お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

パーフェクト・ケア「劇場同時配信」

G
  • 字幕

あなたの資産、「死ぬまで」守ります――

法定後見人のマーラ(ロザムンド・パイク)は、判断力の衰えた高齢者を守り、ケアすることが仕事だ。常にたくさんの顧客を抱え、裁判所からの信頼も厚いマーラだが、実は彼女は裏で医師や介護施設と結託して高齢者たちから資産を搾り取る悪徳後見人だった。パートナーのフラン(エイザ・ゴンザレス)とともにビジネスは順風満帆。まさに“アメリカン・ドリーム”を手に入れたマーラだったが、突如その目前に暗雲が立ち込める。新たに獲物として狙いを定めた資産家の老女ジェニファー(ダイアン・ウィースト)をめぐって、次々と不穏な出来事が発生し始めたのだ。そう、身寄りのないはずのジェニファーの背後にはなぜかロシアン・マフィア(ピーター・ディンクレイジ)の影が!!迫りくる生命の危機、まさに絶体絶命。「私に“負け”はない」と豪語するマーラの運命は果たして―!?

詳細情報

原題
I Care A Lot
関連情報
音楽:マーク・キャナム プロデューサー:テディ・シュワルツマン,ベン・スティルマン,マイケル・ハイムラー
音声言語
英語
字幕言語
日本語
制作年
2020
制作国
アメリカ
対応端末
公開開始日
2021-11-17 12:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入1,900

サスペンス・ミステリー・スリラー洋画ランキング

パーフェクト・ケア「劇場同時配信」の評価・レビュー

3.8
観た人
891
観たい人
10714
  • 3.9

    KIMプラモスキーさん2021/12/08 13:31

    予告で気になってた一本。

    後妻業的な話かと思ったら、もっとドライなやり方でした。
    そして思わぬ展開に…

    前半の怖さから一転、後半は彼女に感情移入していくという構成で、楽しく観れました。

    赤、黄色、青と単色の衣装を颯爽と着こなす
    ロザムンド・パイクがホント素敵でしたー

    上映館が少ないのは配信の関係の様ですが、
    大画面で彼女を鑑賞出来て良かったです。


    2021年102本目





    蛇足ながら。

    エンディングは無い方が好み。

  • 3.6

    ジェイさん2021/12/08 13:28

    2021年166本目の作品(映画館52本目)

    ◯感想
    悪と悪が戦って、巨悪が生まれる物語。これほど肝の据わった人生を送ってみたいなぁ…あと、やっぱり法律への知識は重要。主人公が下手に改心しないで良かった。馬鹿なプロデューサーは、良心に目覚めた方が多くの観客に刺さるだとかなんだとか言って、芸術作品を保守的な思考で固めようとするけど、そんな馬鹿が携わってなくてよかった。バディ役のエイザ・ゴンザレスが強気な婦警っぽくて、すごく好感が持てた。こんな相棒とか秘書が僕も欲しいな。どっかの批評家が言ってたけど、性悪女は男と違ってウケが悪い。でもその価値観を主演を彩って打ちこわした本作は、一種のカウンターカルチャーだな。

  • 2.9

    Naoyaさん2021/12/08 13:11

    法定後見人の女は、常にたくさんの顧客を抱え、裁判所からの信頼も厚いが、裏で医師や介護施設と結託し、高齢者たちから財産を搾り取る悪徳後見人だった。クライムサスペンス作。スマートかつ手際よくやり手の後見人の姿は悪行そのものだが、展開やテンポが凄まじく、悪いことを行っていながらカッコよく見えてしまう魔力がある。悪党だが、魅力的なキャラクターとなっており、主演のロザムンド・パイクが絶妙にハマり役。悪徳後見人の行いにより、更なる悪党が立ちはだかるのだが、より上の悪を喰おうとする様も凄まじく、見応え抜群な展開がある。

  • 4.2

    jkgntmさん2021/12/08 13:01

    冒頭にドーンと出る原題の書体がカッコよくてその時点で良作と確信。
    このままの着地かーと思ったところのあのオチには大納得。
    今作の悪徳法定後見人のように法律的にはOKっていうグレーなやり口、知らないだけで色々あるんだろうなとちょっとイヤな気持ちに。

    鑑賞回の客層の大半がマーラのカモにされそうなご年齢の方々で、どんな気持ちで見てたのか気になります。

  • 3.4

    しのさん2021/12/08 12:55

    ここまで徹底的に邪悪な主人公となると清々しい。彼女を突き動かすのは、ひたすら「勝ちたい」「金持ちになりたい」という際限なき野心のみ。この抽象的なキャラクター造形が、そこにある種の象徴性を与える。つまり資本主義というゲームの病理だ。彼女の強さがなんとも哀しい。

