お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

情熱のピアニズム

G
  • 字幕

フランスを代表するジャズ・ピアニスト、ミシェル・ペトルチアーニの劇的な生を描くドキュメンタリー。

フランスを代表するジャズ・ピアニスト、ミシェル・ペトルチアーニの生誕50周年を記念して、彼の激動の人生と至福の音楽にスポットを当てた奇蹟のドキュメンタリー映画「情熱のピアニズム」が完成。先天性の骨形成不全症を抱えながらも生を謳歌することに貪欲だったミシェル・ペトルチアーニ。酒を愛し、旅を愛し、そして女たちから愛された彼が生み出す音は繊細で深く、人生が持つ歓びとユーモアに溢れていた。“ピアノの化身”と言われた彼に神が与えたものと与えなかったものとは何だったのか?
ミシェル・ペトルチアーニの数奇な人生は、全身の骨が折れた状態で生まれた時から始まる。ガラスのような骨を持つ病気のため幼少時は歩くことも出来ず、身長は成人してからも1メートルしかなかった。代わりに天は彼に2つの素晴らしい贈り物を与えた。桁外れの音楽的才能と、誰にでも愛されるカリスマ的人格である。ヨーロッパで初めて名門ブルーノート・レコードと契約、フランス最高のピアニストと讃えられた栄光の日々から、常に女性問題に悩まされたプライベート、名だたるミュージシャンと世界中を飛び回った演奏旅行など、36歳で夭折するまで時代の寵児が駆け抜けた劇的な生を描く奇跡のドキュメンタリー!

詳細情報

原題
Michel Petrucciani/Body&Soul
音声言語
フランス語
字幕言語
日本語
制作年
2011
制作国
フランス・ドイツ・イタリア
対応端末
公開開始日
2014-08-22 15:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

購入(期限なし)

標準画質(SD)
1,100
ご注文手続きへ
高画質(HD)
1,650
ご注文手続きへ

キャンセル

ドキュメンタリー洋画ランキング

情熱のピアニズムの評価・レビュー

3.9
観た人
195
観たい人
390
  • 4.2

    のんchanさん2021/04/16 22:12

    シニアのラブコメ『トレヴィの泉で二度目の恋を』が良かったので、観終わって監督を確認したら『イル・ポスティーノ』のマイケル・ラドフォードだったんだ😲💦
    納得しました、遅かりしだけど😅

    その流れで監督のドキュメンタリー作品を♬
    36年という短い生涯を駆け抜けたフランス🇫🇷のジャズピアニスト、ミシェル・ペトルチアーニ。
    素人でも明確に解るその音色には表情があり、パッションが素晴らしく、神がかりな才能というのか凄いセンス😮✨🎹💫🎶♬

    1962年、音楽一家の三男として骨形成不全症という先天性の障害を抱えて生まれたミシェル。全身の骨が折れた状態、ガラスのような骨を持つ病気のため、幼少期は歩くことも出来なかった。身長は成人してからも1m2cmしかなかった。

    環境もあるだろうが、桁外れの音楽的才能に恵まれ、3歳でTVから流れるJazzの歌を完コピで歌えてしまったという。

    身体的に"普通じゃない"事を悔やむのではなく、明るい性格で、1人でいる事が嫌い。いつも大勢の仲間たちや女性からもモテモテで、誰にでも愛されるカリスマ的人格の持ち主だった。

    8歳で初舞台を踏み、13歳でプロデビュー。渡米後は数々の伝説的ミュージシャンとセッションを重ね、フランス人として初めてブルーノート・レコードと契約を交わした。

    ジャズピアニストとしての姿はもちろん、
    4度の結婚?(女優のように美しい方ばかり、出演されています)他にも数人の愛人がいて、音楽と女性をこよなく愛した壮絶人生を知ることができる。
    ジャズ、ブルース、クラシック音楽好きな方はもちろん、ユーモア、モテたい男性にもヒントが?とにかくオススメです🎶

  • −−

    忘却白書さん2021/04/01 20:37

    鳴らそう、生きていることの、感電するほどの喜びを! 存在そのものが音楽。めちゃくちゃ素敵でめっっっちゃ良かった。

  • 4.0

    いち麦さん2021/02/27 19:06

    先天性の難病、骨形成不全症。36歳で夭折したジャズ・ピアニスト=ミシェル・ペトルチアーニの情熱的な生き様。骨太の打鍵サウンドと、微塵もネガティヴな気持ちを顕さぬ姿に圧倒された。
    何故こんなにもポジティブ思考ができ、積極的に行動できるのか見ていてずっと不思議だった。最初に本物のピアノを母親に買って貰うためのエピソードから、彼が時間の貴重さを幼少期から悟っていたことにハッとした。

    小川隆夫氏、島田奈央子氏の上映前トーク。とくに整形外科医でもある小川氏…ペトルチアーニのレントゲン写真まで撮ったことのある彼ならではの話で、折れやすい骨なのに何故ピアノはあんなに激しく弾けるのか納得。

