お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

グローリー・ロード

G
  • 字幕

実在のバスケットコーチ、ドン・ハスキンスの自叙伝を映画化した感動ドラマ。

1966年-アメリカ。当時の大学バスケットボール界では、白人の選手がメインで構成され、黒人選手は1試合を通して最大で3名までしか出場させないのが暗黙のルールとなっていた。しかし、ドン・ハスキンズがコーチを務める弱小チームには、有能な白人選手をスカウトできるだけの資金力はなかった。大学やスポンサーからチームを強くすること、“勝つ”ことを強いられたハスキンズは、能力のある選手を探すために州外を廻る。ある日、ニューヨークの街角でストリートバスケットボールに興じる黒人の青年たちを見かけたハスキンズは、彼らのプレイに心を動かされ…。

詳細情報

原題
Glory Road
関連情報
製作:ジェリー・ブラッカイマー 音楽:トレヴァー・ラビン
音声言語
英語
字幕言語
日本語
制作年
2006
制作国
アメリカ
対応端末
公開開始日
2014-04-18 15:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(2日間)

標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

購入

標準画質(SD)
2,200
ご注文手続きへ
高画質(HD)
2,750
ご注文手続きへ

キャンセル

ドラマ洋画ランキング

グローリー・ロードの評価・レビュー

4
観た人
462
観たい人
835
  • 3.6

    Keengooさん2021/07/09 00:27

    実話ベースだからかこれといって大きな事件は起きないんだけどリアルで良い話やった。
    お互い歩み寄ればきっといつかはわかりあえるはずなんよね。
    こんな歴史を変えるような番狂わせが本当にあったのだからすごい。

  • 3.9

    arataさん2021/06/26 17:19

    1966年アメリカ大学バスケットボール界の歴史的な出来事を描いた。ドン・ハスキンズコーチは見向きもされない黒人選手達を自らスカウトし、弱小チームを率いて勝利への挑戦を続ける。

    60年代の時代背景、黒人、白人、深い感動を与えてくれました。

  • 4.2

    れいさん2021/03/27 01:01

    この手の映画は当時のアメリカ社会の価値観がよく分かるからいいな。多少の脚色はあるもののある程度は実話の通りだし。
    そしてこのTexas Westernが後のUTEPとは知らなかった。

    エンドロール良かったな。パットライリーが色々喋ってた。

  • 3.8

    oisさん2021/03/06 18:58

    バッドはグッド
    実話ベースだからか気になる点もあったけどバスケの歴史が動いたのを感じられる
    ディズニー配給でタイタンズを忘れないっぽいと思ったらやはりブラッカイマー

  • 4.6

    Fishermanさん2021/01/24 13:03

    コーチ・カーターも良かったが、この映画も良かった。単純だからスポーツのサクセス物は大好き。
    60年代のアメリカ社会における人種差別を題材にした映画は数多くあるが、共通するのは、その時の白人リーダーが人の能力を平等に判断して黒人を差別しなかったこと。ドン・ハスキンスもその一人であり、殿堂入するのも肯ける。
    この映画も事実がベースであり、エンドロールも良かった。



  • 3.7

    natsuyasaiiiさん2021/01/22 15:05

    人種差別×バスケット×スパルタ教育。
    コートの上ではみな平等。スポーツの価値を再確認できた掘り出し物の良作だった。
    東京オリンピックでは感染対策と経済効果の話ばかりが飛び交っているが、純粋にスポーツが楽しめる世界がただただ待ち遠しい。

  • 4.0

    こまめさん2020/10/26 11:29

    自分が知らない世界だった。
    スポーツの世界でも黒人が差別され、自分の夢を諦めなくてはならなくなっていたと考えると悔しい。
    こういう映画が残っていることによって今後の黒人差別が少しでも和らげばいいなと考える。

  • 4.0

    YukiMoriskさん2020/09/22 10:39

    留学中に鑑賞。
    人種差別の時代が色濃く、それでも前に進むバスケ青年たちの話🏀

    個人的にはアリシアキーズの曲が雰囲気とあってて良かった

  • 3.7

    wkbkkさん2020/05/31 23:59

    弱小チームが勝利を掴み取る。
    60年代、アメリカの大学バスケでは黒人を3人以上スタメンに入れないという暗黙のルールがあったらしい。この作品はそんなクソみたいなルールを打ち破り、見事アメリカを制覇したチームをベースにした嘘みたいな本当の話。実話を元にしているからこそ差別や暴力などのシーンをリアルに描いていて、決して楽に優勝したのでは無く選手たちは差別とも戦った上での優勝だったのだと観ていて感じた。

    アメリカでは現在も黒人差別により暴動が起こっているけど、結局この頃から何も変わってないんだろうなぁ。人は肌の色ではなく個人で違うものなのに、どうしてみんな分けたがるんだろう。差別は何も生み出さないのに。個が認められる社会になるのは一体いつなんだろうか、、

  • 4.8

    拓斗さん2020/05/12 03:45

    昔の鑑賞記録。
    何故こんなにもマーク数が少ないんや
    名作やでほんま

    これはもうバスケットを題材にした中ではすごい印象に残る作品。
    久しぶりにもう一度観てみたい。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す