    主人公は所謂「強い女」で、やってることは非道極まりないが、しかしその度を越した屈しなさ動じなさには感心する瞬間も。「ナメてた〇〇が……」系展開と思わせておいてのツイストが効いている。と同時に、社会が彼女にそうさせている面もあるのだろうなという想像もできてしまうというバランス。社会福祉や司法といったシステムが、歪みきった個人主義に総出で犯されるとどうなるかというシミュレーションを提示してくれるという点では、恐ろしくも意義深い。

    だから中盤以降、邪悪なもの同士で無茶苦茶しあう展開はワクワクしたのだが、ここがヌルいのがかなり勿体なかった。もはや資本主義というのは、これまで映画で描かれてきたような「わかりやすい悪」と同等かそれ以上のモンスターを生み出しているのだ、という実感を与えてくれる展開になるはずが、あんな闘いでは両者とも本気でない感じがしてしまい説得力が落ちる。そこは突き抜けてくれないと。

    オチもなんだか想定通りで教訓的なものに映ってしまう。自分からすれば、あれでもまだ劇的すぎるし、もっと呆気なく孤独に突き放したもので良かったのではないかと思う。そうすることで、本来「ケア」って誰のために、何のためにあるものだったのか、という点に立ち返れたのではないか。

    清々しいだけに劇薬になりきらなかったのが惜しいところだが、時代の違和感を掬い取るエンタメとしては優秀な企画だと感じた。

  • 3.8

    ブルースカイさん2021/12/08 12:51

    肝の座り方が半端じゃないマーラ。
    法定後見人制度の悪用による金儲けに胸がムカつく。
    マーラ役のロザムンド・パイクの人の心を逆撫し相手を窮地に陥れる態度がうまい。滅茶苦茶逆撫でられた~💦

    マフィアに命を取られそうになっても全然可哀想じゃなかった。

    マフィアのボス役の人…前回観た映画では街を片付けていた印象がまだ残っていた。

  • 5.0

    おこめにあきたさん2021/12/08 12:19

    めちゃめちゃ面白い。
    大当たりだったァァ!!

    12月は大作映画がめじろ押しやけど、お財布的に頑張って、この映画だけは観に行ってほしい!!

    ロザムンドパイク、怖えぇ女。
    あとエイザゴンザレス超美人。目の保養にもなるよ!

    パンフレット販売無いのちょっと残念。

  • −−

    426さん2021/12/08 12:15

    「誕生日に7が入ってる人と一緒になりなさい」
    お金持ち地域に住むおば様からそんな事を言われたのは先日の事だった。
    「娘の誕生日が11/08だからいい親の日なんだけどこういうのって逆になるじゃい?」
    この人は何を言ってるんだろうと私は少し困惑したが「中国では8は縁起の良い数字ですよ」と答えたらニコっとして「あなたご結婚は?まだなの?だったら誕生日に7が入ってる人と一緒になりなさい」
    ちなみにだが蒸発した父親は17日の生まれ。生活的に楽ではないかもだがいなくなってからのほうが母親は楽しく暮らしいているように見える。

    ブリトニーの問題で私は知ったアメリカの後見人制度を利用してビジネスをする今作、「なめてた相手が殺人マシーンだった」的な展開とは一味違うなめてた相手映画でとても見ごたえがあった。ロザムンドパイクとピーターディンクレイジが並ぶとそれだけでテンションあがっちまうよ

  • 4.1

    hidehiさん2021/12/08 10:41

    2021/12/7 鑑賞。
    面白いけどコメディと思って見ないとキツいところがあるかも。ひどいよねぇ、、こんなこと本当にあるのかな…?! 基本みんな悪いやつなのであまり誰かに感情移入して見ない方がいいです。もう二転三転で画面から目が離せません。ロザムンド・パイク、『ゴーン・ガール』に引き続きの怪演です。強力。見ながら”後味悪いエンド”なのかなぁ…と心配だったのですが、まぁなんとか!?(でも根本的には何も改善はされてないような)

  • 4.0

    いそぴっぴさん2021/12/08 05:01

    良かった!!!!金がある側の人間ではないことに加え、女であることによる弱みにも絶対に捕われないんだという意地がすごくて、しかもそれを女らしさや「女ならではの強み」を出さずにやり遂げるのが2021年後期ここまで来たねと嬉しかった。一方で、彼女たちの仕事が「ケア」であり、手法もあくまで合法的であるのが上手い。強者に対し、ケアされざるを得ない状況に持ち込むいう共依存的支配は社会的な女性の立場を反映している。正しさの余地がないのも良い。女だからって母性や両親を期待するなよと。
    この話ではパートナーは女でないと成立しないし、敵役は男でないと成立しない。こんなところで負けてはダメ、でもここが上手くいくのでは現実から離れるな、などと考えながら見てたが私の感覚にとても合った展開で安心して見られた。

    欲を言えば、主人公の世代が+10歳であって欲しかった。アラフィフに女性役割への抵抗を見せて欲しい。アラフォーはもっと自由に生きていける気がするので…
    あとはおばあちゃんがもっと強いとこ発揮してほしかったな

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    リンクがクリップボードにコピーされました