お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

グランド・ブダペスト・ホテル

G
  • 字幕

ウェス・アンダーソン監督の最高傑作、豪華スター競演で贈るミステリー・コメディ!

かつてヨーロッパ最高峰と謳われたグランド・ブダペスト・ホテル。その宿泊客のお目当ては“伝説のコンシェルジュ“グスタヴ・Hだ。彼の究極のおもてなしは高齢マダムの夜のお相手までこなす徹底したプロの仕事ぶり。ある日、彼の長年のお得意様、マダムDが殺される事件が発生し、遺言で高価な絵画がグスタブに贈られたことから容疑者として追われることに。愛弟子のベルボーイ・ゼロの協力のもとコンシェルジュの秘密結社のネットワークを駆使してヨーロッパ大陸を逃避行しながら真犯人を探すグスタヴ。殺人事件の真相は解明できるのか!?

詳細情報

シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(7日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
330
ご注文手続きへ

購入

標準画質(SD)
1,100
ご注文手続きへ
高画質(HD)
1,650
ご注文手続きへ

キャンセル

コメディ洋画ランキング

グランド・ブダペスト・ホテルの評価・レビュー

3.8
観た人
102798
観たい人
75610
  • 3.5

    snmrさん2021/11/29 15:02

    内容は
    1930年代に建てられた作りも豪華で華やかな高貴なホテルに隠されたミステリーな事件といった感じ。

    意外と豪華キャスト!!
    でもって個人的に
    シアーシャ・ローナン
    どの作品の彼女も可愛くて魅力的だけど
    この時は最も可愛いと思ってる

  • −−

    goさん2021/11/29 14:15

    かわいいいい
    いちいち可愛くて絵本みたい
    NCT好きになってこの映画に興味湧いて見てよかったわ
    前にどっかで見たことあるんだけでいつなのかまじで思い出せん

  • 4.1

    せりざわさん2021/11/29 00:08

    コミカルでちょっと苦味があるキャラクター、カラフルな色彩、チェコアニメみたいな動き、几帳面すぎるシンメトリーな画角。
    ウェスアンダーソン節が効いてます。
    ポップな中に異質⁈を感じる。昔作ったのぞき箱を見てるような感覚。
    素晴らしかったです

  • 4.2

    neroliさん2021/11/29 00:03

    まるで、絵画のような映画🎬
     
    東ヨーロッパをイメージさせる、架空の国、ズブロフカ共和国のお話。
    サスペンス・コメディ映画。
     
     
    ✔︎まず、とにかく映像がおしゃれ!!!
     色彩鮮やかで、衣装やメイクがステキ❣️
     
     出てくる絵画作品もステキです!
     
     
    ✔︎カメラワーク、シンメトリーの画面構成にこだわっている!
     
     時間軸が1932年、1968年、1985年と現在の4つ。
     それに対して「1.37:1」「1.85:1」「2.35:1」の3つのアスペクト比を使い分け、入れ子構造を表現!
     
     
    ✔︎笑える場面多々あり!
     伝説のコンシェルジュと呼ばれる「グスタブ」氏は、
     宿泊客の富裕層マダムの夜のお相手もこなします(笑)
     
     この「グスタブ」氏がとある富裕層マダムの遺産を巡る騒動に巻き込まれ、サスペンスとして展開します。
     
     
    絵画のような映画です🎬
     
     

  • 3.8

    tomoonさん2021/11/28 23:38

    雰囲気系のオシャレ映画かと思ったら、まさかのサスペンス!
    でもシリアスになり過ぎず、そこまでグロくもなく、むしろ色彩美を感じる。斬新なサスペンスだ!
    全て本の中の物語前提の世界観というのにも納得がいく。

    トリック自体には重きを置いていないけど、見所は2つ。
    1つはホテル同士の文字通りのネットワークで脱獄のための道具を集めるところ。10ヶ所くらいのホテルを次々と繋げる流れのスピード感とバリエーションは見ていて楽しい。
    もう1つは脱獄。よくそんなルート、方法考えたなと。あれはもはやプチプリズンブレイク。マッチョな囚人良いやつ。

    根強いファンが多いイメージだが、それにもうなづける唯一無二、独創的なファンシーサスペンス。映像の色彩を見ているだけでインスピレーションを刺激する映画。

  • 3.7

    肉ちゃんさん2021/11/28 15:44

    結構好きな映画だったな。
    グスタフさんすこ。
    最初の語りのシーンで結構笑った。
    伝記もの?的なやつだけどそこまで長くなくて観やすいな。

  • 3.5

    タクさん2021/11/27 22:18

    個性豊かなキャスト、色彩味やかな画、
    難解なストーリー構成で描く傑作。
    [ストーリー]
    1968年。作家は休暇をとってかつて偉大だったホテル、グランド・ブダペスト・ホテルに宿泊していました。

    そこで彼はある老人に出会います。
    彼はこのホテルの先代のオーナーでした。彼はこのホテルの歴史について、作家に話し始めます。
    そこから、時は遡って1932年。
    この時代のオーナーのグズタヴと、若い頃の老人との話が始まります。

