お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

おもいで写眞

G

それを撮ると、あなたの人生が眩しく輝き出す

たった一人の家族だった祖母が亡くなり、メイクアップアーティストになる夢にも破れ、東京から富山へと帰ってきた音更結子。祖母の遺影がピンボケだったことに悔しい思いをした結子は、町役場で働く幼なじみの星野一郎から頼まれた、お年寄りの遺影写真を撮る仕事を引き受ける。初めは皆「縁起でもない」と嫌がったが、思い出の場所で写真を撮るという企画に変えると、たちまち人気を呼ぶ。ところが、あるひとの思い出が嘘だったとわかり、その後も謎に包まれた夫婦や、過去の秘密を抱えた男性からの依頼が舞い込む。怒って笑って時に涙しながら成長してゆく結子の毎日は、想像もしなかったドラマを奏でてゆく──。

詳細情報

関連情報
制作会社:スタジオブルー 音楽:安川午朗
音声言語
日本語
制作年
2020
制作国
日本
対応端末
公開開始日
2021-08-25 10:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
440
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
550
ご注文手続きへ

キャンセル

ドラマ邦画ランキング

おもいで写眞の評価・レビュー

3.6
観た人
755
観たい人
2276
  • 3.0

    べりすさん2021/10/24 01:11

    この映画は本当に公式Twitterがとある女優さんを「ほんとこの女殺したいwww」だのなんだの連投して、中の人が誤爆したんだろうけど謝罪も「乗っ取られたかも」的な誠意がなくて見たくなくなった映画でした。
    もともとこの作品、ヘアメイクさんをやめて田舎に帰った女の子の話と聞いててみたくてフォローしてたのに…
    しかもその女優さんは実在するし、アカウントを鍵かけたりと被害が出て私もたまらず公式Twitterのフォローを外した経緯があります。

    映画「おもいで写眞」の公式アカウント、凄まじい誤爆をやらかしてしまいネット震撼
    http://blog.livedoor.jp/gunbird/archives/10340359.html
    ↑全てこちらに記事が残っててスクショも残ってます

    なのでモヤモヤしたまま、でも見たくてレンタルしたし気持ちはブレブレのレビューになります💦💦

    ヘアメイクさんが何回もクビになってるんですよね…謎。
    職にありつけなかった、食べていけなかった、病気になって続けられなくなった等はあると思うんですが。
    しかもデパートのBAさんになるがそちらもクビって…
    よくわからない設定🥺

    で、遺影写真をとる役所の仕事をするけどヘアメイクの技術は一切活用なしという感じのストーリーでした。

    思い出の場所を撮っていくともうあらすじで大体のストーリーは完結してしまいますが、家族との確執とか主人公の性格も相まって映像に反して暗い感じでした。
    そして、幼馴染と会話してる主人公は性格が悪く見えました…。
    これが本当の姿か…みたいな。
    だからヘアメイククビ毎回なったのではとよぎりすぎてしまいました。
    結局ツイッターの誤爆の女優さんももちろん出てこないし、映画の伏線か!?とかネタにされてたけど全く伏線でもなく映画の炎上商法の宣伝だったとしても非常に悪質なだけでした。
    そのぶんラストの夕日はすごいきれいでした。

  • 4.0

    Naokyonさん2021/10/17 10:23

    素敵な作品でした。
    結構早い段階からうるっときてしまった。

    高良くんが優しくて純朴で温かかった。
    どんな役をやっても違和感なくこなす素晴らしい役者さんだと思います。

    そして吉行さん、古谷さん 素敵です🎵

    主人公がいつありがとう、ごめんなさいを言葉にできるようになるのかなって思って見てたから
    「おばあちゃん、ありがとう」はホッとした。
    御年寄との交流、町の人の優しさから少しづつ心が開かれて素直になっていくのがこころを打った。
    言葉にしなくても相手が素敵な人たちだから受け止めてわかって貰えるけれど
    でも、やっぱり ありがとう、ごめんなさいは言葉にしてほしいな…って思っちゃった。


  • 3.5

    ぎょんたさん2021/10/09 18:23

    発想も良いけど、写真を題材にした映画は外れがありませんなあ。上手く恋愛も絡め良かったです。聖母も良いけど気が強い麻衣さんも良いですなあ。サイドストーリーはベテラン俳優でガッチリ固め、最後は主人公の過去の記憶を辿る素敵な映画でした。

