お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

さまよう刃

G

人気作家・東野圭吾の同名小説を、寺尾聰主演で映画化した衝撃サスペンス。少年たちに娘を惨殺された父の復讐劇を描く。

荒川べりで、無惨な制服姿の少女の死体が発見される。薬物注射をされ、強姦されていた被害者とは、長峰重樹のひとり娘・絵摩であった。妻を亡くし、娘の成長だけを楽しみに生きてきた長峰は、変わり果てた娘の遺体と対面し、失意のどん底へと突き落とされる。そんな彼のもとに、謎の人物から留守番電話のメッセージが残されていた。それは、犯人の情報だった。

詳細情報

関連情報
原作:東野圭吾
音声言語
日本語
制作年
2009
制作国
日本
対応端末
公開開始日
2014-02-06 15:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330

サスペンス・ミステリー邦画ランキング

さまよう刃の評価・レビュー

3.3
観た人
5830
観たい人
2076
  • 4.0

    annaさん2021/11/26 17:01

    原作と比べると、内容は少し薄いかなと。
    ただ、時間も限られた映画なので仕方ないし、よくまとまっていると思います。
    終始暗く救いのない映画ですが、誰に感情移入しても、色々と考えさせられる映画でした。
    特に寺尾聰の演技力に引き込まれました。
    多くを語るようなことはなかったですが、それがリアルでとても良かったです。


  • −−

    おまんちゃんさん2021/11/10 20:42

    これも前見たわ。
    まー胸糞わりい未成年。ぶち殺せ!と思っちゃうよね。
    ペンションの娘、いいたいことはわかるけどこの人に正論は何の意味もないよ。。
    伊藤四郎も言ってたけど、あの人に未来なんてないんだから。。

  • 4.0

    月子さん2021/10/27 19:20

    ペンションの父娘が良かった。竹野内豊刑事も良かった。
    こういう感想を書く私は、少年法反対なんやと思う。
    寺尾聰の寡黙な憎しみ、悲しみの演技最高でした。

  • 3.6

    まつきさん2021/10/18 16:09

    意外と評価低くてびっくり
    評価を低くつけるには、寺尾聡が良すぎるでしょ…
    今度WOWOWのドラマで、この映画では若い方の刑事役の竹野内豊が、寺尾聡の役やるの趣深くて良い ドラマも見たいな〜

  • 5.0

    いろはさん2021/09/22 15:40

    20210921★★★★★2度目の鑑賞です。寺尾聰さんの演技が素晴らしい。私も○したくて○したくて頭おかしくなっちゃいそう。でも表現しようがない位グーッとこらえてなきゃいけない、そう言うのが伝わってきて辛い演技でした。

  • 2.8

    桃色さん2021/09/12 06:08

    これ、東野圭吾の「さまよう刃」じゃない。
    原作は初版当時に読んだので内容を鮮明に覚えているわけじゃないけど、ミステリーとして結末のドッキリが隠されていたことだけはしっかり覚えてます。
    まず、そのキーマンが出て来ないんだもの…

    さて、それでも警察ドラマって感じで見れます。でも2時間枠のTVサスペンス劇場って感じ。
    色々突っ込みたくなるような事象もあるけど、もう少しこの主人公を魅力的に描写して欲しかったところ。それが最後の消失感を盛り上げてくれたはず。
    もちろん、原作と同じじゃなくてもそれを超えるような余韻が残るものもたくさんあってね、忠実じゃないことが悪いわけじゃない。
    ただ、やっぱり、ずっと物語の中で見る側も読む側も一緒になって憎き加害者を追っかけるという熱を呼び覚まされないのね。だから主人公の迎える最後の余韻は原作には残念ながら全く及ばなかったです。

    実はWOWOWで最近ドラマ化されてますよね。6話構成だし、最近のWOWOWドラマはとても面白いし。
    それのための予習です。
    この次は韓国版「さまよう刃」を見てドラマは最後の予定。
    なのであっさりと。ミステリーとして見ると残念な映画です。

  • 3.7

    TKEさん2021/09/01 01:21

    最後は切ない。
    主人公である長峰が無理矢理自分自身を納得させている感はあった。

    とにかく犯罪者である少年グルーブがすこぶる胸クソで、長峰の言うとおり、現代の日本では極刑は望むことは出来ず、自らが裁きを下したいという気持ちはよく分かる。


    あんまりこういうこと書くとアレなんだけど、個人的には凶悪犯罪に限っては身内が裁くってのはありだと思う。
    改心するかも分からないし、被害者からすれば改心したところで関係ないだろうし。

    時々、復讐は何も産まない…という人もいるけれど、そういうことじゃないんだよなぁ…。


    個人的にはペンションで出会った父娘が抜群によい。
    娘は自分が同じような被害にあっても父には復讐してほしくない…と諭すが、逆に父親は猟銃を渡して逃してくれる。
    その理由が「自分も一人娘を持つ父親だから」

    やはり子を思う気持ちは親にしか分からんのだな…と感嘆した。


    この後、10年以上の時を経て、ドラマ版にて長峰役を当時彼を追っていた刑事役である竹野内豊が演じるというのも感慨深い。

  • 3.0

    yochiさん2021/08/16 19:15

    寺尾聰上手だなあ、、、。立場は圧倒的弱者で今にも折られてしまいそうな貧弱さがあるのに譲れない信念がふつふつと燃えたぎっている感じがとても苦しい。
    倫理的にはこういう終わり方なんだろうが、哀しいラスト。
    「警察が守るのは市民ではなく法律ですか」は考えさせられる

  • 3.0

    Yoshiharuさん2021/08/12 00:26

    予想通り日本的な終わり方だった。
    実際はどうかわからないけれど、アメリカの映画では、こうならないほうが多いかも。

  • 3.8

    kuuさん2021/08/10 12:59

    WOWOWドラマ鑑賞からの映画。
    台詞がとても少なく、静かな中から始まってからの寺尾聰の涙に涙。
    ドラマのように耐えられないシーンはなく見やすかった。
    ドラマはかなり詳細が描かれていたので、映画では描かれていない部分も理解できた。
    正義とは、警察とは、正解はわからないけど、
    子どもが同じことされたら、同じことしたくなるかも。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    リンクがクリップボードにコピーされました