お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
  • 再生する

人生、いろどり

G

葉っぱを売って、2億円。四国いち小さな町で起こった<奇跡>の実話。

ミカン産業が全滅し活気を無くした町で、若き農協職員の江田は、葉っぱを売ろうと思いつく。町中から猛反対されるも、面白半分で賛同した花恵と、花恵の誘いを断れなかった薫は、家族に知られないようにこっそりと葉っぱ作りに参加する。しかし、出荷した葉っぱは市場でゴミ扱い。落ち込む薫たちに、助言をしたのが花木農家の娘で都会から帰ってきた路子。ようやく少しずつ売れ始めたかに思えた矢先、薫のビニールハウスが炎上する…。

詳細情報

音声言語
日本語
制作年
2012
制作国
日本
対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
公開開始日
2014-05-23 15:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
440
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
550
ご注文手続きへ

キャンセル

ドラマ邦画ランキング

人生、いろどりの評価・レビュー

3.6
観た人
299
観たい人
521
  • 4.3

    おみゆさん2020/03/24 15:37

    名優三人がキュートで素晴らしい✨
    地域創生の成功例として話題になった葉っぱ産業。
    この映画は地域創生ドラマというよりも人間ドラマ。
    田舎町ならではの息苦しさもとてもリアル。自然と共に生きてきた女性達の芯の太さが心に響きます。
    逞しく生きねば!とエネルギーをもらいました。
    エンドロールが最高です!

  • 3.4

    タナカリオさん2020/03/22 21:42

    暗い色調の里山の風景、寂しげに吹く風と、響く枯葉の音。そこに体を労わりながら歩くおばあちゃん。タイトルに反して、冒頭はいろどりのない寂しい風景が広がる。

    過疎化に悩む徳島の上勝町。野菜も売れず名物の果物も採れず、町はどんどん貧しくなっていく。人の心も貧しくなるかと思いきや、町に無限にある資源・葉っぱを料理の添え物にされる つまもの として売りに出したことにより、ビジネスとして成功していく。

    地域活性を主にした話かと思いきや、葉っぱビジネスの展開とともに、町の高齢者・薫の生き方が主になっていく。

    高齢になってから自分のやりたいことを進んでいく姿は、スイス映画の『マルタの刺繍』を思い出す。

    しかしマルタの刺繍と違うのは、マルタは若い頃得意だった刺繍をビジネスにしていくが、薫は知識もない『つまもの』のビジネスを始めていく。

    高齢になっても、何か専門的な知識や経験がなくても、情熱があればそれは知識や経験にも勝る。まさに劇中の台詞『一生懸命より上なものはない』と自分を奮い立たせてくれる。

  • 3.7

    店長はアームレスラーさん2020/02/13 02:23


     でたっ!珠玉の1本。

     しかも、実話。

     名優3人の昔のお嬢さん方がとにかく可愛い。

     これは、これからの高齢化社会に明るい日が差す道しるべかも。

     実は私、思うところあって、山買っちゃおうと動いてます!マジで!笑

     いろんな課題や問題点クリアして買えるといいな〜 山 笑笑

     あ、私、お金持ちではないですからね!
    逆にお金持ちは山買わないから!笑笑(´∀`)


  • 3.5

    かよさん2020/01/12 23:24

    老いていくとは何か。この作品を見終えて微笑ましくなったが、冒頭シーンの辛いこと辛いこと。
    寒さの厳しい季節に畑仕事をただ見てるだけの夫の前で身体も思うように動かないところ大根を収穫する。
    とにかく希望の持てない状況で、その日その日を必死に生きている。
    この小さな町でどうしようもない男たちを影で支えてきた女性たちが葉っぱに希望を託す。
    どんどんいきいきしていく姿に元気を貰いました。
    人生には輝く旬があり、老後は寂しいものだと勝手に思っていましたが、気持ち次第でどうとでもなる。そして男も女次第なのだろう。

  • 4.0

    キコノイヌさん2019/01/19 12:03

    あたし、葉っぱ🌱🌿やるっ!