  • 3.7

    ポコ太郎さん2021/10/05 18:55

    2021-301

    正直あまり期待していなかったが思っていたより遥かに面白かった。何となく実話を元にした作品かと思ったが残念ながらフィクションだった。
    行政の取り組みの一環で本当にこういうサービスがあってもいいと思えるくらい「思い出写真」は素敵だった。

    全ての「思い出写真」が映し出されるシーンでは、一枚一枚に各人の人生が凝縮しているように見えた。儚く尊く美しく思えて感極まって気がついたら涙していた。
    途中主役の結子の暴走に驚く事はあったが基本的に登場人物が皆いい人達で安心して見ていられたのもポイントが高かった。
    見終わった後も暫くポカポカした気持ちになるいい映画だったと思う。

  • 3.3

    えみさん2021/09/27 01:15

    不器用な女の子が人と触れ合って成長していく話。設定は面白いけど、あらすじ通りかなぁ。
    なんだか演出でツッコミたくなるところ所々あり。
    高良くんのああいうキャラクター好き。かわいかった。

  • 4.0

    諒さん2021/09/24 21:05

    遺影だと縁起が悪いから、思い出の場所で撮影します。
    とても良いアイデア。
    どの写真も皆とても良い表情で写っていて一枚の写真からその人のドラマを感じさせる。
    エピソードも色々あって良かったけど、和菓子のだけ意味が分からなかった。
    爽やかな感じの幸せな作品。

  • 3.6

    やすさん2021/09/20 16:51

    久しぶりにTSUTAYA新作5枚1100円を利用して、借りてきました。
    1本目は熊澤監督の最新作です。

    祖母を亡くして肩をおとしていた彼女に、遺影に使う写真を、亡くなる前に撮る仕事をしてみないかと、幼なじみから言われ…

    ヒロインが、一人で手探りでアイデアを出しながら、この仕事を人に広め、お年寄りと距離を縮めていく姿は、この子が祖母に育てられ二人で住んでいたからこそ、出来たのかなと思いました😌

    そしてメイクアップの仕事をしていたからこその配慮があって、センスもある。

    でも、何故か優しい幼なじみに対しては、強気すぎてちょっと怖い😅
    後半はさらにお年寄りにも激しく当たるとこがあり、ちょっと引いたりもしました💦
    成長物語なので、そこは仕方ないのでしょうけど(汗)

    この映画、「優しい嘘」がテーマになっている気がしました。
    嘘は、私自身も苦手で嘘をつくことがうまく出来ない。
    でも何でもかんでも、ほんとの事を言えばいいってもんじゃないんですよね。
    私も、嘘の裏側の配慮をさりげなく出来るような人を、目指したいものだと思いました。

  • 3.9

    purplyさん2021/09/19 14:17

    田舎の団地を舞台に、老人のおもいで写真を撮って、みんながつながって幸せになる映画かと思いきや、若い人が見ても、ハッとする構成の上手な映画でした。
    観てよかったと思いました。
    ベテランの俳優さんはやっぱいいですね。

  • 3.7

    タクテツさん2021/09/14 02:28

    遺影は自分が亡くなって
    他の人が見るもので、
    自分が大切にしたいおもいでのままで
    他の人の中に残っていてほしいという
    メッセージになるのだという事を気づかせていただきました。


    主人公には同情しようとすると突き放してくるような、そんな難しさがあったように思います。

    深川さんが可愛いかったです。

  • 4.0

    くぅーさん2021/09/12 19:23

    うん、ほっこりと見入ってしまって・・・いい意味で、悪い人の出て来ない作品をたまにはしっかり見ておこうという余韻に。

    東京でメークアップアーチストを挫折した女性が、故郷の富山に戻って、実家での過去の経験を生かして遺影写真の撮影の仕事を始め、人々との交流を通して人生を見つめる姿を描く本作。

    そう、とにもかくにも優しくなれる、心が洗われる感じで、ノスタルジック感も効いて・・・若者向けではないですけど、この世知辛い今だけにオススメしたい良作で、そこに尽きますね。

    そんな俳優陣では、まずは深川麻衣・・・いい感じに喜怒哀楽を魅せ、彼女の代表作になるかと。
    高良健吾が見事ないい人アシストを披露し・・・香里奈の存在感も実に良かった。
    さらには、久しぶりに古谷一行がいい味を出し・・・吉行和子も流石のサポートぶり。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    戻る