お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

レインツリーの国

G

会ったこともないキミに恋をした。メールから始まる二人の物語。

主人公の向坂伸行(玉森裕太)は、高校時代に大好きだった「フェアリーゲーム」という本について何気なくネットを検索していたところ、”レインツリーの国”というブログを見つける。そこに書いてある感想に共鳴した伸行は、管理人のひとみ(西内まりや)にメールを送る。数日後、奇跡的にひとみから返信が届き、パソコンを通じて2人は繋がる。伸行は、ひとみに「直接会いたい」というが、彼女はどうしても会えないと言う。頑なに会うのを拒む彼女には、伸行に言い出せない秘密があった…。

詳細情報

関連情報
原作:有川浩
音声言語
日本語
制作年
2015
制作国
日本
対応端末
公開開始日
2021-09-22 10:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

キャンセル

ラブストーリー・恋愛・ロマンス邦画ランキング

レインツリーの国の評価・レビュー

3.2
観た人
3803
観たい人
1786
  • 3.3

    らいとさん2021/09/29 06:33

    良かった。
    難聴者のこと、映画にでて来ただけでも知らないことばかりだった。ストーリーはまずまずって感じ。

  • 3.5

    キキさん2021/09/19 01:43

    玉森裕太さんが
    出演されているので鑑賞

    ストーリーは私は好きだった
    慣れない関西弁は
    さすがに違和感感じたのと
    ファッションもえ、なんでそれ?
    感が当時から半端なかったけど
    2人の心が近づいていくのは
    なんとか表現されていたと思う

    当時映画館で鑑賞
    キスマイが主題歌で
    クレジット本当にうれしかった!

    DVDあるから久々おたま鑑賞

  • 2.8

    Qchanさん2021/09/15 08:38

    キスマイ好きなので観てみたが、主演の2人の演技か、脚本か…んー、話は悪く無いストーリーだが、映画としてはあまり面白くなかった。

  • 2.8

    雪音さん2021/09/10 19:19

    ライトノベルの恋愛小説感満載ですね。
    大杉さんを見られるという点で価値のある作品かも。
    高畑さんも相変わらず素敵なお母さん役でした。

  • 3.9

    marimekkoさん2021/09/02 21:44

    ひとみと伸の気持ちが交差しつつ徐々に近づいていくのが温かく描かれている。玉森くん演じる伸と西内まりや演じるひとみが成長していく様子もうまく演じられている。

  • 2.5

    冷凍庫でカビた食パンさん2021/05/11 14:29

    原作が好きで見るのを躊躇ってしまっていた作品、多分当時見た方が携帯端末等が古くさいと感じることがなかったかもしれない。

  • 2.5

    うるゆんさん2021/05/03 09:07

    西内まりやさんのご家族の優しさに泣けた。その反面玉森さんのお父さん、なかなか大変な状態なのに扱いがとても軽い。特に苦労してそうな様子も誰かに相談することも無く…本筋とは関係ないけど登場させるならちゃんと描いてよって気になった。
    耳が不自由でなくても女ってだけでこういう嫌な思いする事あるよなぁ~ハンデを持ってる=弱者として扱う最低上司を描きたかったのだろうけど、同じ思いしてる同僚なんかがいてくれたら、その後救いにも成長にもなるのになぁ…となんだか悔しい気持ちになった。ハンデを乗り越えて踏み出した2人に幸あれ!なラスト、美男美女にガーデンプレイスのクリスマスツリーで画面は当たり前に美しい。全体的にストーリーもっと詰めて深められたよね感…原作は違うのかな…読もうという気持ちにならないのも残念。

  • 3.8

    はかまさん2021/03/14 00:41

    2015年の作品を深夜録画で観ました。
    可愛らしい恋愛作品で、社会派な部分もあり、とても素敵なストーリーだと思います。みんな色々な境遇のなかで生きていて、それを前向きに受け止めることの大切さ。大事なことだと想います。
    今度、原作も読んでみます。

  • 3.0

    ことはのあやさん2021/03/13 16:28

    6年前の作品。
    なのに古さを感じる。きっと余りにSNSの進化が著しいからだろう。
    メールのやり取りの中で人を好きになり、会いたくなって恋に発展していく。そんな出会い方が新しくも何でもない時代に入っているのを「古さ」と感じたのだと思う。
    二流だとかB級だとか、そんな残念な空気の漂う映画だが、1つのドラマを見終わって、こうして感想を書き込んでいるのだから、それはそれでひとつの「ひまつぶし」にはなったかな。
    玉森君の今出てるドラマ、好きだから、許そう!

  • 3.0

    410さん2021/01/10 13:34

    レインツリーの国結構前に読んで、なんか映像で観たくなかったけど、
    伸のファッションセンスが酷すぎて見なければよかったと思ってます

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す