お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

ブルーバレンタイン

G
  • 字幕

R・ゴズリング、M・ウィリアムズ競演の傑作ラブ・ストーリー。ひと組の夫婦を通して描く愛の終焉と誕生。

ディーンとシンディの夫婦は娘のフランキーとの3人暮らし。長年の勉強の末に看護師の資格を取り、病院で忙しく働く妻・シンディ。一方、夫ディーンは朝から酒を飲みながらペンキ塗りの仕事をやり過ごしていた。出会った頃のディーンはユニークで、人を喜ばせる才能に長けた青年だったことを知るシンディは、ただ惰性的に生きる今の夫の姿に大きな失望感を抱いていた。

詳細情報

シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

キャンセル

ラブストーリー・恋愛・ロマンス洋画ランキング

ブルーバレンタインの評価・レビュー

3.7
観た人
36629
観たい人
36513
  • 3.5

    あんりさん2022/01/20 18:13

    ある人がMarriage is the goal of Loveと言っていた。それに対して私はこう述べた。I don’t think so, but I think Love is the goal is Life.

    結婚とは
    二人で楽しく生きることではなく
    二人で困難を乗り越えていくことである。

  • 3.7

    ohinasanさん2022/01/20 00:16

    オススメされて。
    すごく切なくなるよ、気をつけてね。と言われて覚悟していたからか悲しい部分よりも2人の想い合っていた時の温かさや、ディーンの大きな愛が観終わって2日たった今でも残ってる。

    私も友人もディーン好きなタイプだった。 

  • 3.8

    カフェオレさん2022/01/19 21:25

    夫婦の幸せだった過去と、明らかにうまくいっていない倦怠期(というかシンディが一方的にディーンを突き放している)が交互に映される。
    シンディがディーンを突き放すようになった決定的な出来事とかはこれと言ってなさそうで、日々のちょっとしたことの積み重ねが積もりに積もって…という感じが嫌にリアル。

    二人の衝突や愛情の重さの違いが辛くて、割と途中から「もう観るのやめていいですかね…」となった。

    どれだけ突き放されたり冷たい態度を取られてもシンディに対しての愛情が変わらないディーンも、ここまでだとさすがに「愛妻家」とか「好きな人をとことん愛すっていいなぁ」みたいなことは思えなくて怖かった。
    相手に求められていない過度な愛情表現は相手を苦しめるというか。

  • 3.0

    総支配人さん2022/01/19 21:22

    泣ける破局映画と聞いて鑑賞
    号泣覚悟で観たけどどちらにも感情移入できなくて泣けなかった
    だけど失恋直後や結婚生活が上手くいってない時に観るとかなりのダメージになるような気はします

  • 3.8

    アオさん2022/01/19 02:23

    うーん切ない。人生は無常。

    勢いで結婚したらこうなるんだ、とはいえあの時は結婚するという選択肢しか無かったのだろうし。

    どこから二人が険悪になって行ったのか、そこも描かれていて欲しかった。

  • −−

    ズルズルさん2022/01/17 01:02

    ひっさしぶりにザ・アメリカ映画 が見たくなって思いついたのがこれだった、なぜ…
    映像がずっとかっこいい 最高と最低が繰り返されるのでどこから降下していったのか、そこも見たかったな〜と思った

  • −−

    マミさん2022/01/16 20:19


    想像とは異なる内容だった。
    ドイツのポスターはもっと濃厚でオドロオドロしてた。

    ライアン・ゴズリングがダメ男だけど、老人ホームに入る男性の部屋を整える優しさは心に響く。

    ダメ男を選ぶと不幸が待ち受けているのが現実だ。

  • 3.8

    kaitomoさん2022/01/15 15:36

    ある夫婦の最良のときと最悪のときが交互に描かれる、苦味強めのラブストーリー。
    冒頭で、ニコラス・ケイジみたいなハゲかたをしているライアン・ゴズリングの振る舞いを観た段階では「こういう無神経な男いやだわー」と思った。
    しかし、出会いパートを観ると「元からコイツこんな感じじゃん」というのが分かる。彼女は彼女で、男を観る眼は本当にないんだろうな、というのも分かる。
    彼は変わらず、彼女は成長したというところで食い違ってしまったのだろう。もともと価値観も大きく違っていて釣り合いもとれていなかったのだ。
    一時の盛り上がりで結婚してしまうのは危ないのだ、という当たり前の事を突きつけてくる。
    とは言え、あの状況で男気を見せた彼を選ぶ以外の選択肢はなかったのだろうし。結局、結婚して観ないと見えないものはどうしてもある。
    これは普遍的かつ現実的なドラマであるがゆえ、多くの男女にダメージを与える作品なのである。
    主演二人の凄みもあり、語り口も切れ味があって、面白かった。

  • 5.0

    ンデゲオチェ郎さん2022/01/14 04:37

    自分で自分の人生に納得できてたほうが適切な人間関係に入りやすくまた人間関係の維持・再構築もしやすいということなのかな。そんな教訓として観た。
    最後のほうは人間関係がダメになっていくときの嫌な雰囲気みたいなのを忠実に描いていてほぼホラー映画。

  • 3.5

    ぱさん2022/01/12 01:44

    身近で起こりうる話。ある種の運命。
    別れたいのに涙が出るという感情がどういうものなのか、考えてもわからないのは、まだ知らない感情だからだろうな。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    リンクがクリップボードにコピーされました