お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
  • 再生する

アメリア 永遠の翼

G
  • 字幕

ヒラリー・スワンク×リチャード・ギア共演! 空を愛し、空に挑み続けた女性の実話アドベンチャー!

少女の頃から、空を飛んで世界中を訪れることに憧れていたアメリア。1928年、女性として大西洋を初めて横断し、世界的な名声を獲得した後も、彼女は大きな夢を空に抱き続ける。しかし華々しく打ち立てられる数々の記録の陰で、孤独や挫折、飛べなくなることへの恐怖にも苦しめられた。そんな彼女を支えたのは、プロモーターであり夫でもあるジョージの存在だった。ジョージはアメリアの命がけで挑む夢を受け止め、彼女を愛し、彼女を支えるため奔走し続ける。 1937年の夏、ついに二人は最も危険な夢に挑戦することを決意。アメリアはジョージに、「これを最後の飛行にして、あなたの元へ帰るわ」と約束し、そして最後の旅が始まった――。

詳細情報

原題
AMELIA
音声言語
英語
字幕言語
日本語
制作年
2009
制作国
アメリカ
対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
公開開始日
2014-06-06 15:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(7日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
330
ご注文手続きへ

購入(期限なし)

アプリでDL可
標準画質(SD)
1,100
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
1,650
ご注文手続きへ

キャンセル

ドラマ洋画ランキング

アメリア 永遠の翼の評価・レビュー

3
観た人
266
観たい人
316
  • 3.3

    MiYAさん2020/05/24 15:28

    アメリア・イアハートという人のことを知ったのは「ナイトミュージアム2」でした。あの作品でなんの説明もなく登場することから、アメリカ人なら誰でも知ってる有名人なのねと思いましたが、日本人はリンドバーグは知ってても、この人のことは知らないですよね。まぁ確かに女性飛行士として傑出した人物なのでしょうが、伝記映画としてやや退屈でした。

    彼女は最初から優秀なパイロットとして登場し、最初からチャンスに恵まれている(ように見える)。彼女が成長する姿、挫折を乗り越える姿などがあまり見えてこず、それゆえ彼女に感情移入ができないし、ドラマの抑揚が乏しいのです(太平洋で行方不明になってしまうラストは切ないですけど)。

    もっとも飛行機の歴史は興味深いです。ライト兄弟が飛行機を発明してからせいぜい30年しか経っていないのに、これだけ長時間飛べて、デザインもすごく洗練されているのに驚き。科学技術の発展って凄いと素直に感心します。

  • −−

    ayaさん2020/05/20 15:05

    KINENOTEより/評点: 評価しない /鑑賞日時: 2013年4月6日 /鑑賞方法: 選択しない /鑑賞費: 0 円

  • 3.9

    ぱんごりんさん2020/05/03 21:15

    ナイトミュージアム2で名前を知ったアメリア・イアハートの伝記映画。史実として既に知っていても悲しくなるラスト。ナイトミュージアムでは勇敢で底抜けに明るい女性として描かれていたから、本作でのアメリアの繊細な一面と苦悩が対照的ですごく印象に残った作品。

  • 3.7

    新進気鋭のDJさん2020/04/05 12:55

    いかに偉業だったのか、をもっと丁寧に描いた方が前のめりになれたかも。ユアン・マクレガーのくだりが、物語上必要だったのか疑問。

  • 3.2

    犬さん2020/03/03 21:39

    交信

    1928年に女性として初めて大西洋を横断した伝説の飛行士アメリア・イヤハートの生涯を描く伝記映画

    勇気

    スゴい良い話
    だけど、演出とかが微妙でした

    壮大
    時代を感じます

    ロマンス

    最後はなかなか

    ヒラリー・スワンクが似てます

  • 3.5

    アンジーさん2020/02/24 13:31

    友人宅で急に観ることに。

    大西洋横断を果たした女性初の飛行士
    アメリア・イアハートのことを一切知らなかったから勉強にはなった。

    ただの伝記映画ってかんじで、可もなく不可もなくな内容。

    冒険心や女性差別なんかを深掘りしてるわけでもなく、飛行シーンに力が入ってるわけでもなく、アメリア・イアハートの事実をただ描写してるかんじ。
    暗い話にはしたくなかったのか、時代的にも大変だったんだろうなって、観る側で忖度する必要がある。

    人間関係もあまり詳細に描かれないから、どこまで本当なのか…てか、この不倫を描写する意味あった?と思ったり。

    相変わらずユアン・マクレガーがカッコイイ!

