お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

博士の愛した数式

G

80分しか記憶がもたない天才数学博士をめぐる、温かい愛の物語。

不慮の交通事故で、天才数学者の博士は記憶がたった80分しかもたない。何を喋っていいか混乱した時、言葉の代わりに数字を持ち出す。それが、他人と話すために博士が編み出した方法だった。相手を慈しみ、無償で尽くし、敬いの心を忘れず、常に数字のそばから離れようとはしなかった。その博士のもとで働くことになった家政婦の杏子と、幼い頃から母親と二人で生きてきた10歳の息子。博士は息子を、ルート(√)と呼んだ。博士が教えてくれた数式の美しさ、キラキラと輝く世界。母子は、純粋に数学を愛する博士に魅せられ、次第に、数式の中に秘められた、美しい言葉の意味を知る―。

詳細情報

関連情報
原作:小川洋子「博士の愛した数式」(新潮社刊)
音声言語
日本語
制作年
2005
制作国
日本
対応端末
公開開始日
2014-04-25 15:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(7日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

キャンセル

ドラマ邦画ランキング

博士の愛した数式の評価・レビュー

3.5
観た人
21815
観たい人
5614
  • 3.4

    鳥さんの瞼さん2021/09/09 23:50

    バランス良いエンタメ。


    小川洋子でこんなに口当たりが良くなるの!?
    と驚き。
    といいつつ、同作者作品は読んでいても原作は読んでいません。すみません。

    奇怪な舞台設定、独特の美意識、とってつけた言い回し、
    というのは小川洋子作品の特徴だけれど、
    それらを映画に上手く落とし込んでいるのがすごい。
    博士のメモだらけの身体が微笑ましい。


    映画の懐は広いと思いました。
    整頓されたエンタメでした。

  • 3.5

    y7724さん2021/09/09 17:15

    原作を読み終えたあと、映画化されている事を知って鑑賞。
    寺尾聰は当て書きかってくらいイメージにピッタリだった。もう少し不潔にしても良かったけれども。深津絵里さんは美人だった。
    映画自体はやはり、原作よりも少しいやらしくなってしまっていた。含みを独自解釈し、説明してしまっていたり、この言葉はいらないなぁというのもあった。ただ、説明するのには良いところもあって、数学的な部分は本よりもわかりやすくなっていた。

    映画って良いですね。

  • 3.7

    すしすきさん2021/09/09 08:25

    あたたかい作品だった〜
    博士可愛い、癒しじゃん
    話も分かりやすいし、台詞も聞き取りやすくてストレスなく観られた

    数学って生活の役に立つものだと思ってたけど、役に立たない数学もあって、その中に本質があるんですかね

    負の気持ちが消えて良かったね、博士

    私の靴のサイズは23.5です

  • 4.0

    そらさん2021/09/04 01:09

    これは...傑作だ...!!
    原作とはまた違う博士像。
    だけど変わらぬ数学愛。

    原作読んだそのままの勢いで視聴、思ったより昔の映画で驚いたが、僕の持ってる本が出て割とまもない公開みたいですね😊

  • 3.5

    みースタイルさん2021/08/18 00:09

    なんかもうずーーーっと気になってたけど見てなかった。けどアマプラ見放題がもうすぐ終わるらしくて滑り込み。
    これもmarkの下書きに溜まってて、これまた5月に視聴したんだと。。

  • 4.0

    どらどらさん2021/08/16 16:32

    - e^(iπ)- 1=0

    80分しか記憶が保たれない数学者
    未亡人たる義姉
    たったの数時間、世話をするだけの家政婦
    その家政婦の息子”ルート”

    互いに矛盾し
    互いに異なる4人
    それぞれが異なる思いを抱えて
    それが一つの数式になったとき
    永遠になる

    あるがまま、一瞬を生きれば
    それが永遠だ

    __________________________________
    今と全く変わらない深津絵里の魅力に溢れていて、彼女の見せる笑顔や涙に魅せられる

    小川洋子の超ベストセラーが原作だが、どうしても小川洋子独特の紡ぐ言葉の美しさが映像化することで損なわれてしまい、すごく平凡な印象の映画になってしまっている
    それでも、随所で博士が語る言葉の深みと美しさはそのままで、全体として美しい印象は保たれている

  • 3.2

    Sho3さん2021/08/13 23:03

    事故で記憶が80分しかもたない数学博士とそこでお手伝いをすることになった家政婦の物語。

    敢えて80分と区切ったからにはそこに何かあるのかと思ったら特に何もなく終わる設定がよくわからない物語。80分で記憶がなくなる人とコミュニケーションがこんな上手くとれるわけもなく、特に意味ないのなら1日で記憶がなくなるとか一週間でとかある程度のスパンにしたら良かったのに。

    心温まる話自体は好きなのだが細部がだめだめで話に集中できない凡作。

  • 3.7

    蒼さん2021/08/13 14:54

    いい授業だ。
    子供の頃のルート君も、先生になったルート君もとてもかわいくていい。
    家政婦さんがちょっといいひと過ぎる気がするんだけどなぁ。
    これは小説を読んでみよう。

  • 5.0

    cupidさん2021/08/07 21:01

    ハンバーグ食べたくなった
    熱が伝わらないように軽く素早く切るように混ぜる
    お料理って科学だと思う
    数学のお話だけど(笑)
    こういう邦画が大好物😻
    浅丘ルリ子の強くて儚い女性の演技は流石!

  • 2.7

    なんくるさん2021/08/01 22:24

    映画というより昼ドラみたい(^^)w
    80分しか記憶がもたないというキャッチーな設定が霞んでもったいない感もある。。
    子供の頃、数学が得意で好きだったけど、博士の数字を愛するような感覚はなかったな〜

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す