お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

運命人間

G

豊原功補主演の戦慄ホラー。ひとりの預言者の出現によって、運命を狂わされる探偵の悲劇を描く。

ペット探偵の田宮は、ある日、パチンコ屋で見知らぬ男に声をかけられる。後日、その男・毛利からペット探しの依頼を受けた田宮は、「あなたは私の妻と結ばれる運命にある」という妙な宣告をされる。そしてみずからを予知能力の持ち主と宣言する毛利は、その後も予言を繰り返し、否定する田宮のもとに1本のビデオ・テープを送りつける。そして田宮の運命は狂い始めていく。

詳細情報

音声言語
日本語
制作年
2004
制作国
日本
対応端末
公開開始日
2014-08-15 15:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330

ホラー邦画ランキング

運命人間の評価・レビュー

3.2
観た人
10
観たい人
22
  • 3.0

    カレナメコさん2020/08/29 20:34

    2005年鑑賞

    「ホラー番長」シリーズ

    いやさ…
    それで終わり?

    あれ?悦子が持ってたゴムは?

    ホラーは?

  • 4.2

    深緑さん2020/04/25 18:42

    過剰と欠落。恐怖とコント笑い。
    そして圧倒的歪さ。

    猫の生体研究を生業とする男に降りかかる悲劇。

    登場する人達全員狂ってる(狂っていく)事の自覚が有るのか無いのかが見えない感じ。

    とりあえず、滅茶苦茶面白かった。

  • 4.9

    ルサチマさん2019/07/04 15:11

    強烈にトチ狂ってる!!!マジで気色悪い。オフの電話の音をきっかけに画面が切り替わるかのような前半とは打って変わり、フィクションのカメラは運命を知っている未来から芝居を記録する。豊原功補の行動を予め予知したかのようなポジションで運動を捉え続ける。儀式化されている世界に放り込まれた人間が周辺と同じように儀式化されていく芝居そのものによるドラマの語りが凄まじい。西山洋市の試みが見事に劇映画のホラーとして応用されている。素晴らしい傑作!

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す