お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
  • 再生する

引き出しの中のラブレター

G

常盤貴子主演! ラジオをめぐる人間模様を通し、“想い”を伝えることの素晴らしさを描く感動作。

ラジオのパーソナリティである久保田真生は、仕事のことで喧嘩して以来、4年もの間、父と絶縁状態にあった。そして仲直りもしないままに、父親が他界してしまう。そんな彼女の元に、自分に宛てて書いていた手紙が届くが、そのまま引き出しの中にしまってしまう。それからまもなく、真生の番組に北海道の高校生・直樹から、一通の手紙が届く。

詳細情報

音声言語
日本語
制作年
2009
制作国
日本
対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
公開開始日
2014-05-16 15:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(7日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

購入(期限なし)

アプリでDL可
標準画質(SD)
2,200
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
2,750
ご注文手続きへ

キャンセル

ドラマ邦画ランキング

引き出しの中のラブレターの評価・レビュー

3.2
観た人
563
観たい人
336
  • 4.3

    シグナスさん2020/06/10 06:20

    函館の美しい風景が見られるだけで、私は高評価してしまいます。無茶な設定も、常盤貴子、仲代達也、本上まなみ、八千草薫、林遣都らの名演であたたかい物語になっていると思います。この映画製作時って、常盤貴子さんが入籍したり、仲代達也さんがマクベスでがんがんやってたりした頃だなあと思い返してました。いまのメール世代には、伝わらないだろうなあ。大切なものって、時間をかけて、ゆっくりゆっくり育まないといけないんだなって思いました。家族には、月に一度、年に一度くらいは、手紙を書いておこうと思います。

  • 3.3

    クロさん2020/05/02 10:10

    原作が良かったので視聴。
    レビューの評価があんまり良くなかったので腰が重かったけど港町の風景と人の暖かさが分かるほっこりした映画でした。

  • 2.8

    ねむいさん2020/04/12 15:45

    2時間の映画を1時間で見ました。
    引き出しの中のラブレターっていう企画自体はめちゃくちゃ良いと思う。あと贔屓目なしに林遣都さんの学生役はどんな作品でも最高。函館のあの有名な坂を爆走してる日焼け少年とても良い。ただそれ以外は書くのも面倒な程全て駄作。昔J-WAVE大好きだったなぁ。

  • 3.0

    オラフさん2020/04/03 13:06

    ラジオっていいな!と思わせてくれる作品。
    常盤貴子さんの声が素敵!
    八千草薫さんのあの優しい感じがやっぱり好きだな〜

  • −−

    ekeleさん2020/03/23 23:42

    そっちやったかぁ!いや〜、分からんかった。
    ラジオを聞いていた当時を思い出す。また聞いてみたくなった。
    常磐さん、イイ声ですね。

  • 3.4

    なつこさん2019/12/09 23:23

    手紙とラジオという、今はもう主流ではないと言われるコンテンツが、とても素敵で大切に思える。
    (小学生の頃からラジオ大好きっ子だったからかなw)
    手紙を読む常盤貴子さんの声がまた、とてもいい!これがこの作品のキモだと思う。
    主人公なので物語を引っ張っていくし、ある程度は出しゃばるんだけど、最後は個々の思いに委ねるところが心地好い。

    しかし仲代達矢、豊原功補、林遣都が親子って、癖が強いよ😂
    仲代さんはもう仲代さんなので、その息子として立つ豊原さんのバランス間隔がやっぱり素晴らしい。
    遣都は若いね。笑顔が可愛すぎて、なんかむやみに見てはいけない気がしてきます(笑)

    とても静かな作品だし、泣ける!ってやつではないけど、誰かの気持ち寄り添うようなストーリーを見ると、心にジワーっと温かいものが広がっていく。
    こういう感覚は日本人特有なんだろうか。

  • 4.0

    ノートさん2019/11/25 18:03

    これも林遣都目的でたまたまみつけた。しかも主演が常盤貴子でもうこれは観るしかないと。

    言葉より手紙の方が思いが伝わるときがある。のかな。大好きな映画「いま、会いにいきます」でも最後は手紙ではないが日記の内容に泣かされた。今作では泣いていないのだが。

    「手紙を読む」というのが自分の中でかなり素晴らしいものなのではないかと感じた。手紙を書くなら渡して読んで貰えばいい。「読む」つまり声を出すなら手紙なしで喋ればいい。だがしかし、あえて手紙を読むことで話し言葉じゃないからかものすごく気持ちが伝わる気がする。話し言葉でも伝わるけども。

    フットボールアワー岩尾の役もよかったです。最後はいい感じに笑わしてもらいました。

    林遣都と常盤貴子が好きな僕にとっては終始飽きない映画だった。

  • 3.3

    にゃんまりさん2019/10/19 16:35

    以下、過去レビュー

    涙は出なかったけど、心があったかくなりました。

    テレビ離れとか、活字離れとか、メディア離れが多いって言いますけど、ラジオでしか出せないよさって言うのを再確認させられました。

    ただ、あったかい映画なだけでなく、「そこぉ!!?」っていうところで、刺激があってなおよかったです。

    ラジオを聴いていたころの気持ち。メッセージを読まれたときの喜びを思い出しました。

    テレビではない、リスナーとの微妙な距離の近さ。ある意味テレビなんかより、よっぽど人の心をつかんでるんじゃないかなーと、ラジオの素晴らしさを感じました。

  • 2.5

    スーサンさん2019/10/16 02:28

    ミスリード誘ってるんだろうなと、早々に気付きつつも何か大きな盛り上がりがあるんだろうなと思ったら、あっさり終わってしまった。

    登場人物にあまり感情移入出来ず、ストーリーにも中弛み感があり上手く入り込めなかった。

    ただ常盤貴子さんの声は良かったし、林遣都君も初々しくて良かった。

  • 3.3

    はろさん2019/10/12 20:31

    林遣都くん見たさに鑑賞。
    常盤貴子の声に癒され、
    林遣都くんのピュアさに癒され、
    その他のキャラクターにも癒され、感動させられ。
    ほっこり出来た映画でした。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す