  • 2.5

    2級蘊蓄士さん2020/12/07 08:24

    幼少期の説明が少なかった。
    彼が頭角を現すに至るまでにどのようなレッスンを受けてきたのかもあればなお良かった。

  • 3.7

    いなかもんさん2020/07/25 14:32

    1980〜1990年代を代表する身長1mジャズピアニストの話

    自分の気持ちに正直だから魅力的だった

  • 3.5

    モコデミー賞2021さん2020/06/08 22:40

    速弾きすんごい。文字通り骨折りながら。。!スタインウェイのピアノ弾いてみたい
    男としては結構最低なのに、過去の恋人たちがみんな笑顔で振り返ってたのが印象的でした。お墓がショパンの隣😳

  • 4.0

    Yukikoさん2020/05/28 13:46

    2020年5月28日
    『情熱のピアニズム』2011年フランス、ドイツ、イタリア制作
    監督、マイケル・ラドフォード。

    ピアニスト、ミシェル・ペトルチアーニのドキュメンタリー。
    (1962年~1999年)
    1962年、フランスのオランジュで生まれる。
    骨形成不全症の先天性の障害。
    身長1m強。
    4歳の頃から父にピアノを教わる。クラシック・ピアノ。
    13歳で最初のコンサート。
    18歳でトリオを組む。
    1982年、20歳でアメリカに渡る。
    1980~1990年代を代表するジャズ・ピアニストの一人。
    1994年、レジョン・ドヌール勲章を受章。
    1999年、ニューヨークで肺感染症に冒される。死亡。
        36歳。
    2002年、パリ18区の広場がミシェル・ペトルチアーニ広場
    と命名される。


    生まれた時から、長生きできないだろうと言われていた
    故か、人よりもより、なんでも経験、なんでも楽しんで
    生きていたような生き急いでる印象。

    ヘロインはやらない、ドラッグはやった…と本人の弁。
    怪しい人物達との交際を周囲の人々は話す。

    大きな手、だけど骨がもろい分、ドラムのスティックのように
    鍵盤を圧倒的な速さでたたく。
    ピアノ演奏中は、凄い迫力。

    しかし、公演の最中に骨折することもしばしば、それでも
    途中で止めない。

    女性にもてて、生涯3人の女性と関係を持ち、2度の結婚。
    2人の息子。内、1人はミシェルと同じ障害をもつ。

    父も凄い。
    通信教育で学校の勉強をと、送られてきた教材を棚に
    しまって勉強はいらないと、カセットテープのみを、ミシェル
    のピアノの録音に使ったとか。
    父が教えたピアノ。それで超一流になった!

    頭脳は良かったのね。半年で英語をマスターしたと。

    エピソードがいっぱい!
    それらをミシェルと関わった人々や父や女性たちの言葉
    で繋ぐドキュメンタリー。

    曲を聴いてみたけれど、素晴らしい!!
    障害があるなし関係なく、とても良い演奏してます💛
    なんだか、とっても良いです!!!
    流れるような演奏。

  • −−

    悪魔の棲むYeahさん2020/05/26 00:22

    障害を持って生まれたジャズピアニストの話なんだけれども、涙ぐましさも敷居の高さもない。妙な爽快感がある。演奏場面はその手さばきに見入ってしまう。

    自由でありたいがために、ときには人を傷つける。そのことに悪びれるわけでも言い訳するでもない。もしかしたら、傷つけたという自覚が薄いんだろうかとも思う。
    太宰治がサイコパスという説を読んだ覚えがあって、なんだかそれに近い感覚。
    肉体の障害にばかり目が行きがちだけれども、なかなか精神面も特殊な人と思った。だからこそ非凡な音楽を生み出せたのかなとか。

    善とか悪とかそういうことでなく、ただ、そのときを生きる。
    こういう生き方もある、というドキュメンタリー。

  • 4.0

    ufofofo8さん2020/05/20 10:09

    彼と出会い別れた女性たちが、皆
    美しい笑顔で楽しそうに彼との思い出を話す姿から、彼女達は心からミシェルの魅力の虜だったんだなーと感じた。
    それは、すごい事と思う。

    不自由な身体だけど、ピアノでは自由自在に自己表現が出来る。演奏してる時はミッシェル自身不自由さから開放されて自由に飛ぶ事すらできるよう。演奏そのものがミシェル自身なんだと思うし
    小さな身体からは想像できないミシェルの本質に触れて、私達は圧倒されるのだと思う。

    ただ、息子さんは気の毒。
    同じハンデの父が偉大すぎたから。



  • 3.6

    てぃださん2020/05/17 15:31

    この身体で女にモテモテって羨ましい笑



    指の骨
    ボッキボキに折っても
    止まらない神のような指運び


    個人的には
    父と同じ身体的な
    運命を辿らされながら
    父以上の薔薇を歩まされている
    としか思えない
    息子との
    関係をもっと掘り下げて欲しかった
    気がする


    愚痴ばっかりになりそうだけどさー


    ショパンの隣に墓あるって名誉すぎる

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す