お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

ミッション・マンガル 崖っぷちチームの火星打上げ計画

G
  • 字幕

崖っぷちチームの火星打上げ計画

2010年、インドの宇宙事業の命運をかけたロケットの打上げが失敗に終わり、プロジェクト責任者のタラ(ヴィディヤ・バラン)とラケーシュ(アクシャイ・クマール)は誰もが実現不可能と考える火星探査プロジェクトという「閑職」に異動させられる。主婦でもあるタラは家庭料理など家事から閃いたアイデアで、小さなロケットでも探査機を火星に送る方法を思いつき、低予算ながらプロジェクトが始動する。しかし、花形の月探査プロジェクトに比べれば陰の存在であるプロジェクトにチームとして集められたスタッフは、トップクラスとは言えない、経験の浅い、いわば二軍の寄せ集め。はじめはバラバラのチームだったが、女性たちの節約アイデアで、わずかな予算でも火星打上げを成功に導くため、チームは結束し奮闘する。そして、2013年、彼らのアイデアと努力が詰まった火星探査機「マンガルヤーン」が火星へと打上げられたー。

詳細情報

原題
Mission Mangal
関連情報
撮影:ラヴィ・ヴァルマン 音楽:アミット・トリヴェディ 編集:チャンダン・アローラ
音声言語
ヒンディー語
字幕言語
日本語
制作年
2019
制作国
インド
対応端末
公開開始日
2021-08-04 10:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

キャンセル

ドラマ洋画ランキング

ミッション・マンガル 崖っぷちチームの火星打上げ計画の評価・レビュー

3.9
観た人
1000
観たい人
2020
  • 3.4

    ねるさん2022/01/20 00:39

    アクシャイクマールさん、よく作るなぁ

    実話に基づいているためなんとも言えないんだけど、女性の押し売り感?が若干気になった

  • 4.0

    boscoさん2022/01/14 01:10

    “夢は眠っている時に見るものではなく
    君を眠れなくするものだ”

    ロケット打ち上げプロジェクトに失敗した2人が、火星プロジェクトに左遷されつつも、アジア初の探査機打ち上げミッションを目指して尽力する、実話を基に作られた映画。

    実話を基にメイクアップしたものは数あれど、夢というテーマにこだわって作り上げられたものはなかなかないかと。

    インド映画慣れしてないと独特のテンポ、カメラワーク、あとは踊り出すテンションについていけないところはありますが、これでもわりと控えめな方なんやで?

    というくらいインド色控えめ。
    インド映画そんな観てないから知らんけど。

    登場人物の数に対するバックボーン描写の比率は気になる人もいるかもしれませんが、エンタメとして楽しめる個性的なキャラクターと起伏のあるストーリー。好きです。

  • 3.6

    とびまるさん2022/01/04 21:04

    窓際に追いやられた科学者が火星探査機にチャレンジするインド版胸アツ映画。
    女性科学者だ沢山出るので、ハリウッドだとドリームみたいな感じかな。日本でもハヤブサが帰還したとき確か3本くらい映画作られたし、こういう未知の世界に挑戦するストーリーって大体似てるけどやっぱり盛り上がりますよね。
    ちょっと控えめだけど踊ってくれるし、全体的に明るいのがインド映画らしくて良いです。

  • 3.7

    Kororin68さん2022/01/01 22:32

    インドの火星探査、世界初成功の実話。
    女性たちの大活躍がステキで、インド版「ドリーム」。
    アクシャイ・クマールなので、「パッドマン」とかぶりまくっちゃう。
    新年一本目、元気もらいました。

  • 4.0

    pommeさん2021/12/26 17:17

    インド火星探査機打ち上げ物語。
    パッドマンチームによるアクシャイクマール主演の、安心して観れる映画です。

    不可能と言われる火星探査機打ち上げを、寄せ集めの女性エンジニアたちと少数男子で挑む物語。
    鍵は"節約術"。

    プロジェクトのリーダー的存在、タラがとても魅力的です。エンジニアらしく理知的で子供たちのこともちゃんと見ている。
    息子とタラのあのシーン、最高に好きだな。

