お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

ヘンゼルとグレーテル 字幕版

G
  • 字幕

深い森の中にひっそりと佇む古めかしい洋館に潜む身の毛もよだつ秘密とは…。

山道を走る車の中。右手に握った携帯電話から前方へと視線を移したウンスは、路上に横たわる何かを見つけ慌ててハンドルを切った。しかし、車はコントロールを失い、路肩の木に激突。車を捨てて森の中を彷徨ううち、ウンスは気を失ってしまうのだった。しばらくして意識を取り戻した彼は、赤いケープを纏ってランタンを提げ、恐る恐るこちらをうかがっている少女の姿を目にする。ヨンヒと名乗った彼女に導かれるように森を進むウンス。やがて2人は、古めかしい洋館に辿り着いた。幸福なる子どもたちの館―そこでウンスはヨンヒの両親と兄妹、そして沢山のおもちゃに迎えられる。電話の通じない館でひと晩を過ごし、お菓子だけの朝食を振る舞われたウンスは、一家に別れを告げて森の中へと足を踏み出すが…。

詳細情報

関連情報
撮影:キム・ジヨン 編集:キム・ソンミン 音楽:イ・ビョンウ 衣装:チョ・サンギョン 美術:ュ・ソンヒ
音声言語
韓国語
字幕言語
日本語
制作年
2007
制作国
韓国
対応端末
公開開始日
2021-08-17 10:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

購入

アプリでDL可
標準画質(SD)
1,650
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
2,200
ご注文手続きへ

キャンセル

韓国映画洋画ランキング

ヘンゼルとグレーテル 字幕版の評価・レビュー

3.3
観た人
350
観たい人
313
  • 3.0

    マダムふくださん2021/09/12 05:46

    運転しながらの電話で事故を起こしてしまった男
    朦朧とする意識の中で可愛らしい少女と出会う。
    近くに家があるから着いてこいという。

    感じのいい夫婦、賑やかだが礼儀正しい子供達
    すっかりお世話になり、さて帰ろうと森に出るも、木々はうっそうと生い茂り、迷ってしまう。

    なかなか森から出られず家族に世話になるうち、家や家族たちについての謎が深まっていく……。

    それがなければ映画が始まらないのは分かっているんだけど、なぜ事故ってフラフラと森の中まで行っちゃうのかね?
    車の近くで倒れていた方が生存率上がりそうなのに。

    韓国ホラーは質がいいのが多いので期待してみたけど、よくわからんシーンもあってなかなか入り込めなかった。
    主人公の男性がかわいかったので加点。
    もっとじっとりしたやつみたいなーっ

  • 3.6

    ちろるさん2021/09/08 15:46

    迷い込んだのは怪しい閉鎖的な森の中。

    助けを求めたそのクラシカルな屋敷には、不気味なほど友好的な家族が待ち構えていて、その笑顔に微笑みかけられた時、僕の運命は決まっていたのかもしれない・・・

    愛を求めて、求め続けて、裏切られて、それでも愛を求め続ける子供たちの欲望は残酷な力となり森を蟻地獄と変えてしまう。

    『永遠の子供たち』や『エスター』を彷彿とさせる、切なさと恐怖が入り混じる韓流的怪奇ダークファンタジー。

    ホラー好きな人からしたら恐怖の面では物足りないのかもしれませんが、十分グロテスクで、なかなかゾッとします。
    欧米、特にスペインホラーだと良く観るタイプのストーリーですが、これが韓流でやるのが珍しい。

    あと、こちらは日本でも人気のシム・ウンギョンのデビュー作でめちゃくちゃ可愛い!のでそれを観れるだけでも一見の価値があるのではないかなと思います。



  • 3.0

    餡蜜さん2021/08/31 01:12

    どーん⤵︎
    哀しくて切ないお話😔
    14年前のシムウンギョンちゃんすっごくかわいい。
    子役の演技が達者でございました。

  • 3.2

    Aさん2021/08/13 13:35

    「楽しい子供達の家」がゴリゴリの西洋風で韓国とのミスマッチ感が強くて最初は違和感だったけど、見終わってから考えると子供の思い描く裕福な家庭ってああいう分かりやすい感じだよなと思った。

    お菓子のご飯もきらきらの宝石も山積みのおもちゃも孤児院で子供たちが欲しくてたまらなかったものなんだと思うと切ない。

    ファンタジー的にやばい子供たちに現実的にやばい大人ぶつけてくるの流石韓国映画って感じで面白かったw
    過去の孤児院パートの重たさも韓国映画っぽくてファンタジーとリアルの高低差が感じられて良かった。

