お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

ザ・ロイヤル・テネンバウムズ

G
  • 字幕

家族が再び絆を取り戻す姿を感動的に描いた、ウェス・アンダーソン監督によるコメディ。

ロイヤル・テネンバウムは、妻エセルと3人の子ども、チャス、リッチー、マーゴとともに静かに、平和に、いつまでも一緒に暮らしたいと望んでいた。35歳で大邸宅を手に入れ、有能な法律家として将来を嘱望されている身…と彼自身は思い込んでいたが、妻エセルへの「ほんのわずかな誠実さの欠落」により2人は別居することに。エセルは子どもたちを熱心に教育し、各々の才能を育んだ。やがて3人は「天才」と呼ばれるようになり、エセルの著書である「天才一家」はベストセラーとなった。ロイヤル&エセル夫妻と天才と謳われた3人の子どもたちとのテネンバウム家の22年は、裏切りと失敗と奇行の変転。そして、今また、新たな歴史が始まろうとしている。ロイヤルはエセルに「私はあと6週間で死ぬのだ、最後くらいは家族と一緒にいたい…。」と告げる。かくして、22年ぶりに一つ屋根の下に暮らすことになったテネンバウム家。ロイヤルの余命6週間…家族再生となるだろうか?

詳細情報

原題
The Royal Tenenbaums
音声言語
英語
字幕言語
日本語
制作年
2001
制作国
アメリカ
対応端末
公開開始日
2014-08-01 15:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(2日間)

標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

購入

標準画質(SD)
2,200
ご注文手続きへ
高画質(HD)
2,750
ご注文手続きへ

キャンセル

コメディ洋画ランキング

ザ・ロイヤル・テネンバウムズの評価・レビュー

3.8
観た人
14801
観たい人
12358
  • 3.7

    TAOさん2021/12/08 20:38

    ウェス•アンダーソン監督、相性良い作品探しの旅①

    キャストが豪華。
    マーゴがアダムスファミリーのウェンズデーにみえる。
    相性の良さは△

  • 4.0

    mojojojoさん2021/12/06 03:30

    家族愛にフォーカスすると、過剰な演出で若干のくどさを感じるものもあるけど、感傷的になりすぎない感じが良い。
    そんなあっさりテイストなのに、登場人物の表裏の感情への掘り下げや、それぞれのストーリーへの繋げ方がごく自然で、気づくといつの間にか愛嬌たっぷりの登場人物達に魅せられてしまっているパターン。
    あっという間に引き込まれて気が抜けない、ウェス・アンダーソンの世界観好き。

  • 3.7

    trntnさん2021/12/05 16:28

    ウェスアンダーソンの世界観。

    マーゴの経歴の編集とか最高。

    前半のよくわからんって世界観から後半にかけて畳み掛けて良い話じゃんってなるこの感じが好き。

    多分、観てる途中で冷静になったら終わり。
    この世界観に浸るつもりっていうか何も考えずにぼーっと観るのが良いと思った。

    小物と衣装のこだわりすごい感じる。

    ウージとアリの兄弟が可愛過ぎた。

    良かった。

  • 4.5

    たぬきさん2021/12/05 16:24

    中身があるのか毎回甚だ疑問ではあるけど
    いいんだからしょうがないんだよなあ
    聴き馴染みのあるカントリー音楽と素敵な構図ですごく見やすい

    ずっとダメ人間の周りがゴチャゴチャしてるだけなのにいい話見た感じになる
    憎めないキャラが多いからなのか

    punpeeのおやすみowntimeのサンプリング本が流れる

  • 3.9

    りょうさん2021/12/05 13:38

    大学の時、親しかった友人からDVDを借りて見た記憶があるが、全く内容を覚えてなかった作品。当時の自分には全く浸透しなかったんだろう。

    金持ちだった親父が破産したことをきっかけに7年間離れ離れになっていた家族の元に、自分は余命幾ばくもないという嘘をついて戻ってくる。散り散りになった子供たちも戻ってくるが、それぞれが抱える問題があり…。

    話の内容自体は結構ヘビーな気がするけど、それをおしゃれにさらっと表現していて、ウェス・アンダーソンのやり方(まだ観るの一作目だからわからないけども)なのかな。結構好きです。もちろん深くどっぷりと浸かる作品も好きだけど、結構大変な苦労した人生を面白おかしく語ってくれる人が好きなように、こういうやり口が嫌いじゃない。