    リチャード・ギアが旦那であるパットナムを演じていたけど、年の差がすごい夫婦に見えて、実際はどうだったんだろうって気になったw
    観終わった後に検索して実際のパットナムの写真を見たけど、そこまで老けてるようには見えなかったけど…(;・∀・)

  • 3.3

    ロアーさん2020/01/29 13:35

    ユアン祭55作目✨
    女性初の大西洋単独横断飛行を成功させたが、世界一周飛行に挑戦中、行方不明となってしまった女性パイロット、アメリア・イアハートの生涯を描いた伝記映画。

    アメリカ人が大好きなイアハートについて、 行方不明の 真相が未だ分かっていないこと以外全く知らなかったけど、前から関心があったのでユアン祭がいい機会になりました😆

    主演のヒラリー・スワンクがホントにアメリア・イアハートにそっくり✨幻想的で美しい空の風景やハラハラの冒険劇、夫パットナムとの関係、何よりアメリアの人となりについてバランスよく作られていた映画だった🙌

    自立した女性の代表の1人であるアメリアをこう喩えるのも何か気が引けるものの、アメリアの考え方は男性のそれに近いなって思った。
    私の場合、夢があるわけでも何を成し遂げるわけでもなくただのわがままだけど、アメリアの「結婚したくない」「いつでも好きな時に飛びたい」って、自由を追い求める姿勢にすごく共感したし、「1年して幸福を見出せなかったら離婚」って、現代としたってかなり無茶ぶりな結婚の条件だったり、 「女性で横断飛行に成功した人はいない」「女性が飛行機で墜落する姿なんて誰も見たくない」 って言われても跳ね除けた強い意志と、飛ぶことに対する強い情熱を持っていたからこそ快挙を成し遂げたんだろうと納得できる描かれ方だった。アメリカの自由の精神を象徴したような存在にも思えたので、それも今でも愛されている理由の1つなんだろうなぁ~と思った✨

    そんな自由な翼をもったアメリアなので、行方不明になった後、実は鳥になって今もどこかの空を飛んでるんだよって言われたら本当に信じてしまいそうだし、それが1番しっくりくる真相に思えてしまう。「永遠の翼」っていう邦題、めちゃくちゃぴったり☺️

    ユアンが演じているのはアメリアの愛人で飛行士のジーン・ヴィダル。
    時代が時代だからなのか、常にタバコ吸ってた😂
    出てくるまでが長いし、出番もそんなに多くないものの、パーティでの登場シーンでは前回の「8月の家族たち」と打って変わってのキラキラセレブ感に溢れてて、えぇ〜?ユアンってこんなかっこよかったっけ?ってなりました(普段、実はそんなにかっこいいと思ってなかった😂)
    リチャード・ギア演じるアメリアの夫、パットナムとつまりは三角関係ってことになるけど、どろどろの愛憎劇とかはなし🙌
    ヴィダルさん、男手ひとつで子育てしてるので、子連れでイアハート夫婦とつるんでたりして・・・なんていうたまにそういう設定あるじゃないですか、正妻と愛人がお互い全部わかっていながら黙認して表向き穏やかな空気感、あんな感じが近い😂😂😂
    でももちろん、正妻パットナムが嫉妬してない訳じゃなくて、悲しみつつもとにかくひたむきに献身的にアメリアを愛し続けていて、それがアメリアの心を変えたというのも映画の見どころの1つでした(今作、逆にリチャード・ギアがハチみたいだった🐕😂)

    後、ヴィダルの息子のゴア君がかわいすぎ。アメリアに対して「あなたがパパと結婚してくれたらいいのに」とか罪作りなこと言い出すし、ホントゴア君の言う通り一妻多夫制でいいんじゃない?って思いました😂

  • 3.2

    かずみんさん2020/01/02 12:26

    ユアンが!
    ちょっとしか出ないけど!
    もう、王子さますぎて最高!
    ちょっとしか出ないけど!(2回目)

    この頃のユアン様のイケメンっぷりは、
    もう、最高すぎて、ヤバイ(語彙力)

