お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

Arc アーク

G

私は世界に触れる――人類初、永遠の命を得た女性の物語

舞台はそう遠くない未来。17歳で人生に自由を求め、生まれたばかりの息子と別れて放浪生活を送っていたリナ(芳根京子)は、19歳で師となるエマ(寺島しのぶ)と出会い、彼女の下で<ボディワークス>を作るという仕事に就く。それは最愛の存在を亡くした人々のために、遺体を生きていた姿のまま保存できるように施術(プラスティネーション)する仕事であった。エマの弟・天音(岡田将生)はこの技術を発展させ、遂にストップエイジングによる「不老不死」を完成させる。リナはその施術を受けた世界初の女性となり、30歳の身体のまま永遠の人生を生きていくことになるが・・・。

詳細情報

関連情報
原作:ケン・リュウ『円弧(アーク)』(ハヤカワ文庫刊『もののあはれ ケン・リュウ短篇傑作集2』より) 音楽:世武裕子 編集:石川慶 撮影監督:ピオトル・ニエミイスキ 照明:宗賢次郎 美術:我妻弘之 録音:山本タカアキ 編集:太田義則 キャスティング:吉川威史 装飾:山川邦彦 スタイリスト:高橋さやか ヘアメイク:酒井夢月 振付:三東瑠璃 VFXスーパーバイザー:鈴木信哉 音響効果:柴崎憲治 助監督:近藤有希 製作担当:三村薫 エグゼクティブプロデューサー:ケン・リュウ|川城和実 製作:河野聡、池田宏之 コ・エグゼクティブ・プロデューサー:濵田健二 プロデューサー:加倉井誠人|仲吉治人 ライン・プロデューサー:古賀奏一郎     
音声言語
日本語
制作年
2021
制作国
日本
対応端末
公開開始日
2021-09-11 10:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入2,037円~

購入

アプリでDL可
標準画質(SD)
2,037
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
2,546
ご注文手続きへ

キャンセル

ドラマ邦画ランキング

Arc アークの評価・レビュー

3.5
観た人
2344
観たい人
7558
  • 3.5

    KONさん2021/11/15 18:22

    死があるからこそ、
    生が、人生が尊くも素晴らしいものなんだと
    自分の中ですごい考えさせられる映画だった
    そして、観た人の考えまで聴きたくなるし、語りたくなった

    導入の芳根ちゃんの踊りから世界観にすごい引き込まれた😳
    踊ってるのご本人なのかわからなかったけど、本当にすごいかった

    寺島さんの迫力も脱帽👏

  • 2.0

    しゅんちゃんさん2021/11/11 08:54

    めっちゃ苦手なタイプの作品だった…。
    単純に退屈で全く面白くない。いやまぁこの映画にエンタメ的な面白さを求めるのが間違いなのは分かってるけど、アート寄りすぎてめちゃくちゃ眠かったよ…。
    それでも前半は世にも奇妙な物語みたいな世界観がなんか面白くて割と興味持って観れた。なんだけど、後半の画面がモノクロになってからがひたすらにつまらない…。モノクロにした意味はちょっと僕にはよく分からなかったし、余計に眠気を誘うのでやめてほしかったかなw
    後半はSFというよりヒューマンドラマで、それはそれでいいんだけど、あまりに間延びしているように感じで終盤は早く終わらないかなーっていう気持ちしか無かった…。
    まだ人生経験の浅い僕には早かったんだろうな。年をとってから観たら多分違った感想になると思う。

  • −−

    ta2さん2021/11/07 22:20

    詩的な作品だった。
    円には始まりも終わりもないが、円弧には始まりと終わりがある。Arcとはそんな意味かなと考えた。

  • 3.6

    リョウタさん2021/11/04 04:32

    2021年 635本目

    誰もが1度も考えたことがある不老不死を現実的に描いていた本作

    前半はカラー、後半は白黒と前半と後半で全然違う印象だった

    息子の伏線回収が切なかった

    芳根京子さんの演技力がさすがだった

  • 2.5

    ラプラスさん2021/11/04 02:47

    遺体を生きていた姿のまま保存できる技術や、不老不死の術を見つけた世界という、あと10年後などに来てもおかしくない状況。
    ”不老不死”という人類のゴールとも言うべきものを手にしたからこその悩み・葛藤を上手に描いた作品。
    ただ、ラストはふわっと終わってしまったので少し残念。

  • 4.0

    17さん2021/11/03 23:17

    地元では上映が無く…配信レンタルで。

    前作蜜蜂と遠雷がオールタイムベスト級に大好きで、映画を観終わって劇場を出た後世界が変わって聞こえるという映画体験にめちゃくちゃ感動したこともあって、次回作を楽しみにしていました。
    わたしは石川慶監督の映像と音楽の感覚が好きなんだと思います。
    前作は特に「音」が肝になる話だったからかなと思っていたけど、本作にも自然の音と人工的な音が耳に残っていて、うまく言葉に出来ないのだけれど、わたしはこの感じがとても好き。
    映像も。言葉にするのはとても難しくてわたしの貧困な語彙では…!なんだろう…シュッとしているという言葉でしか!なんか!シュッとしてるの!かっこいい!

    次回作も楽しみだなあとりあえず愚行録観なきゃ…元気な時じゃなきゃ観れなそうだけど…!

  • 3.6

    川本凌さん2021/10/28 16:18

    絶対好きな題材だと思ったし、前半の洗練された雰囲気はとても良かったんだけど、後半から思ってたのと違うテイストになった。

    「ダウンサイズ」観た時の感覚に似てる。

  • 4.0

    Koromaruさん2021/10/27 23:59

    全ての俳優の演技がうまかった。ストーリーとか世界観も引き込まれるような感じで好きだった。

    「不老不死」が現実になった世界の話。「死が生に意味を与える」って私も信じてるから、「不老不死」を作り出した天音を批判的に思った。でも、「不老不死」を選ばなかった人達も守ろうとするところは素敵に思えた。最後の方の「天音の庭」でのシーンは前半に比べてだいぶ人間らしさが感じられて、ほっこりした。

  • −−

    あさん2021/10/21 19:30

    初日に鑑賞

    映像に流れる空気がとても澄んでいて冷たくて美しかった。

    映像や音楽へのこだわり、改めてすごい。
    展覧会をみるように楽しめた。

    話の終わり方も良かった。
    ラジオ(?)から聞こえてくる負のニュースが最後までみると
    苦しいものでは無く感じたことが印象的だった。
    撮り方がうますぎて、伏線が全然隠されてなかったとも感じた。

  • 3.0

    赤だるまさん2021/10/15 10:08

    ・画がおしゃれ。白黒になったり。個人的には分かりやすいし嫌いじゃない。
    ・キャスト陣は風吹ジュンさんから子役の鈴木咲さんまで上手かった。芳根京子さんは言うまでもなく。
    ・ちょいとホラーなシーンもある。ホラーというか悪趣味な感じかも。深くは言わないけど挨拶のシーンは嫌い。というか怖い。
    ・撮影場所は高知だと思うので同じ四国の民として嬉しかった。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    リンクがクリップボードにコピーされました
    戻る