お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

ブタカリ。 呪いの使徒

G

新たな都市伝説“ブタカリ”をモチーフに、復讐に燃える父を石橋保が熱演する戦慄ホラー。

峰岸は息子が数年前に事故死し、失意の日々を過ごしていた。ある日、峰岸のもとに謎の新興宗教が現れ、「ブタカリ」という箱を置いていく。その箱に己の肉体の一部を入れることによって救われるというのだ。それも、憎んでいる人間の名前を呼びながら。息子の死は4人の男女によるものだと知った峰岸は、加害者の前に現れてブタカリの中に手の指を切り入れるのだが…。

詳細情報

関連情報
編集 山本淳一
音声言語
日本語
制作年
2012
制作国
日本
対応端末
公開開始日
2014-12-05 15:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330

ホラー邦画ランキング

ブタカリ。 呪いの使徒の評価・レビュー

2.2
観た人
46
観たい人
40
  • 2.7

    道玄坂いとりさん2021/09/03 01:15

    股間にモザイクがかかった人がダッシュしてきたあたりで内容はもうどうでも良くなった。
    そこから後は笑死ジェットコースターだよ。

    モザイクのひと、あんまり強く無いのも笑いに拍車をかけるんだよな…

  • 1.0

    スタンスフィールドさん2021/04/04 15:25

    指を止血もせずに切って箱に入れる、何人か自分で復讐した方が早かった。
    裸モザイクが殴りまくる効果音うるさくてギャグ、音楽も全体的にうるさくて台詞聞き取りにくい。
    近所のおばさん風の人がコテコテの演技で違和感。
    演者の演技は一人を除いて最低、脚引き摺るのが腹立つ😒💢💢

  • 4.5

    ヤンさん2020/03/16 02:08

    幼い一人息子を若者たちに殺された主人公が、ある宗教団体の女から渡された「ブタカリ」を使って復讐を遂げていくストーリー。
    この「ブタカリ 」というものは呪いの箱であり、その中に自分の体の一部を入れれば召喚できるというものなのですが、主人公が指を入れてでてきたのがなんと全裸のおじさん。
    局部のモザイクを揺らしながら若者を撲殺していく様は思わず笑いました。

  • 2.0

    いもさん2020/01/23 19:13

    幼い息子を四人の若者に殺され遺棄された父親がとある新興宗教の巫女から呪いの箱「ブタカリ」を授かる
    ブタカリに自分の体の一部をいれ、憎い相手の名前を唱えるとその相手を殺してくれる
    心霊的な呪い、人間業ではない超自然的な殺し方をしてくれ箱の持ち主は疑われないですよ~という感じなのかと思いきや、パッケージにも出てきているブタカリの精さん(?)はめちゃ武闘派で、相手をひたすらダッシュでおっかけてって
    殴る蹴るの暴行!マウントでフルボッコ!!なので人間がやってもかわらん
    モザイクに笑ってしまう!
    テンポが悪くて長く感じました

  • 2.4

    ショウコさん2020/01/19 20:00

    瞬間風速だけは結構凄い。作品のハイライトは3ヶ所

    ★魔人初登場時の衝撃に本物の恐怖がありました。開始5分で既に眠くなっていたのでナルト走りの全裸ハゲに思いっきり変な声でた。演者さんは本気で逃げていたんじゃないでしょうか😨股間に巨大なボカシが入ってましたけど腰は普通に裸でお尻感も透けてる。夜間とは言えこれを市街地の屋外で撮影していた事に震えます。咄嗟に脳が理解できずパニック起こしかける瞬間の、頭皮が泡立つ感覚はとても甘美でありました

    ★野ション中に襲われる女子。膝に引っかかってた下着を放り投げて逃げるわけで、下半身にまとわりつくボカシも魔人と女子の2つ分…。実際は流石に何か穿いてたと思いますが画ヅラの破壊力はなかなかのものです。しかもその格好で顔面マウントポジションを取られるため、魔人氏の魔人を目の前にしながら撲殺される事に…貴重な体験になったことでしょう。アイドルだそうですが頑張りました💮

    ★もはや見慣れた魔人氏だと思ってたら別のものが出現した瞬間。笑った


    都市伝説「ことりばこ」にヒントを得て作ったんだそうで、呪いの木箱に人体の一部を入れると怨んだ相手を殺せる所はそのまんま。でも入れる人体は自分のものじゃなきゃダメだし、魔人氏は1回につき1人分しか仕事してくれないので複数人を憎むには文字通り身を削らないといけない

    ただ上の3点以外は散々で、判で押した様な打撃音に加え台詞も演技も本当に酷い。魔人氏のパンチはもちろん当たってないし殺害シーンも非常にチープ。安いBGMがそれに拍車をかけます。学芸会レベル。

