お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
  • 再生する

フレンチ・コネクション

G
  • 字幕

巨匠ウィリアム・フリードキン、主演ジーン・ハックマンがタッグを組んだ刑事サスペンスの金字塔!

実際に起きた米国史上最大級の麻薬密輸組織の逮捕劇を、名匠ウィリアム・フリードキン、名優ジーン・ハックマンを主演に迎えて映画化した刑事サスペンスの金字塔。麻薬組織壊滅に奔走する刑事コンビの活躍を、名カーチェイス、迫真のアクションを交えながらドキュメンタリー・タッチに描く。“フレンチ・コネクション”、それはフランスとアメリカを結ぶ麻薬密輸ルート。マルセイユからニューヨークへ密輸される3200万ドルのヘロインをめぐって、NY市警の敏腕刑事ポパイことドイル刑事と相棒ラソー刑事が、国際麻薬シンジケートの黒幕を追い詰める。

詳細情報

原題
THE FRENCH CONNECTION
音声言語
英語
字幕言語
日本語
制作年
1971
制作国
アメリカ
対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
公開開始日
2014-02-06 15:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(7日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
330
ご注文手続きへ

購入(期限なし)

アプリでDL可
標準画質(SD)
1,100
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
1,650
ご注文手続きへ

キャンセル

アクション洋画ランキング

フレンチ・コネクションの評価・レビュー

3.7
観た人
4206
観たい人
3219
  • −−

    地獄のメッポさん2020/06/03 00:28

    70年代という時代背景がファッションや描写から滲み出た、泥臭い刑事モノ。
    何度見ても、クソ寒いニューヨークの街でまずいコーヒー啜るポパイ刑事が良いですね。

  • 3.7

    てんまるさん2020/05/31 23:08

    ザ・刑事って感じの話
    ポパイさん、周りの人からしたら迷惑すぎるなぁと思いながら見てました笑
    ポパイさんの近くにいると、そのうち死にそう
    あと血がトマトジュースみたいでした

  • 3.6

    hazakuraさん2020/05/30 12:25

    麻薬取引事件は実在したもの。ストーリーは面白かったが・・・でも、この時代に撮影したカーチェイスはまさに命がけであったのだろう。生まれる前の作品だもんな。

  • 3.2

    ゆっさんさん2020/05/25 17:49

    この映画、実話ものらしい。
    でもなによりもこの映画がきっかけと言われるカーチェイスの撮り方はかなり臨場感と緊張感があってうまい!

    たまにいるハラハラしないカーチェイスシーンの監督や撮影監督はこのフレンチ・コネクションを模範に撮ってほしいものだ。

  • 3.8

    りょすけさん2020/05/19 10:26

    1972年アカデミー作品賞。
    実在の麻薬取引事件を扱った映画。
    スリリングな警察と売人とのやり取り、予想外の結末などハラハラするストーリーが純粋に面白い。

    CGなんてない時代、命がけのカーチェイス、尾行をまくためのドキドキする心理戦。。。昔の映画はこれだからやめられない。

  • 4.2

    いののんさん2020/05/18 21:33

    執念と狂気は紙一重なのか、執念と狂気は同じなのか。
    ポパイとガントス教授(『ガンマン大連合』!)との追いかけっこ、心理的な駆け引きの絶妙さに、引き込まれる。さらに、車と電車とのガチの鬼ごっこは、多分私は、映画を観ていたんじゃなくて、実録を見させられていたのだと思うのさ。 相棒も同僚も、全く“やれやれ”って感じだったけど、あそこまで徹底的に車を解体できたら、元少年たちは、ちょっと楽しかったんじゃないかな。車の解体は、撮影が楽しかったのか、うんざりだったのか、実のところはどうだったのか、気になるなあ。なんも言わないけど、ポパイの勘を信じてるクラウディが渋い。

  • 3.8

    はやなりさん2020/05/18 12:24

    なるほど名作。映画なのにリアリティがあって、緊迫した空気がナイス。これは面白いわ。

    ゲームは全く詳しくないんだけど、FPS(?)みたいなカメラワークが新しくて興奮&感動。時代から見ると、なかなか新しいのでは?面白かった。

    エクソシストの監督と知って驚き。なるほどなるほど、と頷いちゃうね笑

  • 3.8

    atsushiさん2020/05/17 20:47

    2020/05/17 1回目
    【2020年163本目】
    アメリカとフランスを結ぶ麻薬密売ルート、フレンチ・コネクション。
    ホシを挙げるため、奮闘するバディ刑事。

