お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

さまよう刃

G

人気作家・東野圭吾の同名小説を、寺尾聰主演で映画化した衝撃サスペンス。少年たちに娘を惨殺された父の復讐劇を描く。

荒川べりで、無惨な制服姿の少女の死体が発見される。薬物注射をされ、強姦されていた被害者とは、長峰重樹のひとり娘・絵摩であった。妻を亡くし、娘の成長だけを楽しみに生きてきた長峰は、変わり果てた娘の遺体と対面し、失意のどん底へと突き落とされる。そんな彼のもとに、謎の人物から留守番電話のメッセージが残されていた。それは、犯人の情報だった。

詳細情報

関連情報
原作:東野圭吾
音声言語
日本語
制作年
2009
制作国
日本
対応端末
公開開始日
2014-02-06 15:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330

サスペンス・ミステリー邦画ランキング

さまよう刃の評価・レビュー

3.3
観た人
5554
観たい人
1884
  • 4.5

    あみだくじさん2021/06/19 22:55

     一人娘を殺された父親の話。この作品を見る前の作品が、自分の娘を性的、精神的虐待をしていた父親の話だったので、真逆だな、と思いながら鑑賞。

     自分の娘をある日突然、酷い目に遭わされて殺されたら、父親はやはり復讐を考えるのかな?母親はなすすべもなく、泣いているだけなのかもしれないけど。
     個人的には、暴力に暴力で復讐しても何も解決しない、と頭ではわかる。が、復讐したい気持ちは痛いほどわかる。周りの人もどっちの気持ちを持っていた。法で裁くのが理想だけれど、実際には被害者に寄り添う裁きって余りないような気持ちもあるし。複雑な気持ちしか抱けなかった。

     ただ、一番卑怯だと感じたのは、犯罪者達にいじめられていて、犯罪に使われた車を貸していた子。殺された娘のお父さんに犯人を教えたら、どんな結果になるか分かっていて教えたのか。自分の手を汚さず、復讐しようとするのは、凄く都合がいい。
    と思っていた。子供の考える事だとは思えなかった。犯罪を犯した犯人達も許せないけど、その子が凄く許せなかった。

  • 5.0

    白兎さん2021/06/11 15:04

    東野圭吾さんの作品を見事に再現した映画でした。とても辛いテーマでした。
    初めから最後まで心が苦しい作品でした。
    少年法というのは残酷な法律です。
    心を持って痛感しました。
    同じ子を持つ親として私だったらどうなってしまうんだろうとすごく考えます。
    法律とは誰のためのものなのでしょうか?
    警察は市民ではなく法律を守ってるのでしょうか?
    竹野内豊さんのセリフがすごく心に刺さりました。

  • 3.9

    英太郎さん2021/06/09 10:17

    東野圭吾さん原作の小説を見事に再現した映画になっています。

    非常に重たい未成年犯罪に対する被害者の親をテーマにしていて本当に考えさせられます。

  • 3.8

    みるきぃさん2021/06/06 11:56

    ి娘を殺された父の復讐ి
    —-✄———-✄———-✄—-

    原作を読んでから、鑑賞☺︎⭐︎
    原作ではなかなか見つからない菅野を父親と同じ気持ちで必死に探した!
    原作でも泣いたので、映画でもきっと泣きそうだな、と思ってたらやっぱり(´°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥`)

    犯人の家に行ってテープを📼見た時の父親の気持ちを思ったら本当にやるせない…

    この映画では刑事役だった竹野内豊さんがWowwowで父親役をすると知ったので、どんな感じになるのか、とても気になる⭐︎

  • 3.0

    ayanoさん2021/06/01 04:21

    観てて苦しい内容…。
    警察の竹野内豊が、自分たちが守っているのは市民じゃなくて法律、でもそれを議論することすら許されない、って気持ち揺れてるとこがすごいぐっときた。
    ラストで、早く撃ってよ!って思ってしまった自分がなんとも言えない〜…
    少年法のあり方について考えさせられる映画だった。2度目はキツいかな

  • 3.0

    SohDIRECTORさん2021/05/25 10:52

    辛いテーマです...
    先に韓国リメイクを観てしまったので、何か物足りない印象でしたが、如何にも日本人らしい感情表現だと思いました。

    東野さんの作品は、振り幅が大きく感心します。

  • 4.0

    だいすけさん2021/05/18 13:27

    とても重いテーマでした。

    少年に娘を殺された父親。
    復讐のため彼らを殺すことに。
    そして、その父親を追う警察。  

    今の日本では少年に極刑は望めない。
    ならば自らの手で審判を。

    追う立場の警察の中にも
    それを容認する刑事がいる。
    そして、逃亡先のペンションで
    出会った娘の父。  

    自分だったら・・・

  • 3.4

    藤子さん2021/05/16 22:29

    救われない映画。私は寺尾さんを責められないと思ってしまった。未成年の犯罪は何でも守られるべきなのか?考えさせられた。

  • 3.3

    Akirajiisanさん2021/05/13 14:51

    随分前に鑑賞。
    被害者の親の気持ちがわかりすぎるだけに、切ない映画でした。
    私なら、あの親に頼られたら、肩入れしちゃうかも、(但し、こちらが罪にならない様に工夫はするけど。)それが、「正義」と思うけど、違うのかな。
    この映画では、この親が不憫でならない。この辺がこの映画の(モヤモヤ)。
    もし、今、被害者の親が、加害者を殺す瞬間、私が銃持ってたら、殺人を止める為に、この親を撃てるか?
    親を撃って加害者を助けるのが正義なのか?そのまま、親の凶行を見逃すのが正義なのか?

    もう、その時の感情の流れかな?
    どちらも「正義、」って事で、納得しよう。

  • 3.7

    人畜無害さん2021/05/13 08:38

    終始辛く胸がえぐられる様でした。
    『彼らの犯した罪に対して、死をもって報いる事は決して許される事ではありません。彼らに課す罰は、死にも値する恐怖だと思います。それが彼らの本当の後悔に繋がるのなら』
    これを言えるのは凄いと思います。
    後、伊藤四郎さんの演じた刑事さんの様な、感情に流されず冷静な判断をしはる人も、必要なのかなと思います。

    僕には子供がいないです。
    友達みんなの子供がこの様な事件に巻き込まれたら、僕は絶対に犯人を許さない。
    友達が望んでなくて僕がどの様な非難を受けようが犯人を・・・。
    それが間違っていようが知った事ではありません。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す