お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

グレート・ホワイト

G
  • 吹替
  • 字幕

白昼堂々、喰い尽くす!!

生還まで160km。遭難者たちが絶海で命を託したのは、一隻の「救命ボート」。血に餓えた“巨大鮫”からの限界サバイバルが、いま始まる。

詳細情報

関連情報
製作年:マイケル・ロバートソン
音声言語
英語or日本語吹替
字幕言語
日本語
制作年
2021
制作国
オーストラリア
対応端末
公開開始日
2021-05-14 10:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

レンタル(7日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
440
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
550
ご注文手続きへ

キャンセル

サスペンス・ミステリー・スリラー洋画ランキング

グレート・ホワイトの評価・レビュー

2.4
観た人
97
観たい人
136
  • 1.9

    しゅわっちさん2021/06/15 14:17

    うん。こんな感じか
    サメが迫り来る感じとか、捕食の仕方とか、なんか微妙。
    ロストバケーションを超えるサメ映画はなかなかないなぁ〜

  • 1.6

    denryuさん2021/06/13 20:18

    うーんこの感じ。普通のホオジロザメだし漂流サバイバルな状況もありがちな設定だし。真面目に作ってて酷すぎるって感じはしないけど特段特徴的なモノも無いので面白くもない。サメの倒し方も地味でラストも特に盛り上がらず生存者がどっかの無人島に着いて終了。サメから逃げられただけで遭難してる状況なのは変わりないですね。こういうネタになる特徴が皆無で普通に作ってるのは本当に退屈。

  • 1.0

    Dqrkrqlさん2021/06/13 18:40

    いつからサメは鳴くと錯覚していた?

    キャズの救急救命士?の知識もチャーリーの海洋学者としての知識もさほど意味をなさず、死体見つけた時も腐敗具合の状況説明無しに女の人探しに行こうって言うのも無理がある気がする。
    死後何日経過したかは分からないけど明らか皮膚が変色していて真新しい死体じゃない様に見えたけど?
    細かい設定で、ん?ってなる部分が多すぎた。サメもそんなでないし映像もドキュメンタリーで使ってそうな映像をつけただけな感じある。

  • 2.4

    pokoさん2021/06/13 09:39

    チャーリーてかお前もう少しパドルで漕げよ!!女に肩貸すのがお前の仕事か!

    ジョーめちゃくちゃ漕いでるやん!
    なんで俺ばかりってなって、イラついてやってしまっただけやろ。

    リアルな描写と雑な描写
    面白くはないです。

  • 3.0

    ルビさん2021/06/09 01:28

    意外と静かな映画だった
    サメより喉の乾きと陽射しが辛そう
    サメの襲ってくる間隔がこんなもんというか、お腹空いたら狩りにくるって感じでリアルだなと思った
    日本人が来た理由とか、後半のキスシーンとか所々で斬新さはあったけど同時に雑さも目立つ。特に登場人物達の死に様がワンパターンなのと、後半のある人物の死に方がお粗末。死ななくても良かったのでは?
    死体は結構CGで凝ってたけど、それよりサメにもっと力いれて魅せて欲しかった。
    設定は色々出してくるけど、出すだけ出して広げたり生かせてないのも残念。

  • 1.3

    くろさん2021/06/07 17:01

    いやなんでジョーが悪者に?めっちゃまともなこと言うてるのにwwなのにくっそ悪者になってる。だから日本人の設定か~w映画だから多少無理は仕方がないがツッコミがおいつかないほどひどい。探しに行く前に先にお客様を帰せwジョーズロストバケーションを超える映画はでてこんなぁ

  • 1.0

    しんしんさん2021/06/06 23:25

    海底47m制作スタッフに騙されました笑
    お約束ではないツッコミどころに違和感を感じながらストーリーも何も無いまま同じシチュエーションでことがすすみます笑
    80年代初期のシナリオならジョーズ見ますよ笑

  • 2.6

    のすけさん2021/06/06 05:18

    サメ映画は最初のサメ登場シーン(はっきり映ったシーン)のクオリティで大体その作品のレベルが分かってしまうが、残念!CG感たっぷりでした。
    近年サメ映画が多い気がする。サメ映画、なぜか観てしまうんだよなー。。
    出せばそこそこ売れちゃうからクオリティ低いサメ映画量産して、、、そしてその戦略分かってるのに、新しいのサメ映画が出るとついつい観てしまう自分…こういう自分と同じような人達がたくさんいるから無くならないんだろうなー。
    なんだかんだでジョーズに勝てる作品がない。。ジョーズすげーなー。
    まあ、外すの分かっていても観てしまうのがサメ映画の魅力なのかもしれないが。。

  • 1.5

    ポチさん2021/06/05 02:04

    定番な感じのサメパニック!
    定番じゃ物足りなくなってしまっている事に気づいてしまった、、
    首10個とかやっぱいる!!

    自然豊かなオーストラリアの沖合いで
    細々と水上飛行機での海上、空上ツアーをしている。2人。お客さんはまだすくなく、経営は波に乗らない。

    そんな時、1組の日本人カップルからからの予約に喜ぶ2人。

    日本人女性はここで死んだ伝説のダイバーモリタの散骨をしにきたのだそう。


    2人を連れてある島に上陸したのだけど、そこには変死体。サメに食われたにちがいない。

    生き残りが居ないか偵察していると水上飛行機にサメが突撃してきて、転覆してしまう。
    5人は救難ボートで漂流することになる。withサメ。

    まさかの日本人がサイテーだった、恥ずかしいわぁ、、日本人なのにジョーだし。

    微妙に襲ってくるサメ。何に遠慮してんだか、、
    無事救出なるか!?

    なんだあのラストはああぁーー!!
    投げやりか✋
    Z級でもないし、B級目指してつくってるわけじゃなさそうだったし。

    なんで普通のサメ映画に不満を感じるんだろうか、、

  • 2.0

    つるみんさん2021/06/04 02:18

    遭難者たちが絶海で命を託したのは、一隻の救命ボート。昼夜問わず襲いかかる巨大鮫との限界サバイバルが、いま始まる…。

    サメ縛りにしたとしても普通以下の作品。カメラワークや水中カメラ、サメのCG具合などは一応〝映画〟となっているので評価はできるが、なにより話が面白くない。興味をそそらない。
    シンプルにノーマルなサメが襲ってくる話なんて『ジョーズ』だけで十分である。だから頭を増やしたり、雪山や砂場に生息させたり、ハリケーンと共にやってくるサメを作り出した。工夫を凝らした天才的アイデアが、次々と生まれる中、よくこのレベルの低予算でノーマルなサメで真っ向勝負したなと。

    サメ映画でやっちゃいけないこと。それは中途半端にサメを描く事。思いっきり振り切らなきゃ。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す