お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
  • 再生する

さまよう刃

G

人気作家・東野圭吾の同名小説を、寺尾聰主演で映画化した衝撃サスペンス。少年たちに娘を惨殺された父の復讐劇を描く。

荒川べりで、無惨な制服姿の少女の死体が発見される。薬物注射をされ、強姦されていた被害者とは、長峰重樹のひとり娘・絵摩であった。妻を亡くし、娘の成長だけを楽しみに生きてきた長峰は、変わり果てた娘の遺体と対面し、失意のどん底へと突き落とされる。そんな彼のもとに、謎の人物から留守番電話のメッセージが残されていた。それは、犯人の情報だった。

詳細情報

関連情報
原作:東野圭吾
音声言語
日本語
制作年
2009
制作国
日本
対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
公開開始日
2014-02-06 15:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330

サスペンス邦画ランキング

さまよう刃の評価・レビュー

3.3
観た人
4791
観たい人
1505
  • 3.5

    こずちゃんさん2020/06/25 21:50

    娘を未成年の男たちに襲われ殺された話。
    娘を殺された父の気持ち、人をも殺し、自らも殺人犯に。最後は、死の恐怖を与えることこそが、一番の復讐だと。
    未成年の犯罪、被害者の無念。いろいろ考えさせられる話でした。

  • 4.0

    くるーぞーさん2020/06/25 20:37

    原作のほうが良いという意見がありますが
    アタクシは映画のほうがよく出来てると思います。
    情報量をなるべく少なくして観ている人に
    考えてもらおうという志向だと思うからです。
    (ただ原作読んでないとわからなすぎかも知りませんが)

    原作は最初から銃持ってる主人公とか
    ちょっと強引だし。ペンションの女性とかありえないし。

    最後は あ なるほどねという感じで。
    未来がない人に死を与えたわけですよね。
    少年を殺すかどうかというより
    そっちのラストの意外性でびっくりしました。

  • 2.9

    natsさん2020/06/19 23:31

    原作はかなり前に読んで
    当時も読み終えて気分が沈んだから
    映画は後回しにしていた。
    原作同様重い。

    ただちょっと内容が小説の方が
    より濃い気がするし、
    読みながら考えさせられた気がする。
    2時間で映像にするのは難しいのかな、
    あとラストも……。

    東野圭吾原作は当たり外れというか
    映画化された時の好みが
    分かれてしまう気がする。

  • 4.0

    さくおさん2020/06/17 23:00

    すごかった
    正直言って原作よりも素晴らしかった。
    原作は東野圭吾が感じた怒りそのものの内容(だからけっこうグロい)だったけど
    映画はその出来事を冷静な目線で描いて、
    作品の映画的な設定変更も非常に上手く何度も頭の中で映像化していたこの作品だが次の展開が気になり巧みさにうならされた。
    ほんと久しぶりに原作を越えた映画をみた。

    主演の寺尾聰も年齢的に高校生の娘の父親には…[e:3]ってな感じ(個人的原作イメージは三浦友和か長渕剛)だったけどさすがの演技で台詞も少ないこの役を表情や佇まいで魅せるさすがの演技でしたね。
    音楽の川井憲次もこの寺尾聰ら役者達の静かな演技を邪魔することなく静かに、時に烈しく場面を引き立ていて久しぶりにサントラが欲しくなった。
    そしてこう言った社会派エンターテイメント作品が制作されるというのはある意味偉業ではないかと思う、

    正義と法律の埋めようのない溝…

    その溝に落ちた人達がみた絶望と葛藤…

    「もし、自分ならどうするか…」

    いろんな問い掛けを残す作品です

  • 3.5

    ジェイさん2020/06/16 12:37

    2020年 祝100本目の作品!
    東野圭吾らしい裁きと正義の物語。creditに入った時の、雪の上を歩く音が孤独な寺尾さんを連想させてくる。素晴らしい演出だ。生きる意味のなくなった今、加害者に死の恐怖とは何かを知らしめるお父さん。国には裁けぬ罪と罰。警察に見つかったときに、猟銃を渡して逃すお爺ちゃんが結構好き。

  • 4.0

    snowappleさん2020/06/14 20:45

    二度と戻すことの出来ない罪を犯した者に極刑がくだされても被害者は納得出来る事はないだろう。たとえ自分の手で審判を下すことが出来たとしても同じだと思う。愛する人を無残なかたちで永遠に失った時、人はどのように自分を保つのだろうか?
    その瞬間から、残された者は永遠の彷徨い人となってしまうのだろう。そして、法のもとに従って動かなくてはならない人達も人の心を、おし殺しても進んでいくしかない。
    人は法に守られて生きている。そして時に法に苦しめられて生きている。
    万人に都合の良いかたちでは、法は成り立たないのだから…

  • 3.6

    花鳥さんの映画と本さん2020/06/13 17:02

    暗くて重い…だが暗くて重いのが当たり前のテーマ。

    物凄い葛藤が迫ってくる。

    ただただ受け止める以外ない。

    ただただ感じてください。

    下手なことは書けない、何を書いても薄っぺらな文字の羅列にしかならない。

    世の中舐めきっている青少年に捧げたい…きっと何も感じないでしょうがね〆

  • −−

    ちまおさん2020/06/07 22:59

    悲しいねー…ただひたすらに悲しい。
    私は女で、まだ親でもない娘という立場やけど、私が親だったら少年たち殺すと思う。許せん。
    あと最後の、竹野内豊はわかってたんじゃないかと。長峰さんの銃のくだり。

  • 1.8

    muy33さん2020/06/06 21:11

    胸糞すぎる。
    こんな奴等ならいなくなっても…
    と思ってしまうほど悔しさと虚しさが。
    寺尾聰の自然体な感じは誰にもできないよな。

  • 3.1

    HUNTさん2020/06/05 01:30

    この国の制度?
    復習しかやりどこがなくなる
    その場に置かれたものにしかわからない痛み
    答えは出ないが、少年犯罪で更正できりゃいいが更正しないクズでまた同じ犯罪犯したら?
    なんかコンクリート事件思い出した。
    ペンションのおっちゃんはわかってたんだよな。
    復習しても娘はかえってこないけど
    何もせずすごしたくない。きっとあたしもそうだとおもう。
    すごいモヤモヤした後味・・元気がないときは観たらダメなやつ。
    どうか・・
    世の中の犯罪が減りますように。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す