お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

カーテンコール

G

往年の幕あい芸人をめぐる人生の裏話を、親子の絆を軸に人情味豊かに綴った感動ドラマ。

橋本香織(伊藤歩)は東京の出版社から福岡のタウン誌に異動を命じられる。ある日、投稿はがきに「昭和30~40年代に、下関の映画館にいた幕間芸人を探して欲しい」というものがあった。香織は心惹かれ、その映画館<みなと劇場>を取材する。上映の幕間に物真似をみせる“幕間(まくあい)芸人”安川修平(藤井隆)が劇場にいたが、解雇後は音信不通となった。取材を進めていくうちに、自分と父親との関係を見直すこととなっていく。

★こちらの作品のトレーラーは約3分の冒頭映像となります。

詳細情報

音声言語
日本語
制作年
1995
制作国
日本
対応端末
公開開始日
2014-04-11 15:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(7日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

キャンセル

ドラマ邦画ランキング

カーテンコールの評価・レビュー

3.8
観た人
30
観たい人
55
  • 3.5

    チッコーネさん2015/07/18 04:16

    エイズが即死病だった時代の末期に製作された、英国産のクラシック。
    ゲイ的演出はやや過剰で、気恥ずかしくなる部分も多いが、展開は総じてスピーディかつ、前向き。湿っぽくなるのを避け、感染者の心理や実生活により深く踏むこもうとする気概が感じられる。
    脚本主体、虚飾のない映法は英国的だが、ダンサーが主役なだけに、幻想的なダンスシーンも。

  • 4.2

    きぬきぬさん2015/06/18 20:28

    30歳頃のジェイソン・フレミングがとってもゴ-ジャスで美しい!彼が演じるダンサーのトニオは、エイズが発症しても踊り続けようとする。トニオを支える恋人(アントニ-・シャ-なんですよ!!) もいる。だが感傷に浸るよりも、忍び寄る死にも立ち向かう強かさが素敵だ。




評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す