    この映画、公開の10年前に実際に起きた逮捕劇が元になっているそうで、主人公のポパイ&クラウディー本人が別の刑事役で出演しています。

    お気に入りは、地下鉄での追走劇。
    乗った降りたのやり合いがたまらない。

    ジーン・ハックマン自身が運転したというカーチェイス。スタントなしの本物。命懸けだ。

  • 3.5

    たすさん2020/05/17 13:10

    実際に起きた麻薬密輸事件をモデルとした刑事ドラマ。実話を基にしているからこそのリアルな流れと結末なんだろうけど、突っ込みどころがたくさんあって、正直少しモヤモヤした。。

    とにかくポパイが熱血すぎる。良くも悪くも標的見つけると周り見えなくなるタイプなのね。尾行するときめちゃくちゃ顔バレしてるし、カーチェイスのシーンは迫力あるけど一般人に被害出しまくりだし、結局追いついた犯人のこと捕まえずに殺しちゃうし、最後は同士討ちしちゃうし、、笑 なんか惜しい!ってなった。
    クライマックスも、取引現場に乗り込んで現行犯逮捕しちゃえばよかったのに、なんで橋で待機だったんだろう?それが一番捕まえやすかったのかな?なにか事情はあったんだろうけど、そして結果論だし言うは易しなんだけど。映画を視聴する一般人からすると、全員を捕まえてダイナミックに気持ちよく終わって欲しかった、というのが正直な感想。

    とモヤモヤポイントを描き過ぎてしまったけど、笑 カジュアルに視聴できてすごく楽しめた!めちゃくちゃな演出も笑えながら観ることができたし、車から大量の薬が見つかった時の爽快感も最高だった!!カーチェイスもこの時代からすると相当迫力あったんだろうなあ。マフィアの人たちの極悪でスマートなオーラもまたカッコ良かった。

  • 3.5

    ぎーさん2020/05/17 12:30

    ちょっと突っ込みどころとか、滅茶苦茶なところもあるけど、それも含めて面白い刑事ドラマの傑作。
    辛抱してひたすら張り込むシーンから、銃をぶっ放して暴走するカーチェイスのシーンまで、緩急が効いていてのめり込んでしまった!
    昔の映画なのに、ストーリーとアクションのレベルがどっちも高い。
    実話がベースと言うから、びっくり。

    主人公ポパイは世界の映画に登場した全刑事の中でも、ベスト10に入るインパクトだと思う。
    事件解決のためには手段選ばなすぎる。
    冒頭から悪い奴とはいえ、麻薬の売人に暴行しまくっててドン引き。
    アクションが目立つポパイだけど、感に従ってひたすらサル・ボカを張り込んだりするところがきちんと描かれているところが、この映画の魅力だと思った。

    悪役はマルセイユの麻薬の売人シャルニエ。
    彼が捜査が自分に及ぶのを恐れて、ポパイに差し向けた殺し屋ニコリとポパイのカーチェイスの場面は滅茶苦茶有名。
    でも、正直ポパイのやってる事は破茶滅茶。
    もちろん麻薬撲滅も大事な事だけど、ポパイの捜査のせいで一般市民に被害が滅茶苦茶が出ている。
    ニコリのポパイへの銃撃で市民が射殺されるところに始まり、追跡のために市民の車を奪い取るし、その車を使って逃げるニコリが乗る電車を追って暴走して交通事故が多発。
    焦るニコリも電車をジャックして、何人も銃で殺すし、終いには電車自体も衝突してしまう。
    しかもそこまで甚大な被害を出してニコリを追い詰めたのに、何も情報を引き出せないうちにあっさりと射殺してしまう。
    迫力はあったし、印象に残ったけど全く共感できなかった。

    それよりも1番印象に残ったシーンは、ポパイがシャルニエを尾行する場面。
    ポパイとシャルニエの駆け引きが絶妙で、見ていて楽しかった。
    追われるシャルニエにどこかしらゆとりがあってお洒落だった。

    大変な捜査の末、麻薬を車から押収した時は、このままハッピーエンドかと思って喜んでいたら、そうはならなくってビックリした。
    そう言うところも含めて、歴史に残る刑事ドラマの傑作なのかも。
    ジーン・ハックマンは熱血刑事を熱演していたけど、オスカー取るほどかな?
    「許されざる者」の演技の方が、個人的には遥かに印象的だった。

    いろいろ書いてしまったけど、よくできたとっても面白い刑事ドラマ映画なのは間違いない!

    ◆備忘ストーリー
    https://ja.m.wikipedia.org/wiki/フレンチ・コネクション

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す