お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
  • 再生する

悪夢探偵

G

塚本晋也監督が、松田龍平を主演に迎えて贈るエンタテインメント・サイコ・サスペンス。

不可解な事件が2件続けて発生する。被害者はどちらも、ベッドの上で眠ったまま自らを切り刻み死んでいた。やがて、ふたりが死の直前に「0(ゼロ)」と表示される人物に電話していることが判明する。捜査に当たるキャリア組の女性刑事・霧島は、「0」による何らかの暗示を疑う。さらに、捜査を進める中で、事件の鍵が夢にあると確信する。そして、他人の夢の中に入る特殊能力を持ち、“悪夢探偵”と呼ばれる男・影沼京一の存在を突き止め、協力を申し出る。しかし、他人の悪夢を共有することで精神的な苦悩を深めていた京一は、もはや他人の夢に入ることを恐れ、捜査への協力を頑なに拒み続けるのだった…。

詳細情報

音声言語
日本語
制作年
2006
制作国
日本
対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
公開開始日
2014-06-20 15:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(7日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

キャンセル

サスペンス邦画ランキング

悪夢探偵の評価・レビュー

2.9
観た人
1896
観たい人
543
  • 3.5

    電気羊さん2020/08/02 07:01

    他人の夢に進入できる通称=悪夢探偵は、依頼を受けて意識のない人間や寝ている人間の夢に進入し、何を考えているかを探ることを請け負っていた。ある日、寝ているうちに夢遊病のような感じで自害する殺人事件?が発生する。ミニスカ刑事hitomiの依頼を受けた悪夢探偵は、一連の自害事件を引き起こしていた犯人を特定する。犯人は意外にも昏睡状態で夢の中でしか生きられない過去からの絶望に引きずられた男だった。悪夢探偵に正体を見破られた男は自らの意思で呼吸を止め死亡する。こうして連続自害?事件は収束したのであった。そこそこ面白かったが、ミニスカ刑事の美脚をもっと拝みたかったね。

  • 3.0

    ワードさん2020/07/19 18:22

    キャストも良いしプロットも面白いのに、だいたいHitomi のせいで台無しな気が。夢ものは今敏始め結構好き。ボスがあの人なのは笑った。

    MVPは安藤政信で。中盤のあそこ良かった

  • 3.0

    birdさん2020/07/18 19:17

    塚本晋也らしい映画だったです。

    hitomi大好きなので終始可愛いなぁー。
    と内容とは違うことを考えてしまった。。

  • 2.0

    きくひめさん2020/06/21 16:25

    漫画から抜け出せなかった感がいっぱい。
    原作は知らないですが…
    キャストは豪華なんだけどね。
    hitomiって、女優やってたの知らなかった。
    狙いなのかもしれないけど、映像が終始ちょっと褪せた感じで、目が疲れる。
    それに、音がかなり小さい。

  • 2.9

    あんさん2020/05/22 12:33

    なんでヒロインがhitomiなんだろうって2000回くらい思ったけど塚本監督、やはり女性をかわいく撮るの上手いなあ。
    希死念慮系主人公が人の夢の中に侵入して敵と戦う話。主人公は松田龍平、敵は塚本晋也、どっちもド変態役なん最高じゃない?

  • 3.1

    ねまるさん2020/05/11 19:05

    「あれ?いつから俺死にたかったんだろう」
    ボソッと吐かれるその台詞が一番効いた。

    塚本晋也監督の世界観とは、グロテスクなのがダメという理由で相容れず、
    想像以上にホラーで無事拒否反応だったんだけど、

    ワンコ系男子の若宮刑事からその言葉が出た時、急に恐ろしくなった。
    「世界をぶっ壊す〜、一番手っ取り早い方法はなんでしょう?
    自分をぶっ壊す〜、そうすりゃこんな世の中おさらばだっつーの!
    ずっと前から分かってた。
    黙っていたけど、ずーっと前から気付いてました〜」
    悪夢の中の壊れた若宮くん…
    (中の人へ、最高でした。これが観れただけで価値がありました。)

    ねぇ、どっかで思ってる?
    封じ込めてるけど思ってる?
    この世界への絶望をそんな風に感じてる?
    思ってない、思ってない、思ってない!


    「あ、今タッチしました。」

    さっきの言葉を取り消します。
    観なきゃ良かった。思い出しただけで怖い。

    いつでも、どこでも、寝れるが特技なので
    もし悪夢を見続けるようになったら、
    流石に死にたいと思うかもしれない。

  • 2.5

    くらげさん2020/04/25 17:37

    hitomiがヒロインとして出てくるあたり時間を感じますね、悪夢探偵と言うけど当の松田龍平はイヤイヤ頼まれてしてるので、探偵と言えるのか?誰もが世の中に不平不満を持ちあるいは死への渇望を持っている、その弱みに付け込んだ犯行ですが、hitomiの心の傷はなんだったのか
    邦画はボソボソと話すセリフが聞き取り難くて困ったhitomiの「私の心に入ってこないで」って棒読みは聞こえたけど
    塚本晋也監督の存在が肝ですが、彼のやり方がたょっとわかりにくかった
    でも腹を斬られ腸がドロッと出てきた所は何度も見返したよ(好き)
    安藤政信さんの弱々しい姿素敵でした

  • 2.9

    林檎星さん2020/04/25 15:15

    BGMと台詞に音量差があり過ぎて聞き取りにくく、かなりストレス。話の流れもわかりにくかった。
    クリーチャーがグロくて、悪夢の内容もそこそこ不気味でそこは面白かった。

  • 1.0

    まめたむさん2020/04/13 12:53

    ・サイコスリラー?にしてはBGM効果を狙いすぎ
    ・hitomiの演技が笑っちゃうくらい酷いけどチープさの演出と思えば
    ・BGMは大きいのに台詞ぼそぼそ喋りすぎて聞こえない

  • 2.9

    シゲキテオレマさん2020/04/01 09:57

    トラウマ持ちの探偵と殺人鬼に大ダメージ与えるのが、二人を無理やり引き合わせた刑事(hitomi)の幸せな少女時代の記憶ってのは皮肉が効いていて良い。けどこれ、「LOVE 2000とか言ってる奴にトラウマなんてねーだろ」と図らずも言ってしまっているような…。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す