    ゼロから何かを始めるのに
    必要なのは
    ワクワクする気持ち。
    そして長いこと一緒にいる
    喧嘩の出来る友達!

    人生すべてが良いことばかりでもないし、
    嘘も見栄も、秘密だってある。
    それがいい。


    最初と最後の画面の彩の違い。
    キラキラの笑顔がまぶしいぜ。
    ほんと、好き。おばあちゃん達の笑顔。

    そして男達よ、、、まぁ、でも
    その情けなさが愛しいのぉ。
    悪ではないからね。
    あくまでも、お母ちゃん大好きだからね。

    マルタのやさしい刺繍、思い出した。
    また観よう。

  • 4.6

    Waddyさん2018/12/18 06:37

    記録

    山にある葉っぱを集めて事業化する話
    そして徳島県で実際にあった実話らしい。

    長年付き添った亭主に「お前には無理」と言われても諦めず
    色んなところで事業の役に立つ情報を集めて来る。

    素直さってこういう事なのか!
    と衝撃的だった作品。
    時間があるなら観て欲しい一本

  • 3.8

    こてつママさん2018/11/17 16:23

    図書館レンタル

    四国の方言が優しい

    徳島県上勝町
    季節の葉っぱを、料理で使用される
    「つまもの」として販売する
    「彩(いろどり)事業」を成功させようと奮闘する、農協職員とおばあちゃん達の
    お話し、実話です

    村の雑貨やさんの花恵さん、花恵さんの仲良し薫さん、都会から帰って来た路子さんのやりとりが可愛らしいの!

    初めは市場でゴミ扱いされてたけど
    おばあちゃん達は諦めなかった!

    薫ばあちゃんの旦那は亭主関白で
    すぐ怒鳴って手を挙げる
    だけど決心した薫ばあちゃんの
    「葉っぱやる!誰がなんてゆうてもええけど、お父ちゃんはそばにおって欲しい!」って言った時
    「わしは、ずっとお前や!」って
    じいちゃんが怒鳴るとこでウルっときた

    雰囲気がすきだなぁって観てたら、監督
    「泣き虫ピエロの結婚式」や
    「すーちゃん、まいちゃん、さわ子さん」
    今上映中の「母さんがどんなに僕を嫌いでも」の監督でした

    自然の美しさは勿論、おばあちゃん達がパワフルで可愛いんです

    元気貰えました😌

  • 3.2

    百合さん2018/11/11 18:31

    これぞ、究極の福祉。いま上勝町では老人ホームが要らないほどに活性化しているそうな。
    ただ前半の方が面白かったかなー。もう少しビジネスが軌道に乗るまでの紆余曲折を描いてほしかった。

  • 4.3

    Rissoleさん2018/09/03 18:42

    おばちゃんたちが元気。過疎化で若者がいないから活気がないと言うが、住んでいるご高齢の方々がいきいきしているのが一番!

  • 4.0

    MSTYさん2018/08/11 18:29

    高齢化と過疎化が進む徳島県上勝町を舞台に、JA職員と地元のおばあちゃんたちが新しいビジネスを始める話。ありあわせのものから新しいものを作り出す作業のことをブリコラージュというが、何でもない葉っぱを分類して新たな価値を与え、「ツマモノ」として売り出すというのはまさにブリコラージュの好例であるように思える。

    新しいことを始めようとするときは、反対が出たり、うまくいくわけがないと決めつけたりされがちである。木の葉という、あまりにも身近で、無価値ではないかと見なされるものを売ってお金にしようというのは非常にチャレンジングである。やみくもに売るのではなく、どうすれば価値のあるものとして受け取ってもらえるのかを思考錯誤しながらビジネスをしていく様子がよかった。それをおばあちゃんがやっているのだからアツい。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す