    [キャスト]
    クズダグ:レイフ・ファインズ
    ムスタファ:トニー・レヴォロリ
    マーリー・エイブラハム
    マダムD:ティルダ・スウィントン
    等など
    [評価]
    芸術性 ★★★★★
    キャスト ★★★★☆
    ストーリー ★★☆☆☆
    [感想]
    ・独特な世界観とカメラワーク
    まず、ムスタファの過去を演じたトニーの演技がすごく好みでした。
    シュールかつ、繊細な演技、細かい表現がとても上手でした。

    特にレイフ・ファインズとの掛け合いがとても良く、徐々に良きバディになっていくのが非常に良かったです。

    カメラワークが他の作品にはない物で、
    常に並行でしか写してません。
    縦、横、で作品を進めていきます。
    そして、色彩も鮮やかです。
    ちょっとシュールに見える時もあるのですがそれもこの作品の醍醐味です。

    ・作品の種類
    最初はホテルの中で活躍する、彼らの動き中心に描いていたのですが物語中盤で、ある殺人事件が起きてから風向きが変わり始めます。

    クズダグが犯人扱いされてから、この事件に関わっているあらゆる人物の思惑が出てきます。

    そこはサスペンス要素強めなのですが、そこでもまたクズダグとムスタファの掛け合いや、演出がとてもコミカルで非常に良いバランスの作品になっていました。

    [最後に]
    キャストは、豪華過ぎて驚きました(笑)
    ビル・マーレイの出演は驚きかつ、いい立ち回りの役だったので、これほど豪華なキャストを起用しつつ全員強い印象を与えている脚本にアッパレです!

    これはもう1回見たい名作です。

  • 4.3

    ぎんねこさん2021/11/27 14:19

    さらりと見れる。
    ワイン片手に観るとオススメ。
    遺産相続問題に巻き込まれた
    新人ロビーボーイとレジェンドコンシェルジュの二人組。

    敵役が分かりやすく悪役で、見た目の不快感も少なく、登場人物も少なく、遺産相続ものの不快感や複雑な推理要素が抜かれているのでアンパンマン並みに見れる。

    意外にも新人ロビーボーイが気合の入った人物で、この作品の主役となっている。口数が少なく、度胸があり、レジェンドコンシェルジュの方が精神的にかなり助けられているところが見えて、何だか好き。
    レジェンドコンシェルジュはコンシェルジュとしては凄いけど遺産相続問題ではコンシェルジュ要素はほとんど必要にならないため、レジェンドコンシェルジュが解決!みたいな作品ではないのが新鮮だった。

  • 3.5

    Yota0729さん2021/11/27 13:51

    ハマる人には病的にハマる不思議な魅力に溢れた映画です。やたらと有名な俳優がそこかしこに出ていて目が離せません。ストーリーよりも色彩豊かで凝った映像を楽しむ映画。それにしてもウィリアム・デフォーが怖すぎる。

  • 3.7

    Matthewさん2021/11/27 00:16

    優雅なコンシェルジュの一生

    ディズニープラス始めたけどディズニーマーベル作品あんま興味ないので、普通の独占配信コンテンツばっか観てる… そろそろディズニー作品観ようかと思ったんですが気になってたものはほぼ消化してしまったのでどうしたものか…

    ブダペストホテルなんでてっきりハンガリーが舞台かと思ったら架空の国なんですね。2015年にブダペスト訪れましたが、ちょうどフランスでテロがあった年で移民問題も過熱してて、ちょっと治安悪かった印象でした。しかもタチの悪いキャッチandアルコールトリックに引っかかって3万くらいボッタくられた思い出があります。海外で話しかけてくるやつに碌なやつはいないんで皆さんもご注意を。あんま国としての印象はないんですが、世界一美しいと言われるマクドナルドはブダペストにあります。確かにエレガントでそれこそ本作のホテルの最盛期を彷彿とさせる美しいマックでした。

    映像とサウンドがお洒落の極み乙女でした。映像は色彩感が豊かで、特にあのスイーツは現代でも覇権取れそうですね。サウンドは全編にわたってのトレモロギターが気持ち良いです。トレモロってあの音だけで郷愁と甘美な雰囲気が伝わってくる極上の奏法ですよね。ストーリーは全体的に面白かったんですが、罪の無い人々が死ぬ系の話はあんま好きじゃないんで、ダウナーになりがちでした。死んだか死んでないかわからないくらい演出があっさりしてたので、余計に死が伝わってこないですよね。ただ猫だけは絶許、ナスティです。まぁ雰囲気と音楽楽しめたんでokですね。東欧のシックな感じとWWII前のあの独特な緊張感が際立ってましたね。あとは鍵の秘密結社、最近見た101匹わんちゃんの犬のネットワークを思い出しましたが、ああいう同業者だけのオンプレネットワークって浪漫ありますよね。

    Don't flirt with her.

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    リンクがクリップボードにコピーされました