    色使いが中島哲也監督の世界っぽいな〜と思った。
    バリバリの原色使いの色合いがパコと魔法の絵本みたい。

  • 3.2

    yasooさん2021/07/31 00:11

    グリム童話的世界観の家や服装に、おもっきりアジア人というミスマッチに馴染め切れないまましばらく観ることに。特に導入部に不自然なことが多く、イマイチ入り込めなかった。
    後半はそれほど違和感を感じる部分はなくなり、それなりに楽しめた。童話をモチーフにしてるので、もっと残酷なものかと期待してると、それ程でもなく、ちょっと肩透かしをくらうなど。

  • −−

    ちょちょさん2021/07/29 09:18


    サンタさんは何でも叶えてくれる

    ホラー要素は少なめ。
    ファンタジーなんだけどTHE韓国映画を観たなと思う。
    観終わって咳払いしたくなる気味悪さ(は?)
    すんばらしい演技の子役たち✨
    来たぜチン・ジヒちゃん♡

    いやぁ、小物からお家からよ〜く作られてる!
    チャーリーとチョコレート工場以来の子供喜ぶ家…‼︎

    流れ的に、思わずははっと笑う場面もあるが子供の目線で"悪い大人"の口元を映しているのがなんとも気持ち悪い…。

    あれっ、どっどこでもドアとのび太⁈

  • 3.5

    千年女優さん2021/07/26 20:09

    妊娠した恋人の下へと向かう道中の事故で森の中へと転落し、現れた少女ヨンヒに彼女が兄と妹と両親と暮らすお菓子とおもちゃで溢れる家へ招かれたウンス。迷路の様な森から出られず、一向に帰り道を教えないばかりか両親が家を空ける始末の一家に悩まされる彼が、次々と起こる不可解な出来事に不審を募らせる様を描いたホラー映画です。

    ポン・ジュノとの共同脚本で制作したソン・ガンホ主演作品『南極日誌』等で世界的な評価を受けるイム・ピルソン監督の2007年公開の作品で、木こりの家に生まれた兄妹が貧しさ故に母親から森の中に捨てられて怪しげな魔女の家に誘い込まれる様を描いた世界的に有名なグリム童話『ヘンゼルとグレーテル』をモチーフにしています。

    超常現象による不可解さに悩まされるホラー映画の括りであってもコンセプトから分かる通りファンタジー色の強い物語であるために恐怖はかなり控えめで、グリム童話があまりにも有名であるためある程度察しはつく所もありますが、物語の真相の真相は哀愁に満ちたもので「外の世界では子供は皆安全なの?」のセリフに胸が詰まる一作です。

  • 3.4

    ぽてとさん2021/07/24 00:12

    山道で事故を起こし森に迷い込んだウンスは赤いケープまとった少女・ヨンヒに導かれ、古い洋館にたどり着く。
    そこでウンスはヨンヒの両親と兄妹、そしてたくさんのおもちゃに迎えられる。
    翌朝、ウンスは一家に別れを告げて森の中へと足を踏み出すが...。



    韓国のダークファンタジーは初めて観たなぁ〜。
    雰囲気は好きだった。
    ところどころヘンゼルとグレーテル要素はあるけど、タイトルにするほど関係はない気が。
    韓国映画×子供中心ってなると行き着く先は...
    でもそれだけ韓国ではそういう事件が多かったりするのかもな。
    面白くなくはないけどもう一歩な印象。

  • 2.1

    aikeidさん2021/07/23 16:30

    無駄にめちゃくちゃ色んな話が重なって終始困惑。
    あぁなるほどと分かるまで本当に長すぎて……うたた寝しちゃったくらいです🥲

    まぁやたらヨンヒちゃん男の人にとりいるの上手いな……なんか変に見られるんじゃないか心配してたら過去の話出てきてなるほどと思ったし。
    韓国映画って子供に対しての性描写が多いのは気のせいかな……。
    私が見たのがたまたまそうゆうのが多いだけかしら(´×`)偏見でごめんなさい

    それにしても凄い矛盾じゃないかな

    大人は嫌い
    でもずっと永遠に一緒にいて欲しい

    大人は嫌いだけどそばで見守ってて欲しい

    親になって欲しいってことよね

  • 3.7

    きみさん2021/07/12 08:20

    ノーリサーチで視聴。ずいぶん前の作品なのにチョン・ジョンミョンが変わらなくてびっくり!

    『ヘンゼルとグレーテル』の要素が時々思い出したかのように出る。
    パンをちぎって目印とかかまどに押し込むとか…
    これいる?タイトルになぞらえたこじつけに感じてしまった。

    タイトルに囚われなければ、可愛い子供たちが実は…ホラーファンタジーでいいのに。

    子役がみんな上手い!可愛さの中に残酷さを感じ不気味。

    終盤に登場してきた、偽宗教家夫婦。
    子供たちの悲しい過去が…目を覆いたくなるような場面をバッと見せるところは韓国映画のすごいところだといつも思う…

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す