お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

バトル・ハザード

G
  • 字幕

ロボット×ゾンビ×人間核弾頭ドルフ・ラングレン! 史上最強のハイブリッドSFアクション大作!

近未来。東南アジア某国で、大手バイオテクノロジー企業の研究所から強力なウィルスが流出。感染した人々は次々にゾンビ化、街は未曾有の混乱状態に陥っていた。そんな厳戒態勢に突入した街に、ひとりの傭兵が部隊を率いて乗り込んできた。彼の名はマックス・ガトリング少佐。マックスはジュードという令嬢の救出任務を受け、ゾンビだらけの街で彼女の行方を捜す。

詳細情報

原題
Battle of the damned
音声言語
英語
字幕言語
日本語
制作年
2013
制作国
アメリカ/シンガポール
対応端末
公開開始日
2014-02-06 15:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

レンタル(7日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
440
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
550
ご注文手続きへ

購入

アプリでDL可
標準画質(SD)
2,200
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
2,750
ご注文手続きへ

キャンセル

SF・超常現象洋画ランキング

バトル・ハザードの評価・レビュー

2.7
観た人
659
観たい人
177
  • 3.9

    なちさん2021/04/30 22:37

    マックス・ガトリングって名前めちゃくちゃ強そうだけど、やっぱロケランが最強なんだよね。思いの外良かった。

  • 2.4

    きいちさん2021/04/13 07:36

    ドルフ・ラングレンは相変わらずゴツくて格好良い😁
    ストーリーは単純でゾンビは弱い😐
    ロボットチームをもっと際立たせれば、さらに楽しめる映画になったと思う🤔

  • 3.5

    ひでりんstarさん2021/03/29 21:21

    ラストシーンが何か無駄に爽やかな感じで好き。ただ作品として全体的にカメラ揺れまくりでアクションシーン見づらい欠点はある。

  • 3.5

    MarySueさん2021/03/22 22:15

    雇い主の娘を救出するために奔走する軍人の男。ウイルスによって崩壊し、ゾンビが溢れる街に向かう。男は果たして、任務を達成することが出来るのか。

    よくあるB級ゾンビ映画でした。

    カメラワークがブレブレで酔いそう。こういう映画ってほぼ100%低予算なのが定石ですが、そう見えないように工夫して欲しい。

    ストーリーをもう少し頑張ってみるとか、アクションを派手にするとか。でも、そうするとお金がかかってしまう。やっぱりB級にはB級の良さがあるんですよね。何も考えずに、一定の満足を与えてくれる分には好きです。

    ロボットが日本製だったのが唯一の救い。さすが高性能ロボット。

    まあお金払ってまで観たいとは思わないし、途中から絵を描きながら観ていましたが、時間つぶしにはなりました。

  • 2.5

    Hirokingさん2021/03/19 18:07

    ドルフ・ラングレン主演ゾンビアクション‼️
    ゾンビ出てきます。倒します。味方ほとんど食べられます。
    こんなものかなって感じの作品でした😱💧

    2021年464本目

  • 2.3

    チューリップさん2021/03/01 02:01

    細かいことを気にしなければ、楽しめる作品でした。

    終盤にかけて、少し安心させてくれる東京産登場シーンは、特徴的で良かったです。



  • 2.8

    FATMAX夜食のデブロードさん2021/02/21 14:11

    人間核弾頭ドルフ・ラングレン主演のウィルス系"今日も元気に猪突猛進"ゾンビ映画。

    ええ、弩Bマイナス級作品ですよ。

    穴だらけな脚本、雑な展開、再現フィルムクラスでも下に来そうなCGまで、すべからくショボい。
    むしろショボさをランキングすれば上位に来るレベルだ。


    ストーリーは【ニューヨーク1997/エスケープ・フロム・LA】+【バイオハザード2】みたいな話。

    ただ、言うてもエクスペンダブルズ以降の人間核弾頭主演案件の中ではわりとマシな方でもある。

    グロさは激弱だが元気はいっぱいなゾンビ。

    ソレに対して どうしても否めないラングレンの"モッサリ感"増し増しな動きをリカバリーするかの様なアイデアや編集をしてある辺りは良心的。
    (ただしリカバリーがしっかり出来ているとは言っていない)


    都合良く出て来るわりには意外と優秀な上に、仕事がしっかり出来るにも関わらずやたらと素直な"DVDジャケットほど威圧感は無い"日本製ロボットも憎めない。


    雑なりにもゾンビ映画のセオリーはある程度守り、雑なりにもアイデアを詰め込みタイトな時間を渡り切るコイツは

    「ソコまでヒドい作品じゃない。」

    ただし、

    『ソコまでイイ作品でもない!』



    "悪くない/一周回って好き"という人も居るであろう、ぐらいの位置。


    夜中に観ても 心躍ってしまって覚醒とか、熱過ぎてテンション爆アガりとか、逆にグロくて途中離脱とか そんな事は一切ナシ!

    むしろグッスリ忘れて眠れる"安心安全"仕様のBモノである。



    Amazon Prime Videoだと

    《吹替版がprime対応で字幕版が有料レンタル》

    という部分がこの映画で1番の謎解き要素だ。

  • 2.9

    miaさん2021/01/27 21:45


    ✔️ ドルフ・ラングレンの無敵感が凄い。

    ✔️ ロボに絶対殺られると思っていたがまさかスルッとロボが味方に付いたのでもうひと味あっても良かったかな。

    ✔️ 最後は意外な結末にしたかったのかも知れないけど、伏線無く唐突すぎて違う意味で圧倒された。

  • 2.7

    猫皇さん2021/01/13 22:37

    所謂グロ無しのバイオハザード系
    アクションゾンビ映画。

    普通のグロ系ゾンビよりもこのタイプが好きなのと、
    期待値が低かったこともあり、意外と楽しめました。
    ただ、ドルフラングレンはカッコイイし強いけど、
    ちょっと脳筋すぎ?

    強力なロボットが出てきて味方になるという、
    今まで観たゾンビ映画では見た事のないパターンは良。
    もっとこのロボットを戦闘以外でも上手く使う所を
    見せてくれたらよかったのですが、
    只の武器やバリケード扱いだったのは残念。

    ロボットをもっと序盤から出して活躍させて、
    主人公の相棒にしてバディ物にすれば最高だったかも?




  • 3.0

    poteoさん2020/12/14 03:10

    一周廻って面白い。

    適当設定、雑なシナリオ、弾無限味方ロボ、イケメンマッチョジジイ、ゾンビ、安っぽいCG…
    洋ゲーの無双FPSゲームのムービー集みたいな映画。

    ドルフ兄貴も「ロッキー4」のドラゴから次世代アクション俳優と期待してたが、なかなか作品に恵まれず還暦…でも顔もスタイルも良く、くたびれた同世代アクション俳優とは比較にならないカッコ良さ!

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す