お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

博士の愛した数式

G

80分しか記憶がもたない天才数学博士をめぐる、温かい愛の物語。

不慮の交通事故で、天才数学者の博士は記憶がたった80分しかもたない。何を喋っていいか混乱した時、言葉の代わりに数字を持ち出す。それが、他人と話すために博士が編み出した方法だった。相手を慈しみ、無償で尽くし、敬いの心を忘れず、常に数字のそばから離れようとはしなかった。その博士のもとで働くことになった家政婦の杏子と、幼い頃から母親と二人で生きてきた10歳の息子。博士は息子を、ルート(√)と呼んだ。博士が教えてくれた数式の美しさ、キラキラと輝く世界。母子は、純粋に数学を愛する博士に魅せられ、次第に、数式の中に秘められた、美しい言葉の意味を知る―。

詳細情報

関連情報
原作:小川洋子「博士の愛した数式」(新潮社刊)
音声言語
日本語
制作年
2005
制作国
日本
対応端末
公開開始日
2014-04-25 15:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(7日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

キャンセル

ドラマ邦画ランキング

博士の愛した数式の評価・レビュー

3.5
観た人
21397
観たい人
5492
  • 4.5

    うずらさん2021/06/13 19:10

    愛憎ではなく、「誰かを心から尊重し、大切に思い、何か力になりたいと思う純粋な愛の力」みたいなものを教えてくれる宝物のような映画。
    特別な物語のように見えるけど、私もまた同じように「特別」な日常を過ごしていて、同じように愛すべき人が居ると気付かせてくれる。

  • 3.4

    わっきーさん2021/06/07 23:34

    記憶が80分しかもたない数学博士と
    息子を1人で支えている家政婦の
    心暖まる映画です。

    主人公の家政婦と息子の、2人の優しさがこの映画の空気をつくっていて
    博士の好きな数字がシャレオツな格言を生み出していき

    eのπi乗+1=0

    の奥深い解答が映画の答えのようです。

    あー、難しいw
    いえ、数学が苦手な方でもこちらの映画ではちゃんと言葉で説明してくれていますのでご安心ください。

    寺尾聰と深津絵里の名演技作品!

  • 4.0

    sarah01さん2021/06/07 23:21

    いい映画でした。
    優しい気持ちになれる、やさしい映画です。
    あんなふうに、算数を教えてもらえたら、私も数学が好きになったかなぁ。

  • −−

    まつはるさん2021/06/07 17:46

    精神科実習にて鑑賞
    暖かい気持ちになる素敵なお話

    高校生のときに読んだ原作の雰囲気の方が好きだな
    登場人物の印象がかなり違ってた

  • 4.1

    conyTM3さん2021/06/06 16:17

    じんわりいいお話だった。
    小川洋子さんの原作を随分前に読んだけど、完全に忘れてました。
    「ギテイ」という響きが小川洋子さんっぽいなとは思いましたが。
    義姉も最後に心を開くことができて良かった。
    わたしもあんなふうに教えてもらったら数学好きになれたかもな〜😆

    博士は80分でしたが、7秒しか記憶できない女性をテレビで見ました。
    ずーっとメモをとってそれを見返しながら生活されていて、大変そうだけれどとても明るく前向きに日々を過ごしておられる姿が重なりました。

    前日に観た「岸辺の旅」の深津絵里さん、この映画の10年後くらいなのに全然変わってなくてビックリです❗️

  • 4.0

    zoeさん2021/06/06 07:14

    感動した。博士と杏子さんとルートで過ごした楽しく、幸せな思い出は博士の記憶には残らないかもしれないけけど、杏子さんとルートの記憶のなかで、一緒に過ごしたその時間は過ぎることなく永遠となり、消えることはない。

    度々、博士と杏子さんとルートが長年一緒にいる家族のように見えた。杏子さんは友達と言ったけど、きっと既に3人には家族のような深い絆があったと思う。

    博士の常に子どものことを優先するその姿や真っ直ぐに数学を愛する姿はとても優しく、かっこよかった。

    ルート先生の博士と数学についてのあの授業、私も受けたいな。私の数学の先生も、ルート先生みたいなひとだったら、もっと集中して数学を学びたいと思えるんだけどなあ。笑

    博士と杏子さんが散歩して、杏子さんがエプロンに摘んだ野草を包んで、ルートが帰ってくるからと走り出す博士のあとを追うシーンと、ルートの野球の試合を観ながら楽しそうに応援してるシーンがすごく好き。

    やっぱり深津絵里さんの演技すごく好きだなあ、って改めて感じた。

    原作の小説では、物語が杏子さん視点で描かれていたりと所々違っているところもあるみたいなので小説のほうも読んでみようと思った。

  • 4.3

    watarihiroさん2021/05/31 20:44

    中学校の教壇。幼い頃ルートとあだ名のついた数学教師は生徒達に母、杏子が19年前に数学の元大学教授の家政婦していた話をする。その教授は交通事故のせいで80分しか記憶が持たなかった、、、。

    切ないけど心が暖かくなるストーリー。

    大きな出来事はなく、淡々とした物語だけどささやかな感動を与えてくれます。寺尾聰演じる博士の言葉にときめきを感じます。数学苦手な人も楽しく見れます。そこまでがっつり数学の話してないです。

    本当に良い邦画です。深津絵里の家政婦ぶりもピカイチです。

  • 3.9

    momoさん2021/05/31 16:03

    とても心穏やかになれる良い作品だったな
    ぁ。気がつくと静かな感動で目頭が熱くなった。

    ところで、昨日たまたま買った「はったい粉」のパッケージに、商品とは全く関係ないけど、この映画に関連するような事が書いてあった↓

    (面白計算式)

    13の二乗=169
    31の二乗=961

    13を逆にした31を二乗すると、
    その答えも逆になります。


    この商品を作った人は数学が好きなんだろうね。
    それとも、この映画が好きなのか?(^。^)

  • 4.0

    リアムさん2021/05/28 01:30

    今回も深津絵里さん目当てで鑑賞。いや〜、寺尾聰さんが素晴らしかった‼️(笑)今まで寺尾さんに注目したことはなかったけども、こんなに良い俳優さんだったんですね!どちらかと言うと歌手のイメージがあったので、他の出演作も観たくなりました。深津さんは相変わらず可愛かった〜( ´ ▽ ` )パーカーとかキャップとか自転車とかハンバーグこねたりとかそんなこんなが似合いすぎです。ストーリーも良かったけど、出演者がみんなハマってました。そして感動の映像美!自然と人を捉えた美しい映像は鳥肌ものです。ネタバレをいろいろ書くともったいないので是非観てほしいですね。博士の数学を交えた言葉の数々が印象的です。終始笑顔になれてほっこりできました!数学は苦手だったけど、話を聞いてるだけで楽しくなります。心に残るセリフは見所ですね。やや気に入らないのは生徒達の演技かな。あとラストのモノクロ。全体としては素晴らしい作品でした!今回も深津さんありがとう!ついでに寺尾さんとルートくんもありがとう!

  • 4.2

    ゆさん2021/05/27 13:47

    私の数学好きを肯定してくれた映画。
    数学が出来る人は作品の中で聡明で冷徹な変人として扱われがちだけど、この映画の中には暖かさが存在してる。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す