お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
  • 再生する

呪怨

G

“伽椰子”の家に引っ越してきた一家を襲う呪いの恐怖とは!? 栗山千明が主演する劇場未公開版『呪怨』。

夫に暴力を振るわれ、この世に強い怨念を残して死んだ佐伯伽椰子。凄惨な殺人事件と変死事件が起こった佐伯一家の家に、何も知らずに引っ越してきた一家と不動産屋が味わった恐怖体験とは…!? 巧妙に仕掛けられた呪縛と怨念。理不尽な呪いが次々に連鎖する恐怖を、ホラー界の巨匠・清水崇監督が丹念に描き出す!

詳細情報

関連情報
監修:高橋洋
音声言語
日本語
制作年
2000
制作国
日本
対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
公開開始日
2014-10-07 15:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(7日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ

購入(期限なし)

アプリでDL可
標準画質(SD)
2,200
ご注文手続きへ

キャンセル

ホラー邦画ランキング

呪怨の評価・レビュー

3.3
観た人
3761
観たい人
450
  • 3.2

    ジャイロさん2020/08/07 01:13

    ゆえあって再鑑賞

    このVシネマ・オリジナルビデオ版を観たのはもう20年も前のことなんだなあ。20年かあ。色々あったなあ。しみじみ。

    伽椰子さん、相変わらずですね。ただそこにいるだけで超絶に怖い雰囲気を醸し出すところなんかは、あの頃とまったく変わってないですね。

    そして俊雄くん、大きくなったなぁ(なってない)
    俊雄くんと言えば、尾関優哉くんのイメージが強いけど、最初のインパクトは忘れられないから小山僚太くんなんですよね。私的に。

    この頃はまだ駆け出しのキャラクターだったから、こんなに有名になるなんて思ってもいなかったんだろうね。全力で白い。もう真っ白。

    真っ白に生まれ変わって♪

    人生一から始めようが♪

    へばりついて離れない♪

    地続きの今を歩いてるんだ♪

    歩きまわりすぎ。へばりつきすぎ。今観ても怖すぎるって。
    ンナァーーーーオ!!!!

    ((( ;゚Д゚)))ヒイイイイイイ

    ちなみに観てる最中に地震で揺れました。

    ((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

    とまあこんな感じです。

  • 4.0

    ペインさん2020/08/05 13:30

    『パラサイト 半地下の家族』『透明人間』等、昨今の作品でも随所に見られるJホラー表現。

    苦手な人が多いジャンルでもあるとは思うが、世界的な影響力の凄さを改めて感じる次第。

    そんなJホラーを代表するシリーズ『呪怨』の原点にして頂点がこの“ビデオオリジナル版『呪怨』”。劇場版の元になったビデオ専用作品で、“怖すぎる”と一部映画ファンの間で話題になった。実質、劇場版より本作が一番怖い。

    逆エクソシスト的な伽倻子の階段降りや、アゴなし高校生のインパクトも強烈だ。

    本作は全体的にチープな作りで、CGや特殊効果等にあまり力を入れていないところが逆にリアルで、“日常の延長線上の恐怖”を引き出すことに成功している。

  • 3.7

    天然パーマさん2020/08/05 09:32

    Netflix作品「呪怨 呪いの家」を観てからの鑑賞。
    久しぶりに観ましたが20年前にTVでこの作品のハイライトシーンを観た時はビックリし、すぐにレンタルしました😅
    当時気持ち悪さでは群を抜いた演出でした。
    呪怨シリーズは海外版、ビデオ版含めほとんどは観てるはず💦

  • 3.0

    浅野公喜さん2020/08/01 15:51

    Vシネ版呪怨1作目。なぜかバケモノが余り印象に残ってない作品。
    それよりも、袋に入れた  を振り回すシーンが印象的でした。
    鮮明じゃない画質も相俟って、一応Jホラー特有の湿気や雰囲気は伝わってきた記憶は有るんですが、なぜメインのバケモノをちゃんと思い出せないのが不思議です。

  • 3.4

    しょたーんさん2020/08/01 09:21

    ドラマ 呪怨呪いの家を先に見たせいで、「おっ、めっちゃドラマのオマージュやん!!」ってなったんですけど、本来はドラマが映画のオマージュなんだよなぁ。

    あのあおっちょろい子供ばかりイメージにあったけど、本当に怖いのは伽耶子。伽耶子は激ヤバであの時代に見ていたら、失禁していたと思います。

    家に行ってない人まで呪われて死んだりするので結構理不尽だし、エンカウント=死なのも、回避不可なイベントでプレステ2番のDQ8の最初の町の周辺で追っかけてくるドランゴを思い出させます。何度捕まって殺されたことか。

    全米だけでなく、日本物件市場までも震撼させたザ ジャパニーズホラー 呪怨 をぜひご覧ください。

  • −−

    かわそらさん2020/07/29 22:27

    見直し。
    ビデオオリジナル版。
    劇場版と比較して人間味のある怨念が強い。
    伽倻子のノートと旦那さんがイカれてて怖い。
    あと、「444」「片隅」と繋がってる。

  • −−

    ヴェスパーさん2020/07/25 21:18

    当時見たと思うんですが、内容忘れました。呪怨2くらいまで見てるはずですが…。
    ネトフリオリジナルの新作(ドラマ)見たんですがめちゃくちゃおもろかったです

  • 3.0

    HiguchiMaiさん2020/07/22 23:37

    [呪怨 呪いの家]を見たので呪怨のお勉強で見た。これが呪怨か。と、少しホラーについて知識をつけてから見たので確かにめっちゃ見えるホラーだなと思った。でも怖さは思っていたよりも無かった。この呪怨からどんどん話が派生していくことで擦られても擦られても消えない呪いが表現出来ていってるのは呪怨の強さなのかなと思った。

  • 3.2

    ゆんぶりっくさん2020/07/17 20:00

    ここ最近は「心霊マスターテープ」シリーズ(ちなみに超オススメ!)やネトフリ版ドラマ呪怨(こっちは正直うーん…)を見たり、マインクラフトダンジョンズやったりと中々映画が観れてない中で、そもそも呪怨シリーズビビって全然見れてなかったなと思い立って初めから試聴。

    伽倻子って理不尽に殺していくイメージがありましたが家に住んでる人を中心に殺したり、過去好きだった人物に執着していたりとこの頃はまだ人並みの怨霊感がありますね。
    登場人物も伽倻子にテンポよく殺されていくのでストレスが無いのは良いところ。

    ただ呪いが生まれるまでの原因や背景もイマイチで、二大ジャパニーズホラーのリングと比べると…
    とどうしても思ってしまう…

  • 3.3

    しげのかいりさん2020/07/17 00:12

    ドラマ版から。なるほど確かにドラマ版は語り直しである。その点なら面白いかもしれないが、私としては今作もそこまで怖くなかった。怖くなかったというか、呪怨といえば俊雄であって、ネタバレくらっている状況だとちょっとキツイ作品かもしれない。ケータイ「44444444444」は笑った。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す