人「あれっ?荷物は?」「⋯オラ、やっぱ行かねぇ⋯」見事に裏切られる。
    ワゴン車に乗り、微笑みの国タイへ。ブローカーに金を払い、皆は仕事を斡旋してもらう。「50しか持ってねぇ⋯」「全くありません⋯」金を払えないチャクラと髭面(子持ち)。「じゃあ、お前たちは別の工場に行ってもらう。斡旋料として1ヶ月給料なしだ!」皆と別のパイナップル工場を紹介される。
    バイクに乗せられ草っ原へ。そこには大勢の人→待たされるチャクラと髭面、その他大勢→日が暮れ辺りは真っ暗に→数台の車が→「はよ乗れ!体を伸ばして床に寝ろ!」荷台は詰めっ詰めのすし詰め状態。チャクラは後部座席に→連れて行かれた場所は⋯港→「船で工場行くぞ!」→髭面「インチキだ!俺はやめる!」→おもくそ後頭部を殴られ出血する髭面、抵抗虚しく従う。チャクラ達は船に乗せられる⋯。

    着いた先、そこはパイナップル工場ではなく⋯海のど真ん中、金チェーンネックレスロン毛船長が仕切る船。仕事は雑魚の仕分け作業。完全に騙されてもうたなチャクラ達⋯
    朝から晩まで働かされ、メシはコップ一杯の米のみ。寝床は極狭な板敷の上で雑魚寝。もちろん布団などない。

    ロン毛船長、ヘロヘロで動けなくなった労働者に電気ビリビリの刑。そして「もう重労働は無理だな」海にドボン、突き落とす→「俺は逃げる!」髭面の脱走計画→「やめとけよ⋯」→鬼畜ロン毛船長率いる半グレ船員達は夜の街に繰り出すため船を港に→ほろ酔いでお帰り→出航→髭面でない労働者脱走→「ちょまっ!停船!」速攻見つかってしまう→「そんなにけえりてぇなら泳いでけえれ!」鎖をグルグルに巻かれ重し付けられ海へドボン!「しっかり帰れよ、クズ野郎!」クズ野郎は、お前である⋯

    タイ語を覚え根性もあるチャクラは、ロン毛船長から魚1切れとエロ本1ページをもらう→「うっす⋯」はにかむチャクラ→髭面は何故かロン毛船長に八つ当たりされる→髭面の逆襲、ロン毛船長をぶん殴り海に突き落とす→船員に撃たれる→ロン毛船長、海から生還。もちろん激おこである⋯髭面、ロープに括られ死の海へドボン。エンジン全開引き裂きの刑に処される⋯チャクラはその手伝いをさせらる。「これでお前も男だ!」

    労働者によるチャクラ虐め→自分が人身売買で売られたことを知る(遅いよ⋯はよ気づけ⋯)→憎悪芽生える→やられたらやり返す倍返し、いや4倍返しだ!の刑→チャクラは、死ぬまでここがMY HOME宣告を受ける→半グレ船員のうんこタイムで代わりに舵を取る→他のもの勝手に触るなよ!絶対触るなよ!の流れでバリバリ触りまくり怒られ引っぱたかれる→夕日と流される水死体→髭面の夢→網に引っかかった魚と人骨→その人骨が⋯まさかの⋯人骨殺人鬼爆誕!NEWリーダー君臨!そして港へ⋯

    希望の国タイが⋯まさかの地獄。そしてチャクラ、メンタル強っ!おっさん達が脱落する中、泣き言言わずにじっと耐え、めちゃナイスタイミングで⋯脱帽っス。恐るべし14歳。まじ辛っだったな!微笑みの国で全く微笑まずだったがよく頑張ったわ!

    性格良な少年が鬼畜な大人に利用され、生き地獄をサバイブし、悪も芽生えちゃったりもするが力強く生きていく感じが異端の鳥と似ていました。とても良き映画でした。この映画は、フィクションですが東南アジアでは約20万人の奴隷労働者が従事。水産業は60億ドル以上の収益を上げているそうです。
    恵まれた環境で好きなことやらせてくれた父ちゃんと母ちゃんマジサンキューっス!あと我が夫もサンキューな!友人達もサンキュー!日々に感謝っス!

  • 4.7

    阪本嘉一好子さん2021/03/19 22:10

    家族のありがたみがわかったというより、14歳の人生にこんなことがあっていいのか。この経験の後、人間が変わっちゃうよ。未成年が人を殺す。この彼はこの後どういきていくのだろう。最後に家族に会いに行った後この少年は首から下げていた大金の入っていたバッグはもう持っていなかった。彼にとって金はどうでもいいものになった。これから先が見えなかった。


    映画の最後の字幕でこのような『強制労働で身を守れなかったカンボジアやミャンマーの搾取された人々のために捧げた言葉』がよりこのような作品を現実化させたと思った。南アジアのこの話は現在の人権がない奴隷制の話である。20万人の人々が魚加工で強制労働者として働かされていると。こういう加工所は世界に魚を提供していると。それに、こういう拷問は毎日行われていて、人が怖くなり、たとえ、昼間でも同じように人が怖いとなるらしい。助けを求めても誰も聞こえないし、契約書も何もないし、誰もここにいる人の存在を知らないと。自分はこの現実を人の教えたいと。(カンボジア人の生き残りの人の言葉)

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す