    マーゴ美人さん!と思ってたらアイアンマンのペッパー・ポッツの人だって気が付かなかった…。次はグランド・ブダペスト・ホテルみてみよう。

  • 3.6

    餃子夫人さん2021/12/05 00:46

    過去鑑賞
    ジーン・パックマン演ずる父親は何かハチャメチャ。天才となり立派に育った3人の子供たちへ、自分が末期癌と偽り、家族を集め家族という形を求めるという訳では無く、家族同士愛をどう見つめ会えるのかを表した作品。
    3人の子供たちは皆んな変?
    いや、天才なりの曲がった考えや面白さを実に細やかに描かれている。
    キャストの演技も見物!台詞も正直。テンポも良し❗️
    家族とは…考えさせられる。

    #ジーン・パックマンゴールデングローブ賞男優賞受賞

  • 4.0

    pkさん2021/12/04 20:04

    ダメ親父が老いて家族とやり直したいと奮闘する話なんて古今東西いたるところに溢れているのに、それを、古今東西見たことがない撮り方で撮るのがウェスアンダーソン。

    シュールに走りすぎて、感動できそうな題材の感動部分を大分薄めているのもウェスみでよし。

    テネンバウム家の3人の子どもたちとイーライの、一目で変人だと分かるファッションが最高。
    なのにどこかオシャレ。

    ウェスアンダーソンって、本当にホテルが好きだよな…。
    あと犬の扱い雑すぎ。

  • 5.0

    山前暁さん2021/12/04 10:23

    『ザ・ロイヤル・テネンバウムズ』がディズニープラスで観れるようになっている🐀

    『ハミルトン』の字幕版がディズニープラスで観れるようになっている🐀

    『ザ・ビートルズ:ゲット・バック』もディズニープラスから配信されるようになっている🐀

    ジョー・バイデン米国大統領もなぜか超絶富国強民good vibration政策をやるようになっている🏰

    ウォルト•ディズニーのお城は昔から今まで側面としては新しい価値観の発信基地だった🏰

    ザ・ビートルズのベスト・ソングはDear Prudence🥁とI've Got a Feeling♪ とSomething🍏

    色々あって全て忘れた🍎

    熾烈に競い合ったあの頃を、あの夢の中の事を🍎

    そういった多くの感情をミックスした冒頭7分弱に昇天する😵‍💫

    さあはじめよう!!ジーン・ハックマンから🏰を奪い返そう‼️ってそんな解釈で宜しかったでしょうか⁉️⁉️

    キミが赤ん坊の頃、子どもの頃、キミは【家族】という「民主主義」のメンバーだった.

    The BeatlesのBest Songsがあれだけなワケねえ.

    https://spoti.fi/316c5wF .

    この映画もそういう失われた煌めきの彷徨いみたいなのだ.🐀🐀🐀

  • 3.7

    trswさん2021/12/02 23:20

    ウェス・アンダーソン、克服!!!
    作家性を全面にしながらも家族の再生、過去との決別というオーソドックスながらも普遍性あるテーマに真摯に取り組んでいるのが好印象 書き方もエモーショナルになりすぎず気取りすぎず好きでした

    「Tenenbaums」は明らかにサリンジャーの「Down at the Dinghy(小舟の辺りで)」の「Tannenbaums」から取られている
    グラス家を念頭に置いているキャラクターも、主題も、映画においてサリンジャー的なるものを引き出そうもいう野心が見える

    アンダーソンとサリンジャーは作家性に近いところがあって、それは一つにはストーリーテリングの軽妙さ、もう一つは美術の饒舌さがある
    「The Grand Budapest Hotel」にいまいち乗れなかったのは「策士策に溺れる」感のある映画の作りが原因で、比較して作家としての緊張もあったであろう今作はテーマ性を軽視しておらず、改めて良かったと感じる

  • 5.0

    hiroさん2021/12/02 01:19

    死について何回も出てるからよく考えたら重い話だったけど、ウェスアンダーソンの世界観で薄まってるように思える。

     

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    リンクがクリップボードにコピーされました