    地に足が着いてないとダメな人間なので
    飛行機も夢を追いかけて無謀に生きるところも理解できないけど、…強い女性ってすごいね。
    (適当にまとめてみました、今年1本めの作品でした)

  • 2.8

    みむさんさん2019/12/11 12:22

    女性としてはじめて太平洋を横断飛行したアメリア・イアハートの物語。

    アメリカでは有名の女性飛行士らしいですが、
    わたしは「ナイトミュージアム」でその存在を知った次第です😅

    「マーガレットサッチャー 鉄の女の涙」と似たような感想になってしまった。

    ヒラリーが実際のアメリアにそっくり、「女性初」というキーワード。

    女性初であることで、必要以上に持ち上げられたりバッシングされたり、広告塔のようにされたりでいろんな葛藤があっただろう。

    旦那さんとの普通の生活もしたいだろう。
    一方で、夢も追い続けたいだろう。

    そのあたり、映画自体は淡々としすぎてそんなに伝わってこない。脳内で補完したけど、脚本や演出でなんとかグッとくるものがあればなあと思ってしまう。

    リチャードギア、ユアンマクレガーと共演俳優もとてもいいのになぜか印象に残らない。

    最後あたりはきっと泣けたりするんじゃないかと思ったけどすんなり終了。

    いい話なんだよ。

    だけど、こういうことがあったのねという事実確認のみになってしまった。

  • 3.5

    たけちゃんさん2019/07/24 23:04

    それじゃあ、また、愛しい人…。


    ミーラー・ナーイル監督 2009年製作
    主演ヒラリー・スワンク、リチャード・ギア


    勝手にお知らせシリーズ「今日は何の日」
    今日、7月24日は冒険家アメリア・イアハートの誕生日です。

    アメリア・イアハート?
    誰それ?
    そう思いますよね。

    「ナイト・ミュージアム2」をご覧になった方なら分かりますかね。あのスミソニアン博物館で、ベン・スティラー演じるラリーを助けてくれた女性がアメリア・イアハートです。そこではエイミー・アダムスが演じていましたね。とってもチャーミングでした( ˘ ˘ )ウンウン


    【アメリア・イアハート】
    1897年7月24日、カンザス州のアッチソンの裕福な家庭に生まれました。
    子供の時から飛行機に憧れ、1921年に最初の飛行機を買ったそうです。
    そして、1928年に夫となるジョージ・パットナムから「大西洋を飛びたいと思いますか」と尋ねられ、チームの共同パイロットとなり、大西洋の横断に成功。一躍、時の人となりました。

    その後も数々の記録を打ち立て、1932年にはリンドバーグに続き、大西洋単独飛行に成功。
    1937年に赤道上世界一周飛行に挑戦していたところ、太平洋上で消息を断ちました。7月2日のことでした。
    必死の捜索にも関わらず、その彼女の機体も遺体も発見することが出来ず、多くの謎を残したまま現在に至ります。

    そうしたミステリー的な最後を迎えたせいもあり、彼女のことを取り上げた映画も多いですよね。しかし、今作は知りうる限りの情報で撮られた彼女の伝記映画です。




    さて、映画です。
    いや~、ヒラリー・スワンクのアメリアはそっくりですよね。決して美人ではないけど、凛々しくて、女性冒険家としての強さが出ていました。
    冒険家だからなのか、凄く男性的な人物に感じましたよ。
    女性飛行士の、そして、女性自身の地位向上を目指した活動家的な一面もあったんですね。


    映画としては、伝記ものなので、決して面白くはなかったかなぁ。
    それでも、彼女と夫ジョージとの私生活にも触れたストーリーは、知らないことばかりで興味深かったですね。
    なので、アメリア・イアハートという人物に興味がないと、そんなにおすすめは出来ません。でも、色んな映画に登場することを考えても、アメリカ人はアメリアのことをとても好きなんじゃないでしょうか。僕は勉強になりました( ˘ ˘ )ウンウン



    ということで、アメリア役のヒラリー・スワンクや夫役のリチャード・ギアに加え、ユアン・マクレガーやミア・ワシコウスカなどが好きな方は、観ても良いかと。よろしければどうぞ( •̀ω•́ )و✧

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す