お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

伝説の白い馬

G
  • 字幕

これは嵐の夜に生まれた伝説の物語。

これは嵐の夜に生まれた伝説の物語。若き日のラッセル・クロウが孤高の男を熱演!大自然と共に描く寓話的で余韻深い物語!牧場を営む夫の留守を、娘インディと守る妻ミッチェル。ある嵐の夜、眠れぬインディのために、“嵐の夜に生まれた伝説の白い馬”の話を始める。ベルベルという名の美しい野生の雌馬と、“滝の馬”と称される雄馬ヤラマンとの間に、銀色のたてがみと尾を持つ仔馬が生まれる。その名は“風”の意味を持つサウラ。母馬ベルベルはサウラに大自然の中で生き抜く術を教えていく。だがある日、野生馬を探しては飼い馴らすことを使命とする男が、白く美しいサウラの姿を目に留めるのだった。捕獲しようとするその男から、かろうじてサウラは逃げ切るが、その男は決して諦めようとはしなかった。

詳細情報

原題
THE SILVER BRUMBY
関連情報
製作:コリン・サウス|ジョン・タトゥリス 撮影:マーク・ギルフェッダー 音楽:タソス・イオアニデス
音声言語
英語
字幕言語
日本語
制作年
1993
制作国
オーストラリア
対応端末
公開開始日
2021-10-02 10:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(7日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

キャンセル

ファミリー洋画ランキング

伝説の白い馬の評価・レビュー

2.9
観た人
55
観たい人
27
  • 1.9

    theocatsさん2021/11/20 15:01

    なんてことはないオーストラリアにおける野生馬サーガ。
    ストーリーうんぬんよりもロケ地の自然景観と馬の優美な肢体を堪能するといった感じ。
    若き日のラッセルクロウを見られるという点ではファンであれば価値があるかも。

  • 2.8

    umakoronさん2021/10/29 21:25

    個人的に愛してやまない馬と
    最も好きな俳優 
    ラッセルクロウの最強タッグ

    若かりし頃の体が膨らむ前の
    ラッセルクロウを堪能し
    華麗な馬捌きに目が釘付けに

    手綱をコントロールしながら
    2頭の馬を引き連れるなんて
    常人には無理

    モンキースタイルの
    ヘルメットなしの襲歩!
    この度胸に驚愕

    鎧が深いのでスタントさんではなく
    ご本人が乗っていると思われるが
    どうなんでしょう?

    映画はラッセルクロウ贔屓
    馬好き以外は
    ちょっと見どころが薄いかも

    しかし美しい自然の映像は十分に美しく
    昔カウアイ島で外乗した際に
    野生の馬に出くわした事を思い出した。

    初めて見るそれは
    飼い慣らされた馬とは違う
    孤高のオーラを放ち
    何故かとても幻想的に見えた

  • 3.2

    まことさん2021/10/28 06:58

    白い馬はもちろん、その他の馬たちも全員が伝説に思えた

    ラッセル・クロウもキャリアの初期に、本作のような良い意味でわちゃわちゃしていない作品で経験値を積めたのは彼の後々の俳優人生においてプラスとなったに違いない

  • 3.1

    車寅次郎さん2021/10/25 21:31

    馬と熊、あっ間違えた馬とラッセル・クロウの物語。
    大自然や馬の映像が流れながら、お母さんが娘に伝説の白い馬の物語を話す。
    映像は美しくお母さんの声が子守唄。
    中間寝ちゃいました。

    伝説の白い馬と言っても、ソダシ(競走馬)ほど伝説でもなく、ソダシほど白くもない。
    当時29歳のラッセル・クロウはなかなか格好良い。でもやっぱり熊っぽい。

  • 3.3

    アクアさん2021/09/26 17:25

    親が子に話す寝物語、、かと思えばそうでもなさそう、、ラッセルクロウ若い!しかもめちゃイケメン!!馬の立場からしたらめちゃ悪党になるのかも、、やけどラッセルクロウがイケメンで、ある意味紳士な感じに見えるからそうじゃない感じ。どちらが悪でどちらが善とかいう話でもなく、、駆け引き楽しみつつ、人と馬のせめぎ合い的な、、それを話す美しい母とそれを聞く娘。話が淡々と過ぎ、物語が進んでゆく感じがとても良かった。

  • 3.5

    hoteltokyoさん2021/09/22 14:23

    ある嵐の夜、眠れない娘インディに母親ミッチェルが伝説の馬について語り始める。その馬は、銀色のタテガミをなびかせるサウラという馬であった。「伝説の馬」と呼ばれたサウラはとても美しく、賢く、プライドが高い。そんなサウラを飼いならそうとする一人のカウボーイが立ちふさがる・・・母親ミッチェルが話す物語は実在する話なのか?それとも・・・的な物語。

    大自然の中を、語り部から「男」と呼ばれた若きラッセル・クロウが「伝説の馬」と呼ばれた馬を飼いならそうと奮起する。だがそこは野生の馬。飼いならされた馬とは違い、生きるための知識も違えば、危機管理能力も優れている。なんなら馬同士で対決し、殺し合いなどもあるわけだ。子供ができると、生きるための知恵として危険な人間や火薬の匂いを子供に嗅がせたり、動物の違いなどを伝達していく。まるで人間を所作を見ているような美しい映像が垣間見れる。というか、どうやって撮影してるんだこれ案件。

    見とれてしまうのは、大自然にそびえる山々か?それともラッセル・クロウか?それとも伝説の馬、サウラか?共存を選ばない馬のせつなな物語。

  • 2.4

    mochizさん2021/09/18 16:49

    これはなんとも稀有な、裸馬を堪能する映画…
    最後には涙してしまった。

    オーストラリアには大型プレデターがいないので、野生馬(っていうか野良?)は生きやすそうだ。
    あと犬がかしこかわいい。

    AU$じゃなくてポンドやったんや。

  • 3.5

    ご自由さんさん2021/09/16 19:23

    このような高原森林に野生馬が生息とは。生きるためには人間も動物も馬も同じなのだ。留守番の母娘の自然を通しての白馬の物語りと野生馬の生態を絡めての自然賛歌。自然が野生馬が美しい。ラッセル・クロウの初期作品とは、流石若い29歳。

  • 3.0

    犬さん2021/09/14 23:35

    戦い

    夫のいない家を守る妻と娘
    そんなある嵐の夜、母親は眠れぬ娘のために「伝説の白い馬」の話を言い聞かせる……

    語り
    産まれたときから

    大自然の中


    動物たちが可愛らしい

    馬の世界
    男との関係

    展開は微妙です

  • 3.0

    みむさんさん2021/07/22 09:09

    ブランビーって野生の馬のことらしい。原作ありでテレビドラマにもなっている有名な話らしいがまったく知らずに、ラッセル・クロウ繋がりで観た。

    母が娘にブランビーの目線で書かれた寓話を話す。
    馬目線ではあるけれど、母の読み聞かせ、ナレーションのようになっているので違和感なし。
    野生の馬がシルバーの(白い)馬を産む。狩りをする男から子馬を守りながら野生を生きていくが、あるきっかけでシルバー馬とその男の関係が変わっていく。

    とにかく馬が美しく撮られている。ラッセル・クロウの役どころは思ったほど深く絡んでこなかったが、ハンターである彼の気持ちを動かすのも納得のシルバー馬の美しさだった。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    リンクがクリップボードにコピーされました