お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

ミラベルと魔法だらけの家

G
  • 吹替
  • 字幕

奇跡を起こす方法は、魔法だけじゃない――

『ズートピア』『モアナと伝説の海』のディズニーが贈るミュージカル・ファンタジー。魔法の力に包まれた、不思議な家に暮らすマドリガル家。家族全員が家から“魔法のギフト(才能)”を与えられるなか、ミラベルだけ何の魔法も使えなかった...。ある日、彼女は家に大きな“亀裂”があることに気づく──それは世界から魔法の力が失われていく前兆。家族を救うため、魔法のギフトを持たないミラベルが、“唯一の希望”として立ち上がる。なぜ彼女だけ魔法が使えないのか? そして魔法だらけの家に隠された驚くべき秘密とは!?

詳細情報

原題
ENCANTO
関連情報
音楽:リン=マニュエル・ミランダ|オリジナル・サウンドトラック,ウォルト・ディズニー・レコード|日本語版エンドソング,「マリーポーサ~羽ばたく未来へ~」 Performed by ナオト・インティライミ
音声言語
英語or日本語吹替
字幕言語
日本語
制作年
2021
制作国
アメリカ
対応端末
公開開始日
2021-12-24 10:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

レンタル(2日間)

標準画質(SD)
440
ご注文手続きへ
高画質(HD)
550
ご注文手続きへ

購入

標準画質(SD)
2,200
ご注文手続きへ
高画質(HD)
2,750
ご注文手続きへ

キャンセル

アニメーション洋画ランキング

ミラベルと魔法だらけの家の評価・レビュー

3.7
観た人
12057
観たい人
8952
  • 4.0

    しらすさん2022/01/26 05:23

    アナ雪の時もそうだったが、最近のディズニーは魔法を才能と捉えて、物語を作る。
    ミラベルの特質する所は、
    魔法=才能=ギフト(贈り物)
    と表現している所だろう。

    これは中々シビアな所を突いていて、才能は育むものでなく、贈り物なんだという感覚。
    所謂、親ガチャ問題に繋がる現代的な物語になっている。

    アナ雪のエルサは、抑え込まれた才能を解放し、歌の通り“ありのままで“生きて行く事を選択していく。
    それには王子の存在‥というか男の存在を必要としない‥非常にウーマンリブ的な物語になっている。
    数多くの女性に“少しも寒くないわ“と勇気を与え、心を奮い立たせただろう傑作だ。

    ではミラベルはどうだろう?
    彼女は才能溢れる家族の中で、唯一才能を与えられなかった少女である。
    エルサと違って、自己を確立するための才能がないのだ。

    そんな少女がいかに家族という輪の中で、自己を確立していくか、というミニマムな物語。その結末は才能というある意味、呪われた贈り物に対する現代的な解答になっていたりする。

    決して壮大な作品とは言えないが、丁寧に作られた楽しい映画。
    歌もとても素晴らしい。

    あとコロンビアの政治情勢を勉強しとくと、大人も深く楽しめます。

  • 3.7

    Amyさん2022/01/26 01:11

    想像以上に良かった。
    音楽も映像もキャラクターもみんな素敵でこれぞディズニーって感じだけど、どこかいつもとは違った。
    話の内容は少し薄いかもしれない。
    けどとにかく映像がすごい。髪の質感、スカートの動き、砂の細さ…実写なんじゃないかってくらいリアルで綺麗。

  • 2.1

    hさん2022/01/25 23:39

    全体的に 話が薄っぺらく感じた。

    中盤からの展開が結構駆け足で進むし、
    場面もあまり変わらない。

    映像はとても綺麗でした

  • 3.0

    とろろそばさん2022/01/25 23:37

    久しぶりにディズニーアニメーションみたけど、まずアニメーションがすんごい!
    光、風、髪の毛の動き、表情、筋肉の動き、などなど、質感のリアルさが格段に上がってる気がします。見てて楽しい〜
    今作は音楽が楽しかった!ディズニーっぽくないビートの効いたかっこいい感じの音楽も使われてて新鮮でした!
    ストーリーは文句なしの大ハッピーエンド!
    ミラベルになぜ魔法が与えられなかったのか?ミラベルは家族からの孤立、魔法のないコンプレックスを抱えながらも、前向きで明るく、魔法が無いからこそ他人に優しく寄り添い、家族を守るために頑張ります。
    音楽とアニメーションにスピード感があってとても見応えありました。

  • 4.6

    Ishotaさん2022/01/25 23:37

    超能力の家系なのに無能力者の主人公が家族の絆のために奮闘する作品。

    音楽がとにかく良い。観終わった後も耳に残る曲が多かったです。
    同時に複数で歌うシーンなどミュージカル感がディズニーらしさのある良い作品でした。

    途中ホラー映画かと思いました。
    あと、ブルーノがハリポタのシリウスブラックにしか見えなかった。

  • 3.6

    のあさん2022/01/25 23:14

    元気をもらえる映画!
    曲が良いし、メッセージ性の強い作品だった。
    家族皆で仲良く、その人の才能や能力に関わらず特別な存在っていうのが刺さる。

    リメンバーミーに少し似ている気がする。

    特に姉たちの苦悩を描くところが好きだったな。
    一見、何の不満も無さそうなのに色々抱えてるっていうのをよく表してる。
    力持ちのお姉さんカッコよくて好き。

  • 3.3

    Karenさん2022/01/25 21:21

    主人公に感情移入しちゃって家族酷すぎないか..?と思ったし、手のひら返し感すごいなとも思ってしまったし、終始おばあちゃんが好きになれたかったwグラフィックとか映像は最高に綺麗

  • 3.8

    henderieeさん2022/01/25 16:49

    💐🌼意外とって言ったらちょっと失礼だけど、本当に意外と面白かった。想像超えてきた。ディズニーによるディズニーっぽいディズニー映画。家族の話に弱いからちょっと泣いてしまった。色鮮やかで色々綺麗だった。でも思うんだよな、もし自分がミラベルだったら恐らくこんなあったまるような物語にはなってないんだよな。サスペンスとかになりそう。観た後心が綺麗になった気がする。🌸🌺

  • 3.3

    RNさん2022/01/25 15:17

    2022/01/25

    世間からの目を気にして本当の自分や大事なものを見失ってることってあるよね
    現代はたしかに自由な時代になったかもしれないけど、それ故に選択肢が増えて答えを求めようとすると困難に直面する
    難しいなあ

  • 2.0

    おもちずむさん2022/01/25 14:27

    現実なら、あのおばあさんとは距離をおいた付き合いをするよね。疎外感があるから余計に家族のためにって気持ちが強くなってるのが見ていて痛々しい。

    その他家族もおばあさんの態度に意見しないあたり、ミラベルのこと傍観してたのと同じ。ギフトのない哀れな子として、触れないようにしてたよね。

    この家族に尽くすミラベルってなんなの。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    リンクがクリップボードにコピーされました