    ちなみにFilmarksではヒットしませんが、
    パルメーシュワル(童貞)役はきっとうまくいくのラージュー、シャルマンジョーシーです。
    相変わらず占い頼み笑

    安心してください。ちゃんと踊ります。
    ただ127分と言うことは大幅にカットされているんでしょうね涙。

    元気をもらえる映画でした。


    ----ネタバレ----






    最後カウントダウン101から始めるの好きw

  • 4.5

    ミキオカさん2021/12/26 08:09

    決してあり得ないミッションだと思われた火星探査計画。難関テーマでありながら愉快に鑑賞。笑いあり、涙あり。

    責任者のラケーシュが良い。まとめ役のタラが良い。2人とも明朗快活で責任感があり、こんな人物でありたいと思わせてくれる。

    "科学者としての誕生日"なんて素晴らしい発想。一人一人が科学者の心が生まれた時を思い浮かべ士気が上がった所、好きな場面だ。

    親が子供を心配するのは当たり前だけど、過剰になり過ぎちゃダメなのよね、父親は頭ごなしに叱るばかりだったが、手を上げないし(当たり前だけど出来ない親が多いのも事実)奥さんの仕事もなんだかんだ優先させてあげてるので素敵な夫婦だった。親子で踊る場面も好き。

    総じてこの作品は良い場面盛り沢山で好き!やっぱり女性が活躍する作品が大好き!

  • 2.5

    froghogponksさん2021/12/24 21:00

    夢みたいな概念で感化させ定時に帰れなくするの居酒屋甲子園常連みたいなブラック企業だなと思った。リーダーが不可能とゆう言葉だけでヒステリックにブチギレるあたりも。あと感想でインドは女性の社会進出が進んでる、それに比べて日本は〜みたいなの散見したけど、宇宙科学レベルの能力をもつ人らそんなん関係なく引く手数多なのでは?と思った。しらんけんど。

  • 3.5

    筍さん2021/12/22 22:13

    やっぱり踊るんかい🤣

    インドの宇宙計画のお話ですね~🤔
    これ実話なんだね~🤔
    インドはこれからどんどん発展していく国だからね~🤔
    頭いい人多いんだね😃

    やっぱり女性の方が頭柔らかいから、こういう仕事に向いているのかな。

  • 3.1

    じえりさん2021/12/22 15:38

    インド映画好きなので期待大で鑑賞

    夢は眠っている時に見るものではなく
    君を眠れなくするものだ

    パパが踊り出して笑

    実話ベースということですがかなりドラマチックな演出
    見やすいしラストはスッキリ

  • 4.2

    シネマさん2021/12/16 00:00

    "宇宙開発を巡る奇跡の実話を描くインド製作のサクセスムービー。低予算の中で、アジア初の火星探査機打ち上げに成功したチームの快挙を、女性科学者たちの奮闘を軸に描き出す"⬅️WOWOW月刊プログラムガイド2021年12月号番組解説より。

    インド映画をきちんと視聴したのはまだ10本目未満だが、全て安心して観られる内容。

    インドも色々な問題を抱えているが、さらっと伝えていて、火星ミッション成功という目標がぶれていないストーリー展開。

    10年も前に成功していたとは!!!
    凄い!!!

    科学者のうちほとんどが女性だったが、実際にも半分位は女性で、ほんと日本はジェンダーギャップ指数の低い国だと実感する。

    メイドがいるから成り立つのかもしれないが、家庭と仕事と子育てを両立していて凄い…。

    資金が豊富でも創意工夫がないと計画は失敗する。

    資金がない中、
    創意工夫し探査機は外注すると高いので一から設計。
    既にあるロケットを利用する。
    こういう発想が特に好き!!!

    金属は錆びるがプラスチックが海洋ゴミになって漂っている様子から軽量で頑丈な素材を発明するとか、色々面白い。

    全てさらっとしていて、あまり力が入っていないのも良かった。

    自分にとって今年一番の映画!!!

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    リンクがクリップボードにコピーされました