お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
  • 再生する

プレステージ

G
  • 字幕

名匠クリストファー・ノーラン、ヒュー・ジャックマン、クリスチャン・ベイル競演で放つ奇術ミステリー!

19世紀末のロンドン。類まれなる才能を秘めた若き奇術師アンジャーとボーデンは、奇術師ミルトンの元で共に修行をしていた。しかしある日、アンジャーの妻で助手のジュリアが水中脱出に失敗し、死亡。ボーデンの結んだロープが外れなかったことが原因だった。以来、アンジャーは妻を殺したボーデンへの憎しみを募らせ、やがて奇術を駆使した壮絶な死闘へと展開していく。

詳細情報

原題
THE PRESTIGE
音声言語
英語
字幕言語
日本語
制作年
2007
制作国
アメリカ
対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
公開開始日
2014-02-06 15:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

購入(期限なし)

アプリでDL可
標準画質(SD)
1,650
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
2,200
ご注文手続きへ

キャンセル

SF・超常現象洋画ランキング

プレステージの評価・レビュー

3.7
観た人
26780
観たい人
13050
  • 3.8

    ピクレッドさん2020/07/06 00:24

    え!映画自体がもうマジックショーではないですか✨

    この映画のタネをすごく知りたくてたまらなくなる

  • 3.4

    ロザーナさん2020/07/05 08:40

    出演者が主役級ばかりです。作品自体はクリストファー・ノーランだなあ(大きなテーマがあるんだろうけど、深くて難しい)と言う感じです。

  • 3.5

    きりんさんさん2020/07/04 13:45

    クズが応酬しあう映画で、出てくるのは基本的にクズだった。でもこういう世界もあるんだろな、とも思う(マジシャンの世界がって意味ではない)。

    ミステリーとしては邪道というか、叩かれるべきトリックでここまで面白いも作れるってすごい。


    終わってから、ノーラン作品と気付いた...。

  • 3.8

    けんやさん2020/07/03 00:13

    クリストファーノーラン世界にずぶずぶ、、、
    観終わった後、いろんな考察を読んでて確かにすごく色んなところに伏線が散りばめられていたなぁと思って驚きました笑
    これから観る人はぜひ一つ一つの言動に注意して推理してみてほしいです笑
    あとキャストがすごい豪華!
    ウルヴァリンにバットマンにブラックウィドゥってやばい!
    にしてもロマノフの尻の軽さにはちょっと驚きました笑

  • 2.8

    TEIMAILさん2020/07/02 17:56


    650.
    2週間前に見たトランスポーター3が600作目やったんやけど、遂にまぁ650作に到達した。過去鑑賞も含めてるとはいえ2週間で50作近く映画見てるの頭おかしすぎるやろ。

    で、この作品なんやけど個人的にワクワクできませんでした。この映画もグランド・イリュージョンも設定はええのに、展開に惹かれないんだよなぁ

  • 3.6

    enneさん2020/07/02 17:17

    ずっと驚いていた

    途中までは現実的なマジックだったけど、途中から現実じゃなくなる

    お互いが恐ろしいほどに執着している

    復讐は何も生まない

  • 4.0

    SYUさん2020/07/01 22:06

    2020/07/01
    監督 クリストファー・ノーラン
    ヒュー・ジャックマン
    クリスチャン・ベイル
    スカーレット・ヨハンソン

    【度を超えた子供の喧嘩】

    ライバルであり、憎みあう2人の凄腕マジシャン同士がマジックで熾烈な争いを繰り広げる、やがて明かされる衝撃の真実(種明かし)を描くスリラー。

    マジックの為には手段を選ばず、勝つために相手の邪魔をし、陥れる、不毛な闘いの連続の中に、様々な伏線が張ってあり目が離せない面白さ、時系列などかなり難解だがそこが流石のノーラン監督といったところ。
    H・ジャックマンとC・ベイル、そしてS・ヨハンソン、今じゃ実現困難な豪華キャスト。

    主役互いが魅せる全てをかけた大マジック、明かされるトリックは一段、二段、次々と見る者の想像を超えてきます。

    初見時は、思っていた内容と違って驚いたものの、それすらノーランのマジックだったと今は思う一本。

    種明かしを知ったうえで、もう一度見てみれば、また面白いかもしれません。

    良作です。
    そして、ノーラン新作が待ち遠しい!

    鑑賞日2011年6月24日 DVDにて

  • 4.9

    Hideさん2020/07/01 21:04

    待って、ここまで精密に作られたサスペンスはなかなかないよ、マジで。大体の映画は最後のドンデン返し、毎回予想できちゃうんだんけどこれは、これは全然出来なかった。 マジで最後人生4回分の鳥肌たった。全てのサスペンスファンにオススメしたい。クリストファーの映画はこれ以外全部見てたんだけどこれだけ見てなかった。もっと前に見とけばよかった。この監督すごすぎるんじゃ。やっぱり。

  • 2.9

    ミームさん2020/07/01 16:26

    これも時系列ぐちゃぐちゃ大好き系ノーランやった…。何で一々解りづらくするんだろ。普通にしてくれれば素直に楽しめるのにひと癖入れてくるん面倒くさくてほんと嫌。

  • 3.4

    toriさん2020/06/30 01:41

    若い頃のスカヨハかわい子ちゃんだった~。
    最後まで詰まってる作品。こんなヒューの作品もあるのかと思った。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す