    登場人物の1人が片脚を引きずってるんですけど物語上には全く意味が無くて、移動に時間を掛けて尺を稼ぐためとしか思えない。恐ろしくテンポが悪くウツラウツラしてしまいました。ランタイムの短い映画って「無駄を削った結果」か「頑張って引き延ばした結果」の両極端ですよね

    「人を呪わば穴2つ」「復讐の連鎖」という微妙に高尚な流れに舵を切ってしまったのが惜しまれます。あのまま馬鹿路線で突き進めば良かったのに…


    あ、見せ場もう1つあった。人混みの中をわんわん泣きながら歩くシーン(魔人氏ではない)。ゲリラ撮影だったのか、通行人がギョッとして振り返る様子がリアルそのものでした

  • 3.0

    Tkcさん2019/09/12 21:53

    体の一部を箱に入れると、全裸の小峠みたいなブタカリ様が復讐代行をしてくれる

    ノーパンで逃げる桜のどか(仮面女子)を全裸で追いかける小峠(ブタカリ様)

    中々の変態っぷりである

  • 2.0

    takanoひねもすのたりさん2019/09/03 22:41

    息子を殺された父親が、自分の肉体の一部を供物として捧げ、呪いの使徒ブタカリを召喚して復讐を果たすというシリアス顔したヘッポコホラー。

    ブタカリ使役法は黒い小箱に切り取った肉体の一部を入れるという作法です。
    そのビジュアルは呼び出した人によって見え方が変わるという設定。

    当然呪術的な何かだと思ってたら、
    メタルをBGMに、全裸で爆走してくるスキンヘッドの細マッチョな男、その股間にはでっかいボカシが!
    前も後もボカシが!

    ぶっ…(((((((⊙ө⊙))))))…

    100%露出狂の変態おっさんにしか見えない…!
    けど、これが呪いの使徒ブタカリ。

    父親の復讐したい相手は4人いて、そのたびに指を切り落として箱にいれるんだけど、
    1人はただボコられ(物理)
    1人は腹パンからの臓物抜き出し(ちょっと超人的)
    1人は小用を足してる時に襲われた女子で、何故かパンツを脱ぎ捨て逃げ出すもんだから、全裸の変態おっさんのボカシと共に女子のスカートが捲れる股間にもボカシが入り、ねぇこれ何のAV?と勘違いしそうな絵面に。
    彼女はボコられ石で頭を叩き割られ(物理)
    最後の1人は興奮した父親が殺ってしまうという(ブタカリ何もせず)
    背をむけて歩いて去っていくブタカリ…後ろ姿が雄々しい…。

    それを父親が
    「おい!ブタカリ!」
    仮にも復讐してくれたのに呼び捨ても酷いw

    物語にはカルト教団とか、恋愛要素とか、復讐の連鎖とか、シリアスな要素があったけれど、全然頭に残らない。
    全て全裸の変態おっさんのインパクトで相殺。

    そして最後は何故か特撮怪獣みたいな形のブタカリが登場し、全裸verのブタカリが見れなかったことにちょっと失望したのでした。

    特典映像の中で、股間を手で隠したり、子供でカモフラしたりして集合写真に写るブタカリさんが微笑ましかったです。

  • 2.8

    bavaroaさん2019/09/02 16:13

    毛がなくて痩せてる半裸の人を見ると、あだ名がブタカリ様になるくらいの見た目のインパクトでした(笑)
    人によって見た目は違うらしいですが…。

    呼び出すための一部がそんなに?!ってものだったけど、もっと簡単なものじゃダメなんだろうかと思った。
    怨みの対価がその人にとってどれだけ重要かってことなんだろうなぁ。

  • 1.8

    ぽちゃネコさん2019/06/14 11:51

    何処から現れたのか全裸のハゲのオッサンが全力で走り全力でクズをボコボコに…。
    ブタカリの精を見て井手らっきょを思い出した 笑

  • 1.1

    Sekimiさん2019/05/19 20:04

    ブタカリの精のビジュアルのクセが強い!

    あんな子供の殺され方なら、仕返ししたくなるわ。
    でも、こんな変な道具使わないで御自ら殺しに行きなさいよ、と思う(スノー・ロワイヤルまたはファイティング・ダディですね)。

    でもその後がぐだぐだ。
    間延びするシーン多すぎ。
    90分もないんだからちゃっちゃと進めてほしい。

    再現VTRレベルの演技と映像。
    ノーパンで逃げたり、全裸で追いかけたり、AVか!

    令和になってから最も無駄な時間を過ごした。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す